« September 2004 | Main | November 2004 »

October 31, 2004

シェアリング手帳術←仮決定!

私の手帳術は、紙やケータイ、PDA等
それぞれの良いトコロを組み合せて使っていく手帳術

いいね、masa。さすが○○○!
このネーミングと主張のユルさ加減が、とっても私っぽい
芯があるようで、常に動いてて
その時々で平気で違う事を言えたりしちゃう辻褄の無さも

『その時々に適した手帳術を心がけて、道具のシェアリングをしているからです』
と言えるもんね
さんきゅー!さすが○○○!

HIROHIROさん、一番乗りでのご提案ありがとうございます
確かに『骨までしゃぶる』使い方したくもなるじゃないですか
やっぱしまだ高いですよ、PDAは

Tagardさん、『PDA手帳術』は確かにそうなんですけど
私ってば万年筆を買ってから紙の手帳にも傾倒してるしなぁ
ケータイもvodafoneからSE出たら、そっちを使い込みそうだしなぁ、
という事であまりPDAに特化しない逃げ道が欲しかったんです
すいません
でもPDA、CLIEがセンターにいる状況は多分今後も変わらないと思います
いや、多分…ですよ

| | Comments (136) | TrackBack (0)

ネーミング…そんな大層な

としさん、書き込みありがとうございます

ネーミングって『Postit手帳術』とか
『ミリオネーゼの手帳術』とか『三色ボールペン手帳術』とか…ですか?
こーゆーのってタイトルを一文で説明できないときついですね
Postitや三色なんてその名のまんまだし、
ミリオネーゼも『時間管理術』がテーマだし…

ここで語っている内容を見て頂ければ
せいぜいつくネーミングは
『臨機応変ユルユル手帳術』とか
『主張のないその場その場の手帳術』とか
『立ってるモノは親でも使え手帳術』とか、ですかね(苦笑)

しかしなぁ…せっかくWeb主催してるんだし
タイトルはアレですけど、サブタイトルで主張してみましょうか
『コレだけ』と決めつけず、あれはソレ、これはアレ
と適材適所で使い分けた方が便利ですよ、
っていうユル〜イ提案を一言でくくれるような…

と、いう事でサブタイトル募集(笑)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

October 30, 2004

商談メモの一例

さすがモバイル営業マン
早いっすねm(_ _)m

ちなみに僕も商談の場では紙の手帳に記録しています
但しNX73Vにしてから、
こっそりメモステもPRO512mbにしたんで、
商談時は一応録音モードにしてます

①現場では会社手帳に走り書き
その後SONY CLIEに以下を記載

②③予定表にTODOとアポイント、メモ帳に商談メモ記載

●予定表に以下をTODOとして記載
10/28 [○]上司←明日以降スケジュール確認
10/28 [○]マネキン費用裁可申請書作成
10/29 [○]BY←A販促日、量、売価、販促物送付日確認(TEL)
11/01 [○]上司←マネキン費用裁可確認
11/01 [○]BY←B商品再提案アポ確認、C動向再確認(TEL)
11/02 [○]BY←B商品再提案決着確認

●予定表にアポイント記載
11/02 仮)BY←B商品再提案

●メモ帳に商談記録
2004.10.28
A商品感触好調→販促実施日等確認要(10/29)
B商品12月展開→価格@??OK、展開提案+マネキン20店要
※C商品12月提案アリ←A対抗?B危惧?(要Check)

④決裁依頼予告を以下メールにて即流す

SUB : ○企業へのマネキン投入許可ご依頼の件
《目的》B商品露出展開とC商品排除
《理由》12月販促展開に対し先方提出の出した条件
《現状》A商品好調。この期にBをたたみかけ、Cもろともライバル排除をはかる
《経費》帰社後算出し提出
《裁量依頼項目》
以下につき本日書類作成・提出しますので
11/1迄にご裁可願います
・実施希望内容:20店舗でのマネキン展開
・先方返答期限:11/02
・備考:
C商品も同時期、同程度の内容提案しており、
当社有利に運ぶにはマネキンによるアドバンテージ必須です!

即スケジュール化とTODO化が行える状態がBESTですよね
ちなみに通常であれば私も電話で上司にネゴ入れするのですが
現在の上司の指向に合わせ、報告を全てメールにしています

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 29, 2004

商談メモテストケース

バイヤー(以下バ)、自分(以下自)の10/28の会話です
皆様ならどんなメモを手帳に残しますか?

バ「お宅売上いいでしょう?A商品、好調だもんね」
自「お陰様で、お客様にご支持頂いているようで」
バ「うん、だからちゃんと今度販促入れといたよ」
自「ありがとうございます。いつの企画ですか?」
バ「あ、チョット忘れたなぁ。後で確認しとくよ」
自「じゃぁ、明日にでも電話入れていいですか?」
バ「そうしてくれる?悪いね。で、今日はなに?」

自「A商品の次の育成商品、Bの販促ご提案に参りました」
バ「まだ早いんじゃない?当面Aでいこうよ」
自「次々手を打っておかないと不安ですし、
当社消費者キャンペーンが12/6より始まりますので」
バ「それでこの店頭キャンペーン提案ってわけね…
ちょっと12月に実施するには厳しいなぁ」
自「価格面で厳しいですか?それとも展開理由が弱いですか?」
バ「価格はいいよ、ただ消費者キャンペーンはこの時期どこも打つからね」
自「わかりました、社にかけあってマネキン費用をぶんどってきます」
バ「ああ、店頭も賑やかになっていいね、チョット掛け合ってみてよ」
自「かしこまりました。何時までの返答で間に合いますか?」
バ「来週の火曜日だな。その日にまとめて水曜日に提出するから」
自「来週の火曜日11/2ですね?早めにご連絡します」

