« May 2004 | Main | July 2004 »

June 30, 2004

サイトを見る、Blogを記す

mobile系雑誌で良く読むコメントの中に
『PDAはBlog更新にとっても便利!』とある
実際その通りで、このBlogも SONY CLIE NX70Vで更新している

PDAという名前からくる目的とはチョットずれた使い方だとは思うんだけど
情報の中から自分に適した情報を拾いだし、
また、自分の簡単なコメントを記していくのにBlog&PDAの相性はバッチリだ

今でこそ、このBlogははっきし『趣味』だけど
非公開サイトにして、携帯からも更新・閲覧できるようにしておけば、
得意先メモにも便利だよなー
今度チョット試してみようっと
これでこそ、Network時代のメモ術かもしれないな

ちなみに僕のBlogをCLIE付属のNetfrontで閲覧するとこんな感じ
情報を見るには十分でやんしょ?
mobile pressの中古PDA特集に触発されて、皆買うべしhrcapt20040629094459.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (0)

トランシーバーという選択肢

携帯やPDA、PCをトランシーバーに 富士通が同時通話技術を開発

宣伝部門にいる時、時折活躍してました>トランシーバー
イベント会場内で連絡を取り合う際、結構重宝するんですよ
これをケータイやPDAに取り込んで頂けるなら嬉しいですねぇ

ショッピングセンター内でカミさんとはぐれた際や
上記のようなイベント会場での相互連絡に
きっとかなり『ついてて良かった』的な機能になってくれるでしょうね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 29, 2004

出たんですね>PalmMagazine

vol23_small.jpg
昨日、『Mobile PRESS』のご案内をしたばかりですが
出たんですね?>『PalmMagazine
残念ながら北海道では中二日かかってしまうので、まだ店頭で確認できていないのですが
いち早く読まれた方に感想を聞いてみたいものです
どうせ買ってしまうんでしょうけど>自分

| | Comments (0) | TrackBack (0)

電子手帳の良いトコロ

敢えてここでPDAと書かないのは、最近のコラムに準じているから(^^;)

まぁ、それはさておき紙から電子に手帳を変えたメリットとして
『文字のメモ』だけでなく、『映像のメモ』『音声のメモ』もとれる、
という事が挙げられる。

とっさのアイデアメモや、会議、訓示、商談の記録に
ボイスメモを使う事はもはや日常化してきた。
ファイルは溜まってきたら、古いものから順にPCで管理しておけばいいので
気楽な気持ちで記録していけるのだ。

映像メモは、店頭調査や初めて会う人との挨拶時、
もしくは展示会等の雰囲気を伝えたい時等に活躍する。

両方とも128MBのメモリースティックではすぐに一杯になってしまう事が難点だが
先に述べたように、要点だけは抜粋してテキストメモ化し、
ファイルは項目別にPCで管理する事により回避しているのが現状だ。

本音を言えば、もっと残量を気にせず記録を行いたいし、
かつ記録した動画や静止画、
音声をPDA自身が、活用・保存してくれないかなぁと願いつつ
それでも便利になったものだ、と使いこなしている今日この頃である

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 28, 2004

久々のmobile雑誌

MOBILEPRESS.jpg

MobilePRESSが出版されていたので,内容も確認せずに買っちゃいました

で、買ってから内容を見ると…パッとした新製品が無いせいか
やはり『旧いマシンをどう使いこなすか』というテーマが散見されました
まぁ今回に限らず、元々この雑誌では、時折LXが顔を出したり、Tipoが出てきたり
と、『最新機種レビュー』を交えつつも、『使いこなし』の誌面が多いんですけどね

毎月に近い程、新機種の話で盛り上がるケータイ業界と違い、
PDAは益々ディープな話題が必要になってくるでしょう
元々数ヶ月で買い換えるものでもないし、発刊スケジュールとしては
月刊誌よりも季刊誌で丁度いいんではないかと思っています

さて、帰ってからゆっくり読みます♪
とはいえ、今日中に帰れるのか?>ワシ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

