« June 2004 | Main | August 2004 »

July 31, 2004

デモノハレモノトコロカマワズ

内容とは脱線するんですけど、
標記の言葉を入社三年目の男に言ったトコロ、
『はぁ?』
と聞き返されてしまいました

こうして諺は、
用件だけを伝えるケータイメール全盛期に生き残れず、
ウンチクを含んでいるにも関わらず
『無駄なもの』として省かれていってしまうんでしょうね

ちなみに件の男は、『一姫二太郎』と言った時も
『あれ?三人目でしたっけ?』
と返した男なので、サンプルに該当しないかもしれませんが(^^;)

・・・・閑話休題・・・・

手帳の進化を考える際、どうしても足して欲しい事があります
それは
《いつでもどこでもメモれる》
というライフスタイルの提案です

机の上でうんうん唸って考えてても出てこないのに、
う〜ん…とふんばっている時(食事中の方スミマセン)や、
風呂にゆっくり浸かっている時、布団に入った瞬間など
突然『ふっ』とアイデアやTodoが思い浮かぶ事ってありませんか?

僕はしょっちゅうあります

こんな時のために、PDAを母艦にして
Bluetoothもしくは無線LANで繋がれた、
小さな完全防水のボイスメモがあればなぁ、と思うんです
録音したDataはPDAに『ピッ』と送信でき、
テキスト化してくれる…どうです?こんなサテライトボイスメモ機能は

もちろん、PDA自体がいわゆるPCのサテライト機でもあるんですけど
それでもその大きさや防水性がデメリットになっている部分ってあると思うんですよ

上記のような『特殊な』シーンや、鞄を預けるような立食パーティ、
上着を置いてランチ喰いに行った時やはたまた運転中の車の中…
そんな時、腕時計やネックレス的に使えるPDAの
さらなるサテライトが欲しいと感じるんです

PCやPDAはCPUの向上も手伝って、処理能力が進歩しましたが、それでも
『こんな感じの企画どう?』
と、問いやアイデアを投げかけてはくれません
まだまだそこは人間が考えるべき部分です
ならば、その手伝いをいかにPDAやPCにさせるか?

まさしくこういった
『手の届かない』『紙では難しい』
部分を埋めてあげる事にこそ
デジタルアシスタンツの存在意義はあるのではないでしょうか

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 30, 2004

手帳オタクですよ?

石原靖雄さん、毎度コメントありがとうございまし〜
充分オタクですよ?、あたいは
単車オタク、手帳オタク、喫茶店オタク…

写真は社内報取材の際に撮影されたもので、
実物のアタイです
きっと撮り方がうまいんでしょう
感謝せねば!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

PDAの進化が止まった事をいい事に

Zaurusから始まったPDA遍歴だが、
Zaurus→LX→Palm OSに引っ越してかれこれ3,4年だろうか

機能的にはPalmPilotの頃からそんなに変わっていないので、
入力も閲覧方法も無駄無く、ロスなく、シンプルになってきた
これでまた情報の引っ越しとなるとまた面倒なんで
もう会社生活ずーっとこれでいいかな、て感じすらする

情報の入出力方法が整理されればおのずと
発想にまわす時間や、先んじた行動もできるようになってくる

まぁ、そのお陰でってなわけでもないだろうが、
とりあえず二年連続でセールスコンテスト入賞しました
ここから選抜されて、社長賞が選ばれます
今年こそ、そこまでいけるかな?hrcapt20040729113521.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 27, 2004

僕も結構ケータイ好きですけど

手帳代わりにケータイ使う人、最近本当に多くなりましたね
取引先のバイヤーもDoCoMoのNEC端末使って、
スケジュール管理してます
100件程度しか入らない筈だから、
過去の予定は消して行かなきゃならないんだけど
全然気にならないみたい

それにしてもここまでケータイに頼りきりの生活ってのも怖いですね

行動予定も連絡先もメモもTodoもメールの記録も画像メモやボイスメモまで
ぜーんぶケータイの中でしょ?
さらに最近じゃ、お財布ケータイなるフェリカ搭載ケータイまで現れて…
これじゃ、財布捕られるより気を付けなくちゃ(^^;)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 25, 2004

PDAの進化では入力に重きを!

PDAが提案しなければならない乗り換え相手=競合はなんなのか?

いずれのPDAも過去、『重いPCとはおさらば』とか
『これ一つでビジネス充分』等のPCからの置き換えを迫っていたやうに思ふ
でもPCと比較するからこそ、
『PCにできてPDAにできない事』が見えてきてしまうのではなひか?