バ「いい返事頼むよ、相手もCで展開したがってるし」
自「向こうもやはり店頭露出展開提案ですか?」
バ「そうだけどマネキンもなんもやらんってんで断ったよ」
自「そうですか、またなんか動きあったら教えてください」
バ「わかったよ。じゃぁ今日はこれでいいかな?」
自「はい、ありがとうございます。早速社内で申請書書いてきます」
バ「全店20店舗分期待してるからね、じゃぁ明日電話よろしく」
自「はい、では明日朝一番にでもお電話入れさせて頂きます。ありがとうございました」
バ「どーもー」

上記のようなケースの場合、あなたなら
①なにに(紙の手帳?PDA?)
②どこの項目に(予定表に?メモ帳に?TODOに?)
③どのようなメモを残しますか?
④上司への報告はどのように行いますか?
ぜひ教えて下さいませ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

10/29カバンの中身

今日のゼロハリの中身はこんな感じ

左上から
・CLIE NX73V
・filofaxのmini5穴システム手帳
・PARKERの万年筆 on 会社手帳
左下から
・財布
・薬箱(目薬)
・ケータイ電話
・ミント
・polaroid i-zone(インスタントカメラ)

デジカメも持ってるし、ケータイカメラもあるんですが
インスタントカメラってなんとなく『いい感じ』なんですよ
コミュニケーションツールにおススメです

後で時間があったら葉書セットを買って来ようと思います
せっかく万年筆買ったんだし、手紙書きまくろうかな、と0410290829.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

久しぶりに万年筆買いました

実はチョットした臨時収入があり、
モンブランなど買おうとたくらんでおるのです
しかしここではたと迷ったのが
ボールペンにするか万年筆にするか、という事

そこで最近はチョットご無沙汰だった
万年筆を久しぶりに試してみたいと思い、
パーカー・リフレックスブラックに
実験台になってもらったというわけです

ほんたうに久しぶりですけれども(おゐ)
やはり万年筆の書き心地は、
げにまつことよゐものですね(おゐおゐ)
ボオルペンやシャアプペンシルでは出せない
『書く喜び』がそこにはあります
思はず無意味に手紙でも
書きたくなつてしまうくらひでございます

…すいません、限界です

さまよへる和漢蘭人さん
サイトのようにつらつらと綴ってみたかったのですが(^^;)

まぁ、そんなこんなで一ヶ月ほど万年筆ライフを楽しみます
結果、恐らくモンブランの万年筆を買うのでせう、やつがれは
0410251941.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 28, 2004

QRコードが目に入らぬか!

●名刺交換はもっとスマートになる

いずれ会社の名刺に刷り込まれる日も近いと思うのですが
それまではこんなやり方でしのぎましょう

『QRWindow』等のSoftを使って
→プリントアウトして手帳に貼り付けておく
→BMPファイルをCLIEで持ち運び、PicselVIEWERで表示する

今まさに旬の話題ですから
これをきっかけに話もふくらむでしょう
備考欄には自分をうまくアピールするポイントを!
0410062304.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 27, 2004

ようやく『手帳200%活用』GET!

遅ればせながら、昼食時間を利用して買ってきました
(雪の中…)
少なくてもねこJさんよりは早かった事を確信しています

大きな購入理由はそのねこJさんの
手帳とカバンの掲示板
発言されていたbrillanteさんの意見と 全く同じ

> ここのBBSでも話題に挙がってましたが「手帳200%活用ブック」
> つい買ってしまいました。
> 誰かが使っている手帳を見るのが大好き!!なので(新品の中身は
> お店で見れるけど他人のはなかなかできないですからね・・・)

意外と席を隣り合わせている同僚の手帳だって
「見せて」
と頼まなければ、なかなか見る機会無いですからね
以前『あの人の手帳が見たい』という書籍紹介をしましたが
まさしくあのタイトルは手帳好きの心をとらえるタイトルですよね

| | Comments (1) | TrackBack (0)

あなたの手帳にメモしてください

●新潟義援金の受付先です

郵便振替口座名『日本赤十字社新潟県支部』
口座番号『00530-2-2000』
通信欄『新潟地震』

| | Comments (0) | TrackBack (1)

あなたのケータイでもできる事

FOMAのSHはドキュメントビューア搭載で
SDカードに保存したExcelやPPTファイルが
閲覧できるんだとか

でもあなたの使っているケータイだって
事前に準備さえしておけば簡単にできますよ

DATAを画像ファイルとして保存しておけばいいんです
ケータイによってはフォルダ管理もできますから
情報も整理整頓しておけますしね

Excelだったら『カメラ機能』を使ってもいいし
画面のハードコピーをとってもいいでしょう
PPTだったら『ファイルを保存』の形式でJPG形式が選べます

外出先での編集が必要ない、
例えばJANコード一覧や会社年表、参照するだけの過去販売実績等は
画像ファイルとして保存しておく方が閲覧も早く便利です
PDAでも同様ですので、DTGばかりでなく、
こんな方法も使い分けてくださいね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 26, 2004

『ケータイ・シゴト・ライフ』

モバイル機器関係のライターとして著名な
木地本氏の書籍です
『営業マンこそケータイ機能を使いこなすべき』
と私も考えておりますが、
この書籍では具体的に
『ケータイでできるコト』が満載で紹介されています
FOMA篇、au篇の二冊が店頭にありました
サイト紹介も充実しています
0410211726.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

PDAの衰退か、手帳そのものの衰退か

●手帳は頭からのプリントアウト

先日『手帳200%活用BOOK』発売のNEWSを聞いて
ふと思ったのですが
最近いわゆる『モノとしての手帳本』は増えたのですが
『活用書としての手帳術本』の出版が
めっきり減ったように感じませんか?