覗き欲を満たすこの本

人の手帳って気になりませんか?
気になるあなたは、手帳道の入り口には間違いなく立っています
この『あの人の手帳が見たい』『達人の手帳が見たい』
は、そんなあなたの覗き欲をチョット満たしてくれる筈
出版は古く、先日秘書給与疑惑で執行猶予になっている方なども出ておりますが(汗)
その内容は、今でもいくつか使いこなしのヒントになってくれるでしょう
僕は笠井アナが手帳に家族の写真を挟んでいる、
という事に関しコメントしている内容に非常に共感してしまいました

※残念ながらPDAオンリーのユーザーにはオススメするポイントが少ないですanohitonotetyou.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

秘書がボスの為にできること

AmoebaEさんのおっしゃる通り

現在のPDA=電子の秘書は、
ただボスの書いたメモやボスの言った事、を忠実に
『ファイリングしてるだけ』なんです

OSの違いは、単にファイリングできる量の違いや、ファイリングの仕方の違い、
秘書の勤務時間の長さ、行動管理に重きを置くか事務管理に重きを置くかの違い、
もしくはボス=あなたにとってのメモの使い勝手の違い、でしかないんです

AmoebaEさんの表現、言葉と若干違うのは、僕はPDAは『手帳』であってはいけないと思うんです
電子の『秘書』であって欲しいんです
今までの秘書はファイリングするだけで良かったし、ボスはそれを
「おい、○月○日にとったメモを出してくれ」
と、秘書に頼み、秘書はそれに答えるだけで良かったのかもしれません
まさに『手帳の代理』です

しかし今後の秘書には『提案』が必要です
また、不要な情報を排除した『洗練さ』も必要です

ただし、MUSIC機能や、動画再生機能なんかは、
上記の意見からいくと不要なんですが
僕はこれはこれで『余興』として良いかと思います

問題は、『記録する機能』に余興や無駄があってはいけないんです
動画を録画したり、撮影したり、メモしたり、スケジュールを入れたら
その記録は余す事無く、『秘書がボスの為に活用』しなければなりません

・メモは、様々な軸(項目軸、時間軸等)から拾い出せるようにし、
関連する事項をさらにNETから夜間処理で抜き出しておく
・スケジュールは、たとえば入力した取引先に関連するスケジュール
(株主総会や店OPEN情報)も薄字で表示し、
さらにボスの好み(コンサート情報)の予定等もそっと忍ばす
・電話番号・個人情報を入れれば、当然NETから人物情報を拾い、
メモ欄に入力されており、かつ、FAX送信やメール送信もすばやくこなす

もしくは、
『○月○日○時です。お見積提出の時間が迫っています。
見積を過去DataからFax送信しますか?』
くらいボスに問い合わせてくる

上記程度の事は『秘書』として当たり前にこなして欲しいんです
当然、難しい事は承知のうえですが、
僕がPDAに求めるレベルがここまで上がっているという事は
恐らく多くのユーザーもそうではないかと思います
今は仕方なく新製品が出るたび、
いわゆる『若いヤツ』で茶を濁している感じでしょうか
(不快に思われる表現でしょうが、これしか表現が思いつかなくってスンマセン)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

June 26, 2004

やっぱし『手帳DE日記』が一番!

自分史を振り返るのに便利な『日記』ですけど
別途に日記帳を持ち運ぶより、
携帯に便利な手帳に書き記したいものですよね

日記帳だと『日記を書くぞ』という心構えが必要ですが
いつも持ち運んでいる手帳だったら、
それこそミスドのメニュー待ちの間にチョコチョコっと書き込めます

手書きの手帳に日々書き連ねていくのも味があっていいんですが
PDAだとより便利です

なにが便利って…『シークレット機能がある』ってのが大きいでしょう!?

いつ読まれるかわからない手書きの手帳だと、ついつい『読み手』を意識して記載し
がちです
文章も『なにをやった』『こうだった』と事実を書き留めるだけってのが多くないで
すか?
その点、自分だけしか読み返さないPDAだったら
その時の正直な感想が書き込めるんです

今は『のえる』という日記帳
SOFTを使わせて頂いていますが
軽快な使用感も手伝って、1月から順調に半年続いています
アイコンがつけられるのもポイント高いですね♪hrcapt20040623143350.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 25, 2004