やはりPDAが相手にすべきは紙の手帳なのではないだらうか?
SONY CLIE TH55の広告でも、『紙の手帳でできない事』を精一杯訴えている
しかし、その大部分が大量の情報を『持ち運べる』といふ事にばかりなり(変な語尾
だ。もうやめよう。)

手帳には『見る』行為ももちろんあるけど
それより外出先で『記す』という行為にこそ重きをおいて考えて欲しい
情報は蓄積していかないと、閲覧する内容も無いねやから…
PDAは情報閲覧の面において紙の手帳に対し、アドバンテージをとったかもしれない
(まだ一覧性に難あり、という声もあるが)
しかし情報入力では『紙へのなぐり書き』にまだまだ遠い、というのが実感だ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2004

紙の手帳の強み

こんだけPDAを使っていても、やはり手書きの手帳も手放せない
Dataがすべて失われる事が怖いし、キーボードで打つよりも
手書きでメモした方が頭に入る『気がする』

ところで今日、荷物を整理していたら10年前、
入社時のシステム手帳が出てきた
中身は上長から受けた指示を書き留めてあるだけ
当時はこれだけで精一杯だったんだなぁ、と懐かしくなった
悪筆の自分の字にすら懐かしみを感じる
こればっかりは電子手帳には真似できない特典だろうね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最近のCLIE

メモリが一杯になってきた事もあり、
入力は全て標準PIMアプリに行っている

以前は議事録には『2 action meeting』、
アイデアはTree状のアウトラインプロセッサの『Seton Notes』…
とアプリを使い分けていたのだが、先日のAmoeba EさんのBlogにもあったように
Dataの引継を考えると、あまり独自アプリに頼れなくなってしまったのだ

議事録はキーワードだけ拾ってメモ帳にいれ、
アイデアもメモ帳に新カテゴリを作って、そこに入れている
ホントにCLIEの4ボタンで充分な使い方だ

ちなみに僕のCLIEの4ボタンは
・K's Datebk(予定表)
・標準のアドレス
・メモ帳
・Sheet to go(表計算)
が割り当てられています
さて、皆様の手帳はいかがでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

目的を整理すれば今のPDAで充分だ

結局『何をやりたい』かが明確になってないと、
逆に道具に使われちゃいますよね
僕が手帳(紙&電子)で行いたい事は

・目標、やりたい事を書き残す事で、『リアル』に近づけていく
・ミスを書き残す事で、次回に繰り返さない
・ルーチン(毎日・毎週・毎月・毎年)作業を、書き残す事でより効率化する
・外出の多い営業職なので、外で使用する連絡先や情報をファイリングして持ち運び
たい
・外出先で起こった出来事(商談結果、Todo等)を書き留める
・仕事の合間に開けてホッとする瞬間を作りたい(家族や沖縄の写真)

というトコロです
まぁ、そんなこんなで僕の手帳は
何を使用しても、結構真っ黒になっていきますねぇ
電子手帳を加えて愛用しているのは

・こまめに記載してもページのやりくりがきく
・昨年、一昨年の情報(予定、アド等)までポケットに入る
・Todoも書き捨てなくて済む
・紙だと『ホッと一息アイテム』は写真程度だけど動画や音楽も持ち運べる
・紙だと縮小印刷して貼り付けなくてはならなかった情報(商品リスト等)を
Excelそのまま持ち運べる

といったトコロでしょうか
これを考えると自分が手帳に求めた目的は
現在のPDAで充分果たしている事になりますね
後は本当に使い勝手の部分さえ改善してくれれば僕は充分です

さらに、中身は一緒で良いので、デザインを増やしてもらえませんかね
既に『進化を止めている』と思われる家庭内電話や家電がそうなっているように
PDAも進化の限界にそろそろきているのでしょうから
もっとデザインで遊ぶ頃ではないかなぁ…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2004

PIM情報は引継OKでお願いします

PIMはアプリケーション提供の継続性が重要

まさしく仰る通りでさね

手帳魔と呼ばれる人は、きちんと過去起こった事をこまめに記録しており、
なにかあった時に
「ああ、それなら前回はこうだったよ」
と言える事に快感を覚える人たちなのだ

電話帳のデータもスケジュールも全部CSVを基本データにして
後はViewerに徹してしまえばいいかもね
これを全OSが実施・採用してくれれば、
気軽に着替え感覚でPDAを何台も使い分けられるのにな

ケータイでキャリアが変わっても番号が変わらないようになるとの事だけど
これで各社一層自社カラーのアピールに工夫をこらしていく事でしょう

同じ様に、PDAにとっての肝でもあるPIM情報を
気楽に違うプラットフォームで使えるようになれば
もっとOSの特色を出そうと各社努力する…かしら(^^;)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 12, 2004