以前、ケータイを手帳代りに
使う人が増えた事を書きましたけど
そんな人は手帳なんてメモ程度にしか
考えていないんでしょうか?
実際、私の担当している取引先のバイヤーは
そう豪語してはばかりません

「結局『約束』さえ守っていれば、
後は、その時その時で結局考えるからね
去年どうしたとか、次はどうしようとか、
上司の考え一つでその場になんないとわかんないもん」

…なるほど、納得させられる一言です
こんな朝令暮改が当り前の世の中では『計画的』に
考えるだけ無駄なのかもしれません

内勤が主なバイヤーとはいえこの状態ですから
自分から課題を作って動かない限り、
営業マンの手帳もアポイント『だけ』になりかねません

「じゃあ、一体メモ以外の何を手帳に書けと言うんだよ?」

とおっしゃる、あなたは試しに一つの商談予定の横に、
その時バイヤーに理解して欲しい事をまず書き出してみませんか?
続けて、理解してもらう為に必要な書類、準備も書いてみましょう
さらにその書類を作る時間を予定表に書く事ができますね
その書類に必要な資料は?協力してもらう人は?
上司に事前に根回ししておくべき事は?…
これだけでアッという間に手帳が黒くなっていきませんか?

きっと皆、頭では漠然と一つの予定に対して
こんな風に考えて行動していると思います
でもここで強く訴えたいのは、書き出す事の重要性です
頭ではなかなか『見返す』事ができないでしょう?

PCで書類作りの作業をしている時、
全体を見直したくてプリントアウトする事ないですか?
行動、準備のチェックについても同様です
一度頭の中から手帳に『プリントアウト』して
チェックする事に大きなメリットがあるんです

常に片手で使えるケータイの利便性は
最大限利用すべきです
でも、それ『だけ』にする必要も無いでしょう?

以前書いたように『入口と出口だけ』にならないよう、
私はこれからも多分紙の手帳にもこだわるだろうし、
ケータイよりも画面が広く、
紙よりも書込めるPDAにもこだわっていくだろうと思います
願わくばこれからも『手帳本』が活性化してくれますように

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 25, 2004

またまた文具本

●STATIONERY WONDERLAND −伊東屋の文房具たち−

いや今年は『モノ』としての手帳本がよく発刊されますね
それだけ手帳のポジションが上がったのか
それとも『レトロ』を楽しむ境地になってしまったのかが
気になるところではありますが

まぁ、見ているだけで幸せになれる我々マニアには
喜ばしい限りです
0410231906.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

広げよう、行動DBの『輪ッ』←古ッ!

thinkbadさん、コメントありがとうございます
物事そう悪く考えない方がいいですよ(@o@;)☆\Clush!!

脱線ですが、『ついてる』と思うと人間『ツキ』が来るもんです
ここで従兄弟に教わった実験を一つご紹介
二人一組で試してください

①一方の人は人差し指と親指を付け、オッケーサインを作ってください
②形を維持しようと力を込めながら
『ついてる、ついてる』と呟いてください
③もう一人はその輪を外そうとしてみてください
なかなか外れない筈です
④今度は輪っかを作っている人が
『ついてない、ついてない』と呟きながら
同じ事をやってみてください
意外とあっさりその輪をはずせませんか?

ま、こんなゲームもあるって事で本題へ

> 当方NX80Vでスケジュール、タスク管理などしておりますが、
> 主な使い方としては、タスク完了後にその内容をNXから自分のメルアドに送信して
PCで時系列で管理(とまではいきませんが?)していることでしょうか。

メールボックスを過去の行動DATABASEとして使う方法は大賛成です
この『blog』にも似た使い方ですが
・営業日報に転用できる
・時系列で振り返る事ができる
・メールボックスを内容毎のフォルダに保存もできる
・キーワードで検索できる
というメリットが生まれます

自分の過去積み重ねてきた行動DBに
助けてもらう嬉しさ、ありがたさを知った人ほど
こうして効率よく
自分の行動を『積み重ねよう』『活用しよう』とするんですよね

ところでこれが自分の行動DBだけでなく、
他人の行動DBも活用できたらもっと素晴らしいと思いませんか?
営業日報システムの本来目的はそこにある筈なんです
日報システムを『義務』でなく、『活用』できるように
thinkbadさんの周りにもこの有用性を伝えてあげてくださいね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 24, 2004

PDAをPC界のスクーターと位置づける

姫さま
毎度『あっこれよ、これ』と思わせるコメント
ありがとうございます

表記の通り、いくら先日記載のTypeTが
『文具』としてふさわしい佇まいを持っているとしても
『手帳』として使えないのはやはりどこかに『不安』があるからです

駆動時間しかり安定性しかりウィルスに対する脆弱性しかり…
個人で使うものなのにこんなに不安定な『家電』はPC以外見あたりません

> システム(OS)はアップデート以外では触れない堅牢な構造をもちつつ、自由にソフ
トをインストールしカスタマイズできる汎用性をもった端末
> それがコンシューマの使うPCだと思うのです
> (業務で使うPCはPCじゃなく、WSであるべきでしょう)