PostITは色で使い分け

手帳に挟み込むこのPostITは、色で使い分けできてチョー便利

黄色の大きなPostITには商談の際、つらつらとメモを書き留め、
後で清書したらポイポイ捨てていきます

赤いPostITには、忘れてはいけない事項をメモし、手帳に貼り付けておきます
例えば会議で上長の口から出てきた数字
『今月の販売目標は○○%!』とか『当期売上目標○○億!』とかですね

青いPostITにはTodoを書き留めます
これは終わったら手帳から剥がし、『処理済みNote』に貯めていきます

手帳に黄色がたくさんあれば、『整理が必要』な状態
青が多ければ、『Todoが貯まっている』状態
赤が多ければ…『上長がピリピリしてる』状態、ってトコかな?(^^;)

手帳を一目見たら今の状態がわかる、ってのはメリットでさぁねdsc05727.JPG

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 24, 2004

文具メーカーのスタイラス

いやぁ、特に好みの筆記具ブランドなんですよ>CROSS
で、以前PalmVを使っていた時に愛用していたCROSSのスタイラスが
満を侍してCLIE用としてついに登場です!

という事で、即申し込みする次第であります
もっとモンブランとかにも参入してほしいですね

CLIE用に今後欲しいスタイラスを考えて、ふと思い出したんですが
以前、スタイラススロットに柄だけを差し込み、
本体は外側に露出する、とても見栄えと書き心地の良いスタイラスがあったんですよ
それを、CLIEのデザインに合わせて作って欲しいなぁ
思えば、これもPalmV用だったんですよね

PalmVは、その流麗なデザインもさる事ながら、
一流のメーカーによって着飾る事ができる、
『手帳好き』にはたまらない側面を持っていました
CROSSのスタイラス、ゼロハリのケース&スタイラス
ヴィトンやコーチによるケース…

もっとPDAにはお洒落になって欲しい
常に持ち運ぶモノだからこそ、
パーソナルツールには光る個性が大事なんです
デザインケータイなんかを見習ってくださいな!dsc05735.JPG

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 23, 2004

スマートフォンの始まり?

PalmOSLove庵さんで、F900iTの人柱(@o@;)☆\Clush!!報告があがっています
ケータイとしては重たい、という印象らしいです。
表面積の割に奥行きがあるので余計ボッテリと感じるんでしょう。

しかしこれを低機能なPDAとして考えてみてはいかがでしょうか?
昔のZAURUS PIシリーズ程度の重量ですよね?(多分)。
電話帳管理、スケジュール、手書きメモ、メモ帳、WEBブラウザ、ゲーム、電卓…
と、ここまでアプリがあれば、ホント気分は当時のZAURUSです。
さらにボイスメモや高画質なデジカメまでついてくるんですもんね

先日書いたPCコンパニオンとしてのPDAへのアプローチではなく、
パーソナルなケータイからPDAへのアプローチがいよいよ始まった感じがします
ただ、実際店頭で触ってみると、タッチパネル対応アプリとそうでないものがあって、
全てをタッチで、って訳にはいかないようで非常に残念!
電卓すらタッチパネルじゃないんですね…まだまだ改善の余地あり、です

富士通さんもいわゆるフツーの900iを出しつつ、900iTの発売ですから
『ニーズを探っている』という状態だと思われます
反応次第では、遅かれ早かれ、アプリケーションボタンがつくかもしれませんね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

手帳に地図を挟む、という楽しみ

ルプランを満足に使える環境にない僕は
いまだにNavin' you pocketを愛用中
中には先日も書いた通り、喫茶店のPointDataがつまってます♪
手帳に地図、ってもはや入ってて当たり前ですよね
自分好みの地図に仕上げていく楽しみはまた格別ですdsc05733.JPG

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ビジネスツール、に望むモノ

最近ZAURUSにしろ、PocketPCにしろ、Palmにしろ
不満に思うのは…

電話番号帳にわざわざ入力項目があるんだから
『標準で』FAX送受信に対応すれよ!(←道弁)

って事
たったその一つの機能の為に、まだまだLXを手放せないんだから!

そりゃ今はe-mail全盛の時代ですよ
ペーパーレス社会大賛成ですよ

でもNetwork ID持ってない人とコミュニケートしちゃダメなの?
手書きメモを田舎のお爺さんにFAXで送信、なんてパーソナルな事希望しちゃダメな
の?
メアドを持っていない得意先は無視しろって事なの?