右肩上がりのグラフ

HRCapt20040712075958.jpg

やっぱり視覚=ビジュアル化は大事なんですよ
昨日、テレ東系『渡辺徹のダイエットビジネス最前線』でもやってました
まず体脂肪計買って己を知れ、と
毎日計ってグラフにする事で『減っていく快感』を励みにするんだそうです

先日も記載しましが、そんなプライベートな記録は
常に身につけて持ち運べるPDAに書き留めるのがBESTですよね

…が、僕は先日来『焼き肉』『飲み会』『出張』とグッチャグチャの生活を続けた結果、
このようにグラフは右肩上がりに!(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 09, 2004

すいません…Mini5穴買っちゃいました

という事で(@o@;)☆\Clush!!
先日ゼロハリに出会った雑貨屋で
再び運命の出会いをしてしまいました
fILOFAXのMini5穴システム手帳です
そんなに汚れていないのに3000円でした
今、TAKEOの定期入れを
名刺ケースとして兼用で使っているんですが
今後はこれを名刺ケースにしようと思ってます
これで全身メモ帳だらけだ(^^;)

胸ポケット ケータイ
右内ポケット CLIE
左内ポケット Mini5穴
右尻ポケット 財布
左尻ポケット 定期入れ

さて…役割分担どうしよっかな
会社手帳が一番中途半端な立場になるかなぁdsc05741.JPG

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ブランドなんて自己満足

おっしゃる通りです、姫様

結局は『俺はあの○○を使ってるんだ』
という自己満足の世界なんですよね
僕の世界で言うと、
『あの』マンダリナダックの鞄だったり
『あの』クロムハーツのリングだったりするわけですけど
所詮知らない人には『なにそれ?』ですもんね

PDAで一番そんな自己満足を感じさせてくれたのは…
やっぱりPalmVかなぁ(^^;)
その後現れるPDAのどれにも『惚れ込む』事が
できていないような気がします

| | Comments (0) | TrackBack (0)

敢えて中古を探そうかしら

姫さん Wrote;

> 高級感・デザインなら、TH55やザウルスMI-C1も
> いい線いってるのでは?
> これらだとスペック的には普通ですけど

MI-C1って、ほぼ最後のZAURUS OS搭載マシンだったかな?
そう、無理に新機種を求める必要も無いんですよね

Excel Viewerとしての横画面でのメリットや
自分に合った情報管理方法を冷静に考えてみると
ここで再びZAURUS OSを試してみるのもおもしろいかも(^^;)

実はPI5000以外、じっくりさわった事無いんですよ
よし!週末にでもSOFMAP覗いてきますね(@o@;)☆\Clush!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2004

PDAに憧れの存在を

今回は単純にみてくれのお話

カメラにライカがあるように
筆記具にモンブランがあるように
ケータイにpreminiがあるように(?)

憧れの存在がPDAにも欲しい

せっかく値段の張るモノを買うのだから
デザインも人前で使いたくなるモノが欲しい

でもクオリアはやめてね(@o@;)☆\Clush!!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

それでも今からスタンダード創造を!

姫様、毎度コメントありがとうござりまする<(_ _)>
戦いの歴史の興亡に埋もれてしまった入力方法なのですね>CUTKEY

それでも手帳用途ならではの入力方法を求めてやみません
外で電話しながらのメモってのは、紙と鉛筆でも台が無いと辛いもんです
まぁ、工夫次第と言ってしまえばみもふたもないんですが(^^;)

おっしゃる通り、ZAURUS Cシリーズのようなサイズで
Qwerty配列というのも使いやすいんですが
やはり『片手』ではつらいですよね

Cut-a-Key等の新方式を考えて、
なんとか今のCLIE NX70の2/3位の幅にすれば
女性でも老人でも半身にハンデ持つ方でも
片手打ちできそうじゃないですか

元々この発想はチョット左半身に痺れがあり、
それでもキーボード代筆を内職で行っている友人を見て考えたものなんです

別に世界標準に合わせなくていい

日頃僕たちが当たり前に使っている日本語を
もっと簡単に書き留める事ができるマシンが欲しいんです

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 05, 2004

片手キーボードよ!今こそ…

姫様(なんかいいですね、この呼び方(^^;)
毎度知識不足の私に暖かいご助言コメントありがとうございます

やっぱしすでに考えられてた&世に出てたんですね>片手入力
片手キーボードってどこかで聞いたなぁ、と思って
WEB検索した時は引っかからなかったんですけど
今その名も「CUT KEY」で検索したらPalm用まで出てきました(^^;)