おっしゃる通りですね
ようやくリモコン操作等も始まりましたけど
未だに『ボタンでピ!』と始まらないのはPCくらいのもんでしょう
使いたい目的のために、書店で参考書を求め
苦闘しながら使うなんて、とっても不親切

ZaurusのヒットやLX、Palmのヒットの理由の一つに
アプリケーションボタンが挙げられると思うのです
電源スイッチを入れて、使いたいソフトを選び
ボタンを押せば『ピ!』と立ち上がる
コンシューマの立場で考えればPCとはこういう存在であるべきでしょう

> そしたら、PDAはデスクトップやノートと並ぶPCの1ジャンルに収まっているかも、
とおもうのです

PCの機能を細かく切り分けたもの、
そうカテゴライズすれば確かにわかりやすいものかもしれませんね
例えばその手帳機能を切り分けたおなじみのPDAや
音楽再生機能だけを持ち歩くMP3プレイヤー
それらは全て、
コンシュマー向けモバイルPCの位置づけ、というわけですね

表計算程度ならPCなんてわざわざ買う事ありません
Zaurusで充分です
チーム内でスケジュールや情報の共有強化をはかりたい?
全員にPC配る必要なんてありません
Palmで充分です
こんな感じでしょうか?

ようは『バイク』の中のスクーターみたいな存在に
PDAを当てはめようというわけですね
二人乗りもできないし、高速にも乗れないし
一般道路でも他のバイクと比べて特別の速度規制がある存在
それでもニーズは減らないし、その『手軽さ』が光る存在
こう考えるとPDAにはまだまだ存在意義が
あるじゃないか、という気がしてきますね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 23, 2004

心よりお見舞い申し上げます

新潟の大地震で被害にあわれた皆様に
心よりお見舞い申し上げます
まだ余震が続いているようですので
くれぐれも気をつけて下さいませ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

文具としてのPC紹介−Vaio Type T−

あのステーショナリープログラム
を運営されている和田哲哉さんが語った
Vaio Type Tのインプレが掲載されています

シボ感が文具好きにも訴えかけてきますよね
銀パソから一歩抜け出した感があります
昔IBMのThinkPadに感じた所有感と似ているかな

『万年筆の横に置いていてもふさわしい』PC
それがTypeTです
写真も多く、眺めてるだけでも楽しいですよ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

『万年筆スタイル』

万年筆で書き付ける、という行為そのものが優雅
ボールペンやシャーペンのように
指でくるくる回すような気軽さはそこにはない
『書く』という行為を確認しながら
筆跡を残す、贅沢な時間を感じる事ができる筈

文具は時計と並んでもっと『趣味』であってよい
女性の貴金属と同じく、重厚なファッションたりえる存在だ

良い万年筆は書く人、書く相手、書く場所を選ぶ

そこがいい
ポストイットや会社手帳には書き込めない
革製のシステム手帳、もしくはせめてロディアだ
マクドナルドやドトールなどのファーストチェーンでは
出すこともはばかられる
できればゆったりとしたジャズのBGMが似合う
シガーバーや喫茶店でゆったりと取り出すのがふさわしい

万年筆を使う事を許される時間、場所、シーンに思いをはせながら
自分の筆跡を確かめる贅沢
文具、手帳にはまった人ならぜひとも体験して欲しい

という事でこの一冊、書店で見かけたら
是非一度目を通してみて下さい

自分に合った万年筆選びの参考になる筈だから

dsc05809.JPG

| | Comments (1) | TrackBack (1)

October 22, 2004

10/21 200LXに何かが起こった…?

Web上でも大分話題が枯れてきた感もあったHP200LXだが
10/21、二箇所で『LXで今できること』が紹介された事にビックリ

200LXといえばこの人文市(あやち)さんのページでは
まさにNewtonと同様にユーザーの手で進化を遂げている様が描かれている

また、このページにもちょくちょく遊びに来てくれる
おなら出ちゃっ太さんのページでは
VZでのタグを使ったTodo管理が紹介されています
具体例が示されているのが、優しいところですね

HP200LXという決して現在最新とは言えないながらも使いやすいハードウェアと
『素』に近いDOS環境でありながら、『素』だからこその色づけをされ、成長を続けるソフトウェア
まだその歩みは止まらないらしい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ありがとうございます

おなら出ちゃっ太さんから
スタイラス機能付き二色ボールペン貰っちゃいました♪
早速mini5穴に挟んで使ってます

dsc05808.JPG

| | Comments (1) | TrackBack (0)

手帳に記すべきこと

台風23号で被害にあわれた方々に
謹んでお見舞い申し上げます

阪神大震災被災者として、
とりあえず目に入った募金箱にて
ささやかながら協力させて頂くことしか
今の僕にはできません
今回の台風が被害をもたらす最後でありますように
ひたすら願うばかりです

| | Comments (0) | TrackBack (0)

手帳のお値段

●手帳作りの難しさ

私が広報部門で唯一心残りだったのは
会社発行の手帳を進化させる事ができなかった事
そして最も楽しかったのもその手帳作り業務でした

会社発行の手帳は、社内の人間が使うのはもちろん
取引先の方も使うので、全てにおいて慎重な作業が要求されます

手帳に人一倍愛情をもっていた私としては
過去30年(!)変らないレイアウトも
『ここで変えてしまおう』とたくらみ、
社内報で『希望するレイアウト』アンケートをとってみました

…いやぁ、そんなアンケートに答えて下さる方は
やはり、同じく手帳に愛情を持っている方ですから
数は少なくても、非常に『濃い』ご意見ばかり
月間行動予定だけでも升目型がいいとか、表形式がいいとか
週間予定についても、多少厚くなっても一週間見開きがいいとか
極力薄くして欲しいとか…