得意先がPCを出勤して開く、その前にもっと早く見てもらいたい、
そんな用件だって営業していると多々あるわけです
メールで【緊急】と打つよりも、
FAXで手書きで「大至急!」と太文字で書いた方が緊急感が伝わるでしょう?

今はvodafoneのSky FAXサービスやD-FAXサービ

を利用したりしてしのいでいますが
ホントデジタルな秘書だったらFAXくらいしてくれよな…って感じです

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 22, 2004

ダイエット手帳、としてのPDA

まだ試用し始めて、一ヶ月にも満たないが
この『EiWeight』というPalmWareが気に入っている
内容は実にシンプルで、その日の体重、体脂肪さえ入力すれば
グラフ化してくれる、というシロモノ

入力が難しくないから無理無く続けられるし
グラフがモロに視覚に訴えてくるので、自分自身に脅迫できるし
こりゃなかなか『Simple is Best』な、ダイエットの為のダイエットされたソフトなのだ

数値に縛りはないみたいなので、
女性なら『体重と基礎体温』でも『体重とその日喰ったケーキの数』でもいいと思うし
ヘヴィースモーカーな男性なら『体重と吸った本数』でもいいと思う

とにかく僕のテーマは、この腹の割れた状態をいつまで維持できるか!です
飲み屋で脱いだ時『ゲッ』とか言われたくないじゃないっすか(じゃぁ脱ぐな)

効果は…まぁ、グラフをご覧あそばせ、って事で
ちなみに身長は33歳にもなって、また1cm伸びて178cmです

View image

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ケータイ時代の手帳術

ケータイが鳴った

会社用と個人用、二つのケータイを持ち歩く僕は
電話が鳴った時、即座にもう片方の電話を反対側の手で持つ
「もしもし」
着信ウィンドウでわかっていたとはいえ、バイヤーの声を聞くとチョット身構える
「今度の商談日の件なんだけど…」
今度?
個人ケータイのスケジュールを呼び出し、予定を探す
…あった
「ああ、26日のですか?」
と返すと
「そう、それなんだけど次の日に変えてくんないかなぁ?会議が入っちゃって」
ケータイで次の日の予定を見る
同じ時間なら内勤予定にしていたので大丈夫だ

「大丈夫っすよ、同じ時間でいいですよね?」
「うん、そんでそん時にさぁ…」
バイヤーから指示された事項を全てケータイのスケジュールメモ欄に入力していく
「じゃ、悪いね。よろしく」
電話は切れた
個人ケータイに商談の変更スケジュールとそのTodoをメモして登録

次に…僕はCLIEを取り出した。
ケータイの赤外線ポートとCLIEを向かい合わせて、今の予定を転送するのだ
もちろん変更前の予定は削除する

外出時での両手ケータイメモ術は、当然楽なのはもちろん、
後でデータを利用しやすい、というメリットもある
従来はPOSTITを取り出してメモしていたが、台が無いと書きづらいし、
後から情報を紛失してしまう事も珍しくなかった
この方法にしてから、メモの効率はぐぐっとあがった

今は赤外線でData送受信しているので
いちいち向かい合わせにしなければならないが
今後Bluetoothが普及してくれば、PDAを鞄に入れていても情報が送信できる
…というか、今もできるんだけど
わが家の買い換え予算が無いだけで(^^;)dsc05732.JPG

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 21, 2004

手帳をいかに楽しむか

今回ご紹介する書籍は
『差をつけるメモ術・手帳術』大勝文仁氏著

99年発行の書籍ですが、内容的には今読んでも違和感無いです
●こんな用途にこんなメモのとりかたは?
・報告書を作るメモ術
・企画を生み出すメモ術
●こんな事を手帳に書き込んでいくと役に立つよ
・私家版ミシュランを作っちゃおう
・失敗メモを蓄積しよう
・息抜きの隠れ家を押さえよう
●こんなツールはいかがでしょう?
・スティックマン、ミニミニ5穴…
・ケータイ、デジカメ…
と、いう感じの項目ですので、軽い気持ちで
(チョット手帳道に興味が出てきた)という方にオススメできます

