« 風が吹けば桶屋が儲かる | Main | いまだNewtonだけがPDAなのか? »

September 08, 2004

どんな手帳を選ぶか

●自分の用途を見つめ直す

自分が手帳を欲する瞬間を考えてみましょう。
私の場合
・スケジュール用、電話帳
・営業時・外出時の商談メモ用
・内勤時の電話メモ用
・会議時の議事録用
・アイデアメモ
・プライベートな行動管理やメモ
といった使用用途が思いつきます。

これを一冊の手帳で行おうと、以前は試行錯誤を繰り返し
システム手帳をパンパンにしていたものです。
これでは、書き損じは無くなるかもしれませんが
情報を後から探すのが大変です

そこで、手帳術初心者へのご提案ですが
『全ての用途別にまずは一冊ずつ買ってしまいましょう』
最初から高価な物を選ばず、そこそこの見栄えの物さえ選べば
上の6個買っても2万円もいかないでしょう
自分に合った手帳術を探るには、安い投資です

恐らく使っているうちに
(これはいらないな)とか(これとこれは一緒にできるな)等、感じてくると思います
この試行錯誤こそが手帳術の第一歩
まずは歩き出す為の装備購入を行いましょう

アドバイスですが、試行錯誤の中、
要らなくなった手帳は一応保存しておく事をオススメします
手帳術はその時の職場や役職、立場により大きく変化するものです
今は不要でも、今度はその手帳に重きをおくかもしれません
無駄な投資は少ない方がいいですからね

また、1年程使ってくると一緒にいる時間の長い手帳が出来てくると思います
高価な手帳はそこに投資しましょう
使えば使う程に味が出るのですから、一層手放せなくなるというものです

|

« 風が吹けば桶屋が儲かる | Main | いまだNewtonだけがPDAなのか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/1384023

Listed below are links to weblogs that reference どんな手帳を選ぶか:

« 風が吹けば桶屋が儲かる | Main | いまだNewtonだけがPDAなのか? »