私はそれらを踏まえ、コツコツと改変に動いていたのですが
ある日役員から呼び出されました

「とりあえず今回は変えるな」

は?と訝しがる私に、
当時の役員は私の『やる気』を評価してくれた上で
『現在の会社手帳ファン』の多さと、それに伴い、
私が考える以上に『慎重であって欲しい』事を諭してくれたのです

という事で、残念ながらその年は手帳の所有者欄に
『E-MAIL』『携帯電話』枠を入れ、
罫線を若干細くしただけの変更に終ってしまいました
変更というよりは更新ですね

しかし、手帳作りって本当に大変なんですよ

内容の校正だけで神経を相当すり減らし、
日付、六陽、記念日確認はもちろん
会社の電話番号、掲載最新データの内容、誤字脱字チェック…
丸々一ヶ月はそれにかかりっきりでした
見本があがってからは、自分で使用して
カバーや綴込みの耐久性、紙質のチェックもしなくてはなりません

と、いう事でこの時の自分自身の経験から
手帳の値段については寛容になってしまったのかもしれませんね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

感謝のひとこと

実は昨日のお昼に友人の宮君ご教授のもと、
こっそりカウンターを付けてみたんです
正直一日…というか半日で100人もの方に
読んで頂いていた事がわかり、
私自身とんでもなく驚いています
駄文ばかりで恐縮ですが
今後ともよろしくお願い申し上げます

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 21, 2004

スケジュール管理は月曜始りが使い勝手よい

PDAでの小さな画面(200LX以外)や、ミニ6穴等で
スケジュール管理をされている方であれば
週間予定画面を多用する方が多いのではないかと思います
実際、私もここで数回述べているように
CLIEで週間画面を愛用しておりますし

この場合、月曜日始りが非常に使い勝手が良いのです
もちろん生活習慣にもよるところが大きいでしょう
私の場合、日曜日の夜にゆっくりと珈琲をすすりながら
その週の行動を考えるライフサイクルだからです

日曜日の夜には次の戦闘態勢に入っていたい、というわけです
その為にも月曜日始り画面が使い勝手がいいのです

但し、ここで面白いのは
おなら出ちゃっ太さんが言われている通り、
私も『カレンダー』は日曜日始りが落着くんです
ケータイ画面も当り前のように日曜日始りですね

最近の手帳に月曜日始りが多いのは
上記のような使い方をされている方が多いからかもしれませんね
これはPDAでも手帳でも一緒です

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 20, 2004

PDAのカテゴリを、もう外そう

例えばSONY CLIE VZ90とZAURUS SL-C3000
これが同じ『PDA』というカテゴリにある事に
現在無理が生じている気がする

そもそも『それなに?』と問われた時
PDAという呼称が果たしてどこまで認知されているか不安で
結局『電子手帳です』と答えている自分がいるし

では、という事でふさわしい名前を考えてみると
結局『モバイル』という呼び名しかないような気がする

携帯電話が『ケータイ』と呼ばれる事で
ケータイデジカメやケータイテレビ、ケータイメーラーと
なり得たのだから

『モバイル』であれば
モバイル辞書であってもいいし、モバイルPC、
モバイルシステム手帳、モバイル秘書、モバイル…
と広がりも期待できるだろう

その中でPDAをPDAたらんとしてきた
優れたPIM機能ももちろん期待するが
それはSoftwareに望むべきものだという気がしている

もちろん個人的にはモバイル手帳、
モバイル秘書の究極をこれからも追い求めて欲しい
と願っている
しかし、例えばCLIE VZ90をも
『あってもいいよね』と笑って言えるような
そんなおおらかな市場、カテゴリに
そろそろ解放してもいいのではないだろうか

| | Comments (3) | TrackBack (1)

October 19, 2004

おぉ〜これは即買い決定!

おなら出ちゃっ太さん
素晴らしい本のご紹介ありがとうございます

手帳200%活用BOOK
もう特集内容見ただけで即レジに運んでしまいそうです
HOBONICHIを作った男、糸井さんの対談もありますよ!

■齋藤孝・明治大学教授
「三色ボールペン手帳術」
■熊谷正寿・グローバルメディアオンライン会長
「夢が詰まった手帳公開!」
■渡邉美樹・ワタミフードサービス社長
「夢に日付を入れる」
■・イー・ウーマン社長
「一元管理がムダを省く」
■ 南場智子・DeNA代表取締役
「嫌なことから片づける」
■西村晃・経済評論家
「『ポスト・イット』手帳術」
■久恒啓一・宮城大学大学院教授
「長いスパンで見渡す」

| | Comments (1) | TrackBack (0)

DATA管理は『手段』

●手段と目的は似て非なもの

先日の営業日報に関する発言について
コメント、トラックバック、社内メール等々
思った以上の反応を寄せていただき、ありがとうございます
これで迂闊な事は書けない、という緊張感が甦りました(汗)

ところで頂戴したご意見の中で気になる一言があったので
敢てこの文章に注釈をつけてみたいと思います

> 数値化、という言葉を使ってましたけど
> それこそが社内管理改革の第一歩では?
> 自分の成果を数値で見れるのは
> 単純に面白いし、成果報告が記載しやすくなるし
> 上長も数字で評価せざるを得なくなるでしょう

う〜ん…なんと言えばいいのか
私が営業日報を変えたい、と思っているのは
数値化が『目的』ではないんです。
あくまでも自分の行動、他の人の行動を参照する『手段』なんです
これを『目的』にしてしまうと、
その時点で『活用』が停滞してしまいますよね