従って、道を半ばまで来られている方にとっては
物足りない、と感じられるかもしれませんね

PDAに関しては99年の書籍ですので、ZAURUS一人勝ち時代のせいか、
コラムで少々触れられている程度です
また、デジカメをツールとして紹介していますが
ビジネスツールとしてのデジカメであれば、現在ならケータイで十分ですねdsc05733.JPG

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ケータイ、と呼ばれた事で

ケータイ電話は、ケー電と呼ばれずケータイと呼ばれた事で
『縛り』がなくなり、様々な物のケータイ化を図っている
ケータイWEBブラウザ、ケータイメーラー、ケータイ電卓をはじめ
ケータイカメラ、ケータイTVやケータイゲーム、ケータイリモコン…
そしてケータイ手帳機能もその一つだ

実際、僕の周りでもスケジュールは全部ケータイに入れている、
という人が少なくない
知り合いの女性の営業さんも
「プライベートの予定は全部これに入れてるの」
と、SONY の赤い505をかざして笑った
なんでも「手帳は忘れてもケータイは忘れないから」なんだそうだ

しかしまだ、『電話をかけながらメモをとる』という行為に対し
ケータイは不向きだろう、と思っていたら…
出てきてしまいますね>F900iT
これは、タッチパネルとBluetooth経由でつながるヘッドセットを
備えている(別売)ので、『ケータイ手書きメモ』ができてしまうわけです

実際スペックを詳細に見たわけではないので、
『通話しながらメモする』という事が可能かどうかは不明ですが
これで『手書きメモをデジタル化してNetworkにアップできる』
というPDAならではの面白メリットも失われますね
今後ケータイも、『ケータイ秘書機能』に力を入れてくれると楽しみです

PCよりも、常に肌身離さず持ち歩いているケータイだからこそ
『ケータイ発想メモ帳』になってほしい
PCがコンパクトになるよりも、PCと近い部門が作るPDAよりも
ケータイの開発部門の方が、より『パーソナル』な『ケータイ秘書』
を作ってくれそうだと期待してしまう今日この頃です

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 18, 2004

スケジュール帳は計画表たれ

最近は、いわゆる手帳本の時期でもないのに
手帳特集を組む雑誌が目につく
新入社員への啓蒙を込めての特集かと思いきや
該当雑誌のターゲットを考えると、そうとも思えない

最近blogで掲載した『THE21』も『日経Associe』も
30代前半を強く意識した雑誌だと思われるからだ
仕事に慣れてきたビジネスマンにもう一度『手帳の意味』を問いただす、というとこ
ろか

大概その特集のいずれでも
スケジュール帳は単に『予定を書き留めるもの』ではなく、
『行動計画を立案する為のツール』として使いこなす事を提案している

・時間は追われるのでなく、追いかけるもの
・予定は埋められていくものでなく、自ら埋めていくもの

自分の手帳を見てみて下さい
『組まされた』予定以外に
自分で『組んだ』スケジュールは入っていますか?
何週間先まで書き込みましたか?
1年後の予定は入っていますか?10年後は?

さて、この週末はゆっくり今後の予定を考えてみましょうか…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

価値ある550円

再び手帳道に関連する雑誌を発見したのでご報告
『日経Associe』で行動計画表について特集を組んでいます
特集の中身も少ないページとはいえ有用なのですが
CLIE TH55の『手帳機能』についても語られています

さらにまだ中身を見ていないのですが、
CLIE用のPalmWareや行動計画表のファイルが入ったCD-ROMまでついています
これでお値段据え置き550円ですからお得ですよね?dsc05732.JPG

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シフクノトキ

お?『たまたま』アポが取り消しになったぞ

社内にいるとなにかと書類作成頼まれるし…
ここは一発商談に行くフリして行っちゃいますか、喫茶店
こんな時の為に、隠れ家的な喫茶店はいくつかおさえてあるのです

見て下さいな、
チョット薄暗い店内で窓から柔らかく差し込む日差しの中、
NotePCを持ち込んで、アイスコーヒーを啜りつつ
PIM情報を更新・整理できる…まさに『至福の刻』ですdsc05731.JPG