ただ、今回はそれにPDAの筐体の大きさならでは、という事で「テンキー別実装」を
加えたかったので
それにワンポイントする意味で「CUT-a-Key」と名づけ(後付の理由ですね(^^;)、
改めて「片手」感をさらに増した提案をしたいと思います

営業の僕としては、電卓機能も頻繁に使う事もあり、
また、携帯で話してる間に「○○さんが電話して欲しいとの事です。番号は…」とい
うケースも多々あるんで
とにかくPDAにはテンキーを別に割り振って欲しいなと考えたのが原点だったんです
さらに別に配列する事によって、より日本語入力が快適になるなぁ、と思いました
なるべく{数字/文字}や、{英語/かな}なんて切替えは少なくした方が楽ですもん

それを考え合わせると、僕ら日本人が使うPDAはやはり
・日本語キーは常に独立({かな/カナ}程度の切り替えのみ)
・数字は別に起き、使用頻度の少ない英語との切替えにする
の方がメモをとる際に便利かな、と思うんです

いかがですかね・・・?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 02, 2004

PDAに最適なキー考案(Cut-a-Key)

pdakey.jpg

PCはQwertyキーを、ケータイは当然数字キーを、
独自の文字入力キー配列として、確固たる標準をもっている

ならば、そのどちらでもないPDA(携帯端末)にも独自の入力方法があってもいいのではないか?と考えた

外出先で使うPDAだからこそ、
・電話しながらメモをとれる=片手入力を前提
・携帯よりも快適に入力できる=キー入力回数は少ない
・PCやケータイに疎い人も取り込める=ひらがなを念頭においた入力方法
・電卓機能も多く使われるであろう=テンキー必須等、要望が必須になってくる

上記より考えた今回のキー配列の特長は
子音→母音で入力を行い、テンキーにはケータイ同様ローマ字を割り付けている点
これなら日本語入力も少なくてすむし、キーの数もPCに比べて圧倒的に少ない

例文) あす26にちのかいぎにPDAをつかう
(あ)(さ→う)(26)(な→い)(た→い)(な→お)(か)(い)(か→い→”)(な→い)(PDA)(わ→お)(た→う)(か)(う)=27回

※携帯電話入力の場合
(あ)(さしす)(数字)(26)(かな)(なに)(たち)(なにぬねの)(か)(あい)(かき→“)(なに)(英語)(PDA)(かな)
(わを)(たちつ)(か)(あいう)=39回

※テンキーを持つPC入力の場合
(a)(su)(26)(ni)(ti)(no)(ka)(i)(gi)(ni)(PDA)(wo)(tu)(ka)(u)=28回
と、テンキーを持つPCよりも状況によっては、キー押下回数を軽減する事ができる

ですが…きっとこんなの腐る程色々なユーザーから提案されているんだろうな(^^;

| | Comments (8) | TrackBack (0)

July 01, 2004

最近万年筆が気になる

skynn_red_1.jpg
Pen houseさんのページで、ロットリングの新しい万年筆・ボールペンが紹介されてます
実は最近、再び万年筆気になってるんですよね
手帳にはやっぱし使いづらい(先入観かな)んだけど、手紙書く時や手書きでFAX送るときとか
あのサラサラした独特の書き味に、はまっちゃうんですよ~
買っちゃおうかなぁ♪

| | Comments (0) | TrackBack (1)

私にはvodafone

最近、TVでベッキーやら篠原涼子もどき(山田優だっけ?)が
盛んに『私にはvodafone』って言ってますね
3G人気の陰で完全に苦戦をしいられている某社ですが、
CM風に言えば『僕にはvodafone』って感じです

独自のサービスが結構僕にマッチしてるんですよ
例えば、Sky FAXサービス
先日ご案内の『QR Mail』と組み合わせれば
①CLIEでFAX文章を作成
②QR MailでQRコード表示
③vodafoneケータイで文字を読みとり、Sky FAX送信
という簡単な方法で、
外出先での緊急FAXに大いに役立ってくれちゃいます

さらに写メール感覚で絵はがきを送れるサービスも◎
爺さんに孫(34だけどな)の元気な顔をメッセージ付きで簡単に送信できるんで
筆無精な僕でも頻繁に葉書を送ってます

まぁ、『QR Mail』が登場するまでは、
ここまで連携とれてなかったんですけどね(^^;)
こんなサービスを続けてくれる限り、
『僕にはvodafone』でいきますよ
後は…端末の魅力不足が不満だな(^^;)
SONYさん、こっちにも来ません?<(_ _)>dsc05741.JPG

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2004 | Main | August 2004 »