過去、PDAを社員全員に渡しても失敗してしまうケースが多かったのは
この『目的』と『手段』のはき違えが大きな原因だったと思うのです
全員がPDAでの報告を強要される事で、
結局それが最終目的になってしまったのではないでしょうか
本来『便利な道具』であるべきPDAが
『一つ余計な業務を産む道具』に変ってしまったわけですね

先日、PDAでのData共有メリットでも記載した通り、
Dataは共用されればされるほどその便利さを増していくものの筈です
スケジュール一つとってみても、公開される事で
上司にとっても部下の行動が掴みやすく、
部下からも上司の行動が把握しやすい
業務は自ずと先を見据えた形での事前行動が当り前になり、
全社で先へ先へという動きが出てくる…というのは大げさとしても
少なくても『隣は何をする者ぞ』という風通しの悪さは解消されますよね

だからこそ、(内輪の話で恐縮ですが)
今や社内ルールになりつつあるNotes上でのスケジュール入力に対し
むしろ私が積極的に公開しているのは、こういった背景がある次第です
『利用』を促し、推奨し、好事例を見せて、
その幅を広げていく事が大事なんだと思っているからです
少なくても社内有志だけでもこの利便性は伝えていきたいのです

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 18, 2004

企画書も手帳で完結しちゃいませう

●要点を押さえた企画書を意識しましょう

本来企画書は枚数が多ければいいという物ではありません
特に重要な案件に早急に対応して欲しいと願うのでしたら
忙しい上司にすぐに目を通してもらう為に
項目立ててシンプルに自分の希望を伝えるべきです

例えばこんな項目でまとめてみてはいかがでしょう

《タイトル》
《企画実施の目的》
《企画提案の理由》
《現状説明》
《必要経費、作業タイムスケジュール》
《(上司への)裁量依頼項目》

最後の裁量依頼をスムーズに通すために考えた書式ですが
これだと自分の考えもクリアになって一挙両得ですよ
ね?PDAで充分できちゃいそうでしょ?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 17, 2004

PDA露出策:ドラマ中の小物たち

●スポンサーさま特権の発動だ!

『ヘル○ア』というトクホのお茶を知ってますか?
体脂肪にキク!というのが売りなんですけど。
そのメーカーがスポンサーをつとめるドラマで
小学校に通う低学年の子供が冷蔵庫から
『それ』を取り出してがぶ飲みするシーンに
徹底したスポンサースピリッツを感じてしまいました

PDAメーカーにもここまでの気合いが欲しいものです
ドラマの中で紙の手帳なんか使わせちゃダメですよ
登場人物は全員(警官除く)PDAを使いこなさせるんです
名刺交換は赤外線通信
お互いのプロフもPDAから発信です

バイクや鞄がドラマの影響で売れるんですから
(冬ソナ変身セット=かつら、眼鏡には笑いましたが)
PDAもガンガンいかないと!…ってドラマにそこまで影響力が残っているかな0410061402.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 15, 2004

VZ90現物ようやく見ました

ZaurusSL-C3000発表を聞いた後で、BICに行き現物を初めて見た

●これは…『PDA』なんだろうか?

PalmOSを採用したMediaPlayerと評するにも
PIMも閲覧できるmp3Playerと評するにも
Portable Video Playerと評するにも
いかんせん保存容量が少ない

クオリアと呼べるほど細部までの美しさはない

パンフレットの大半が割かれているその画面の美しさだが
肝心の動画再生を行うための敷居が高すぎる
AV手帳と言いながら、AVは再生機能しかなく、
動画も制止画もそれ自身で撮影する事はできない

う〜有効な使い方がわからにゃい…

| | Comments (1) | TrackBack (0)

キタキタ−HDD搭載PDA−

●これはもう『PDA』って感じじゃないなー

塚本さんによる
LinuxZAURUSにご招待
を興味を持って読み進めていたこのタイミングで
Zaurus SL-C3000登場
の発表がありました
TungstenT5の数百MBの話題があっさり霞む
4GB搭載の『PDA』です
否、PDAというよりは保存DATAを
外出先で編集・閲覧できるUSBメモリという位置づけかな
もしくはやっぱりminiPCの呼称でしょう

| | Comments (0) | TrackBack (0)

久々にダイエット手帳公開

HRCapt20041015095915.jpg
久しぶりの関西帰省はやはり体重増加を促すらしい
そりゃそうか
お好み焼きやらコムシノワのランチやら…
ここぞとばかり喰うからアカンのやろね

しかしこのところのクレーム処理で
グラフは再び下降線に!
体重を溜めようとする冬を前に
ベスト体重の65.5を果たせるか?
頑張れオレ!残業のオヤツを抑えるんだ!

体重管理はもちろんCLIEでひっそりEiWeight…

| | Comments (2) | TrackBack (0)

McFileを加えてまた便利に

CLIEの不満の一つにメール標準ソフトのCLIEメールから
JPG等の限られたFILEしか送信できない、という点がありました

無論他のメールソフトを導入すればいいとわかっていました
しかしこれまでCLIEメールで送受信してきたメールもある意味Databaseですから
CLIEメールで振り返りつつ、
他のメールソフトで送受信を開始することに躊躇ってしまったのです

そんな悶々とした気分を抱えたままでいた私に
PalmMagazineが素敵なソフトを教えてくれました
McFileがそれ

このソフトを使えば、様々なFILEが送信可能になるのです
ExcelだろうがWordだろうが、
そして最も便利と感じたのはBMPファイルの送信が可能になる事です

別途、NTTコミュニケーションズの提供する
InternetFaxサービスに申込みを行えば
Palmからメール発信するだけでお見積書をFAXできてしまいます

やり方は簡単
①Document to goなどの表計算で見積作成
②HRCapt等の画面キャプチャソフトでその画面をBMPに
③McFileで該当のBMPを選択し、CLIEメールの添付ファイルに変換
④文章を加えて送信!