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゼロハリの中身

最近、休日も肌身離さず持ち運ぶ程お気に入りの鞄ゼロハリ

普通のアタッシェサイズと違い、
A4雑誌がギリギリ入るか入らないか?って位表面積が小さい割に
奥行きがぼってりとあるので、物も結構入るし
カッコヨサの中に愛嬌がある感じで、
もう日常鞄はこれっきゃない!ってな位はまってるのです

『さすがにTPOに合わない』って時には、
カミさんからクリスマスに貰ったマンダリナダックの鞄もあるし
当分鞄への物欲は沸いてこないことでしょう

さて、そのゼロハリの中身ですが
チョーシンプルです
・このblogを綴るSONY CLIE
・メモステをCLIEと共有できるsyber shot
・メモステケース
・紙の手帳
・怪しげな薬(@o@;)☆\Clush!!
後は、仕事の書類が二、三枚という潔さです

これでも最近は全然仕事で困りません
さすがに得意先へ行く時はカタログと、
その得意先の書類をまとめたフォルダも持参しますが
これもいつかはPDAに集約できるんじゃないかと思っています

まぁ、前者のカタログは自社Webpageが
きちんとDatabase化してくれれば、必要に応じてアクセスすりゃいいだけだし
事前にメモステに保存すればいいようになるんですけどね
なかなか思うようになってくれませんdsc05729.JPG

| | Comments (113) | TrackBack (0)

June 17, 2004

Network時代のPDA

トラックバックって機能がどんなもんなのか
自分がやってもらって始めて知りました
んでも具体的な方法がわからず、自分がやってみる事に躊躇してます
PalmOS LOVE庵さん、AmoebaEさん、ありがとうございます

ところで、トラックバックでリンクに飛んでみたんですが
AmoebaEさんのサイトに記載されていた
Schedulelayerという
考え方、システムは強烈ですよ

紙の手帳からDigitalに乗り換え、
『もっとDigitalならではのメリットは無いものか?』
と常にもやもや模索していたような気がしますが
まさにこれが回答の一つのような気がします
一度ご覧になってください

紙の手帳→紙を単純に置き換えたDigitalの手帳→
Networkにツナガル手帳、と進化を遂げてきた手帳の形態ですが
ここへ来て『Networkと融合する手帳』が求められているんでしょうね
今までNetworkのイイとこを貰おうとするならば
少なからず自分で『貰いにいく』という行為が必要でしたが
いわゆるvodafoneのステーション的な発想で
『情報が降ってくる』、という仕組…いや
もっと自然な状態で自分の情報にできるんでしょうけど
適切な表現が見あたりません。やっぱし『融合』かな?

PDAよりも携帯が実現できそうな機能ではあるんですが
やっぱしこの考え方は『手帳道』の追求結果ですよね
こうなって始めて、PDAと携帯が一体化した、といえるのかもしれないな
PIMが載っただけの携帯はやはりPDAとは呼べないし
また、PIMだけのPDAも今後はもうPDAと呼びたくない

Dijgital Pocketbookや、Digital Noteではなく、
Personal Dijital Assistantなのだから
個人秘書として、
『こちらが動かなくても情報をとってくる』程度の働きをPDAにはして欲しいもので
すよね?
アラームを鳴らす、だけの秘書なんて
これからの時代、どんどんリストラされちゃうぞ?

…あ、これがPDA衰退の理由か

| | Comments (0) | TrackBack (1)

June 16, 2004

手帳の整理は楽しい♪

紙の手帳でもDigitalの手帳でも、ふと空いた時間や
忙しくてたまんないのに現実逃避でやってしまう行為。
それが『手帳の整理』。

とっさに書き殴ったメモを、本来書くべきところへ書き写す、
もしくは不要な情報を切り捨てる、
そんな行為から思わぬアイデアに巡り会ったりするもんです。

そういう意味では、紙の手帳もDigitalの手帳も
やっぱし枚数=メモリに限りがある方がいいんでしょうね。
その方がマメに整理するだろうし(^^;)

と、いう事で月曜日っから手帳の整理に励む筆者でした。
これは完全に現実逃避でs(@o@;)☆\Clush!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 15, 2004