どうです?ホント簡単でしょ?
今まで商談が終ってから、会社に戻り、
改めて見積書を作成してFAXで流していた人は一手間省けますよね
なんせ商談のその場から送信できるんですから

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 14, 2004

またつまらぬモノを…

いや、やっぱしそれだけ筆記具は大事だという事ですよ
という事でmini5穴用のPenを再び買い替えました
今度のはボディをスライドして伸ばすと、ペン先が出てくるシステムです
この薄型スリムボディがmini5穴のサイズにピッタリだったんです

シカタナイデスヨネ

PDAにもこういう楽しみがないとなぁ…
本体を若干安価にして、付属品で商売するという手もあるだろうに
ホントスタイラスやカバーは『おざなり』だもんね

「iPodのイヤホンだけ欲しい」

と言った人がいるけど、この位のモノを世に送り出してみようよ>SONY
クオリアでもここまでは言われないでしょ?0409221938.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『口説く』のは彼女かバイヤーか

●最近入口と出口だけになっていないか

以前は、彼女の家に電話すると否応なしに
『お父さん』を介さざるを得ませんでした
敬語はそんな時のためにも学習しておく必要がありました

現在はケータイの電波だけ介せば、
自分の話したい相手とすぐに繋がります
真夜中だろうが明け方だろうが、
『他の人』『他のこと』は気にしなくて大丈夫です
相手の事さえ考えておけばいいのですから

そういえば以前は、
会う場所と時間を考える事も必要でした
親に見つからないような場所、相手の迷惑にならない時間、
誰でもわかるような目印が必要です
さらに言えば、その後にご飯を食べる店まで考えておいたものです

※おなら出ちゃっ太さんの最近のコメントにもあった
『ダンドリ君』なんて本も出た位です。

でも現在はざっくり時間さえ決めておけば大丈夫
後は『その辺の』時間でケータイをかければいいんです
店も『検索』すればぞろりと出てきます

商売にもこんな流れが来つつあります

以前は、とにかくバイヤーに商品のメリットを説明し、
どんな風に売って欲しいかを説明し、
実際に店頭に立ち、
お客様にその良さを伝えようとしたものでした

でも現在は商売に電子オークションとやらが登場しました
セールストークの介在は一切無く、
バイヤーは買いたい商品を掲示し、メーカーはそれに入札するだけ
当然落札しても『金額』だけの勝利ですから
営業も(頼まれたって店頭なんざ立つもんか)
ってな具合で、お客様はチラシを見比べて安い方を買うだけです

あなたの手帳もこんな味気ない
クロージング=結果だけの羅列になっていませんか?
手帳は見返す事が出来、また書き足す事が出来る道具です
思いつく限りの事をその横に書き足していきましょう
『提案』の無い商売は、個人売買とレベルの差がありません
本当に良い物を、自信を持ってススメたいのなら
かつて彼女を口説き落した時のように、『ダンドリ』を考えましょうよ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

手帳の秋、ミスドの秋

Information

●スケジュールン2005(いわゆるミスド手帳)

11月3日スタートです
毎年この時期は飲茶セットで昼食を済ませるパターンが増える…

●「超」時間整理法2005

10/10発刊。既に書店に並んでいます
既に愛用している僕にとっては目新しいものはなかったのですが
まだその有用性をご存じない方はご一読を
スタートキットがついて2000円弱の単価はお得ですよ0410131024.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2004

今更ですが手帳術の原点

●手帳術の極みは目標ではなく手段

言うまでもない事ですが、手帳術の探求は趣味と実益を兼ねているとはいえ
あくまでも手段・方法の構築にすぎません

その目的は人それぞれかもしれませんが
私の手帳術活用の目的は

《記憶・記録は手帳に任せ、発想・気づきに集中する》

というところにあります
『記憶のアウトソーシング』が手帳術につながっているわけです
情報を溜める事が目的ではなく、情報を使う事が目的なのです

先日、PDAの検索機能の重要性に触れた際の例を引用すれば
卵と油と鳥インフルエンザを結んでくれたのは手帳術の賜物ですが
そこから
『卵売場で食油の関連販売を行う』
というアイデアを生み出すのはユーザーです

手帳は思いがけないヒントをくれる大事な相棒ですが
答えをくれるわけではありません
答えを生み出すのはあくまでもユーザーです
アイデアを生み出すヒントは多ければ多いほど、そのヒントも増えてきます
だからこそ手帳にはページ数、メモリ容量を際限無く求めてしまう、というわけです

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 12, 2004

PDA入力はもっと快適に…

●PocketTouchを装着

NX73Vは70Vに比べてやっぱしキーボードが打ちづらい
一文字一文字入力を確かめながら打っていたら
文章感が乏しくなってしまいますよね

そこで、モバイルプラザさんからTG50用で有名なポケットタッチを
通信販売で購入。本日到着したので早速装着してみました。

盛上がった分、指への引っかかりは
しっくり来るようになったんですが
それでも70V、もちろん200LXよりも遥かに下なんですよね…

紙の手帳と比べてNXにメリットが挙る点として
先日ご報告の通り、
ケータイで話しながら片手で情報入力できる、
という事が挙げられます
しかし、このレベルだとメモ程度しか綴れませんね
BLOG用の文章もこれで綴ってはいるんですがちとツライ…0409291803.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

手帳の入れ物−鞄コレ2004−

ねこJさんの掲示板への書き込みに触発され
今自分の持っている鞄を広げてみました
あれ?思った程ないなー
まだまだ買えるじゃん(@o@;)☆\Clush!!