手帳好きが注目すべき雑誌

今までも手帳使いこなしに触れてきたこの雑誌。
今後も要チェックです。
盗める使いこなしは積極的に盗みましょう。
雑誌名は『THE 21』PHP研究所から出版されています。
他の内容もビジネスマンならネタになりそうなものばかりです
僕は早速齋藤孝氏の偏愛マップを紙手帳に書き込んでます♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 13, 2004

Digital手帳が広げる可能性=ルプラン


ソニーCLIEで使えるサービス『ルプラン』
がいよいよ始まりました
PDA普及の為にも、そしてPDA存在意義確立の為にも
こういうコンテンツがどんどん展開して欲しいものです
Naviと組み合わせて私家ミシュラン作って遊んだりできる(だろう)しね
カーナビにもスポット登録はもちろんできるけど
喫茶店でゆっくりお茶しながら、
そこの感想を書き込みつつスポット登録…なんてのは難しいだろうし
紙の手帳では書き込む量に限界があるしね
今後もこれこそニッチな『PDAならでは』って感じの
楽しみ方提案をもっともっと広げて欲しい

…今後は価格も考えあわせて欲しいけど(^^;)
…さらに、私のNX70では使えないんだけど(-_-;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 11, 2004

ダイアリーへの欲望

SONY CLIE TH55に触発されたわけでもないんだけど
やっぱし、アポイントとNoteが一体化されていると
振り返りやすい
Noteもついでにカテゴリ分けされると楽だなぁ

上半分にアポイント、下半分はその日にあったよしなごとを
そこはかとなく書き綴れば、検索もしやすいし、
一日、その画面だけ開けばいいのだから、
書き漏らす事無く、全てを書き留めていきやすい

記録Noteは後から日付で遡る事もできるし
カテゴリ別で遡る事もできる…これはやっぱり紙の手帳には難しいですな
いちいち転記しなきゃいかんわけだし
ページに限りもあるわけだし

と、いう願いをチョット具体化してくれたのが
TH55搭載の統合PIMソフト『クリオガ』なんですね

それなのに、現在購入に二の足を踏んでいるのは、
前回記載した『しょっぼ〜い』スタイラスと、
Data蓄積する程動作が緩慢になっていくというソフトの未成熟さ、
さらに増えたとはいえ、本体メモリ容量の少なさだ
早くこの三点を解消したPDAが出てきてくれないものか

ここで期待されるのは、やっぱしPIM開発に一日の長があるPalmOSかな?

今後のPDAでは『スケジュールはこのソフト』、『電話はこのソフト』
『メモ帳はこのソフト』ではなく、
その統合ソフトとしての姿、形を目指して欲しい

※で、ここまで書いて、思ったんだけど
意外とこのblogみたいなメモの取り方って理想なのかもしれないな…
時系列で書き連ねて、後からカテゴリ一覧にもできるわけだし

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スタイラスにも愛を!

例外もあるけど手帳にこだわる人は
鞄にも筆記具にもこだわる人が多いんじゃないだろうか
なのに、PDAについている筆記具=スタイラスって…
はっきり言ってしょぼいッスよね?
先日発売のCLIE TH55も『紙の手帳の置き換え』を目指し、
訴えている割にはアレ、ですし
紙の手帳だったら自分のお気に入りのペンを挟み込めるけど
格納スペースが決まっているPDAはそうはいかない
だからこそ一層こだわって欲しい
特に吉田カバンとコラボもできるSONYには、
CROSSやモンブラン等ともコラボして
『あのスタイラスを使いたいから』という購入動機になる程
それくらい存在感のある『スタイラス付き』PDA登場を切に望む!dsc05727.JPG

| | Comments (0) | TrackBack (1)

June 10, 2004

PDAに最適なキーは?

SONYから登場のpreminiいいですね
現代の携帯に必要最低限の機能と最小限で
かつ高級感溢れる『デザイン』

そう『デザイン』なんですよ、結局いわゆる高級品は

PDAは手帳のように数百円から、ってわけにはいかないんだから
もっともっとデザインに気を配ってくれないと!
ギリギリNX80かUX50、
できれば初期Newtonのような優美さが欲しいですよね

それとpreminiでいいなぁ、と思うのは
あの『スロープキー』ですね
PDAも電子辞書もキーボード端末は今一つ
HP200LXを越えるものが出てこないんですけど
このスロープキーとデザインを
PDAにぱくらせちゃうわけにはいかないんですかね?

まぁ、CLIEもvaio部隊に今や属しているらしいので
それなりにデザインも今後はこなれてくるのかな…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 09, 2004

PDA is dead?

最近のコラムで「PDAは死んだ」とあった
PIMだけのPDAは今後確かに死んでいくような気がする
スケジュールはケータイに入れておいて
アラーム鳴らした方が便利だし
メモはメモ帳になぐり書きした方が楽だ、という人が
圧倒的に多いだろう
携帯電話と手書きメモ、それにPCがある現代、
PIMだけの用途でPDAを使う人は『物好き』なのかもしれない

メールにしても携帯で打つより長文が打ちやすい『だけ』だし
WEBや表計算もPCより時間や重量を気にせず見れる『だけ』だし
手書きの手帳よりも何年もの記録が遡って見れる『だけ』だし
手帳や携帯よりも詳細でボリュウムのあるアドレスを
気軽に見れる『だけ』だし

PDAはホント『だけ』を求める人への隙間提案かもしれない
だったらもっとニッチにいこう

過去にも書いたが、PDAの生き残る道は
アイデアテイカーの姿である事が理想なんじゃないかと思う
その為の複合機能機、という位置づけが
一番すんなりするのではないか?
情報をとりあえず色々な形で入力し、
そこから自由な形で取り出せるスタイルだ

これは紙の手帳の真似できない入出力スタイルでなければならない
当然インターフェイスはシンプルに
ソフトウェアの存在を感じさせない程に、だ
声や音声の情報も、手書きの情報も、動画や制止画の情報も
WEB閲覧やメールで配信された情報も
全てを取り入れ、保管し、
一つのキーワードに対して整理して出力、返答する仕組み

PDA OS=Palmとして望まれるのは、こんなスタイルなのだと思う
そうでなければ、ミニPCとしてのZAURUSやPocketPCにPalmは喰われてしまうだろう
ただし、PC自体のミニマム化によって
消滅の可能性が出てくるZAURUSやPocketPCと違い、
Palm OSの生き残る道はこのようにしてあるんじゃないか、と僕は思うのだ
PDAには発想の転換が必要だ
幸い、SONYのTH55ではその可能性模索が始まった気がする
まだまだ完成度は高いとは言えないが、これからが楽しみだ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

June 07, 2004

鞄買っちゃいました

手帳を愛する人は鞄も愛す人ぉ〜♪
とさらっとごまかしつつ…
雑貨屋の店頭で野ざらしになっていた
ちびゼロハリを保護しました
B5サイズの、いわゆるセカンドバッグ程度の
大きさですが、これが通勤にジャストサイズ!
なんですよ
あちこちに擦り傷があるのも、カミさん的には『汚い』
で終わるんですけど、
この鞄の歴史も買ったみたいで嬉しいですdsc05729.JPG

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 02, 2004

チーム電脳手帳の方々へ

今年のボーナス商戦ですが、
PDA新商品の話はさっぱりですな
個人的にはNX70で固まってしまっているので
ここらで刺激的な新商品など登場して頂き、
誰かから強力な背中押しを貰いたかったところです

HDD搭載CLIEの噂などもありますが
それこそ求めているものとは、真逆とまで言わずとも
違う方向に進み始めている気がしてなりませぬ
SONYの考えるPDAとは、iPodのような「入れ物」なのか?
それともプチvaioともいうべき、
使う時間を配慮しなければらない入力の道具なのか?

私の求めるPDAは、そのどちらにも極端に近づかず、
考具であって欲しいと願っている
見るだけ、書くだけ、じゃない
書き留め、閲覧し、蓄積し、掘り返し、情報収集し、
再び書き留め、繋ぎ合わせ…全ての情報を幹のように育てていけるPDA
紙だけではできない考具の進化を遂げて欲しい

その為にはHDDとまではいかなくても
記憶容量の増大もお願いしたい
Softwareの根元的見直しも図って欲しい
入力インターフェイスも練ったものにして欲しい
思いついたときにすぐに書き留める軽快感も維持して欲しい…

ワガママですな

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2004 | Main | July 2004 »