一番高価だったのは下段真中マンダリナダックの鞄
表に貼ってある革の質感がなんともヨイ
ちなみに当時日本で最後の一個の在庫だったので
入手困難かも。へへ
得意先の会合や役員さんと会うときは絶対これですね

最近一番出動機会が多いのは右上ゼロハリ
流行のショルダーバッグ感覚でONOFF問わず持ち歩いてます
会社の行き帰り程度の荷物だったらこれで充分

左のボブルビーは都内でバイク通勤している時愛用してました
見た目のゴツさとは裏腹にいざ背負ってしまえば
その重さを感じさせません

右下のポーターはここにある鞄で一番付き合いの長い相棒ですね
デジカメや定期入れ、ポイントカードなんかを入れるだけならこれで充分

残りMHWAYのバッグは新婚旅行でイタリアに行った時、
たまたま入った文房具屋で3000円位で売ってたので衝動買い
肩から下げても背中に背負っても使える万能のベルトが使いやすくって
そこそこ荷物のある通勤時に活躍してくれます

と、いう事で全く無駄の無いラインナップですね
追加したいアイテムはトートくらいかな…
ガーメントバックも買わなきゃなー
PDAの新製品が出なければ冬ボーはそれに使おうかな
いやモンブランの万年筆か?
いやいや…その前に出るのか?(@o@;)☆\Clush!!0410111025.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 09, 2004

NXは唯一の片手PDA

●片手で入力できる唯一のデヴァイス?

手にフィットする縦長なこの形は、
外出先でケータイに連絡が入った時、
片手でキーボード入力できるギリギリの大きさです
これ以上大きくては『P』まで届かないし
これ以上小さいとキーボード入力が困難になるでしょう
まさに私にとっては絶妙な大きさだったわけです

片手でメモをとれるというのは
紙の手帳と比べても大きなメリットですね
もちろん座ってメモをとれる環境の時は紙の手帳にさらさらと書きますが

0410061153.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 08, 2004

手帳に似合う小物といえば

まぁ、真っ先に思い浮かぶのは
万年筆等の筆記具でしょう
次に僕のイメージでは珈琲・喫茶店なんですよね
単純に『好き』なだけですが

さらに最近の私ってば『葉巻』にはまってるんです
煙を味わいながら、ゆったりと思いを巡らせ、
ペンを走らせる…もちろん平日はできませんよ
贅沢な休日の過ごし方です

この時ばかりは、やはり紙の手帳に書き付けますね
PDAは小ささ、軽さが日頃とは逆に気になってしまうものですから

好きな香りのシガーとお気に入りの手帳を携えて
今度の週末は隠れ家的な喫茶店に行ってみませんか?0410010104.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

あの人のPalmが見たい

Palm Magazine 秋号発売

遅ればせながら、ようやくと入手しました
これからじっくり読みますが…tips的なものはやはり少なそうな雰囲気です
達人の使いこなしはもちろんですが
周りにユーザーのあまりいないPDAだからこそ
他の方の普段の何気ない使いこなしこそが参考になると思うんですけどねぇ

しかし今号は『Palmでできる事』の情報は満載です
次号発刊予定日が書いていない事もちょっと気になります
まさか渾身こめての最後の号ではありませんよね…?
vol24_small.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 07, 2004

ケータイからでも読めますよ

『このblog、ケータイでは読めないの?』
と問い合わせを頂戴しました (宮氏いつもどーも)

livedoorさん程の自由度は無いのですが
ココログにも閲覧する為のツールが存在します

ココモブがそれ

閲覧を希望するblogのURLを入力するだけで
テキストベースの閲覧が可能です
お試し下さい

easyrider入力→air-niftyを選択→pocketbook入力
の3ステップでお楽しみ頂けます
サイト管理されているkozy氏に感謝します

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 06, 2004

PDAを使うメリット−Dataの共有−

『Dataの共有』なんて文字を読むとまた
−Officeのイントラネットでスケジュールを共有し…−とか
−営業日報を集約し、数値化して…−等、
難しい事を言出しそうな感じがするでしょうけど、そこは私ですから

●カミさんとの情報共有が今回のお話です

私がPalm-CLIEを使っているのは、
もちろんその手帳として使いやすいUIもあるのですが
PC上でシンクロするSOFT-Palmdesktopの使いやすさも大きな理由です
自分にとって使いやすいのはもちろんの事
これはPCオンチなウチのカミさん向けに素晴しいのです

「今日は帰り早い?遅い?」
「今日はご飯いる?いらない?」
という問い合せも、
PCを立ち上げればそこに私の行動予定の全てがあります
(今日は近所で営業してるから、家で昼飯喰うとか言うかもしれないな)
なんて読みをしてもらう事も期待できます

こんな軽いノリの共有の仕方も
ScheduleLayerの考え方では『アリ』ですよね?
石原靖雄さん
行動予定はなるべくこのようにOpenにしておいた方が
有利に事を運べるってぇ次第です

時には
「なんで、○○まで行っておいて、△△行かなかったの?」とか
「また、○○君と飲みに行くのー?せめて1時位までには帰っておいでよねー」
とかツッコミが来る時もあるでしょうけど、
そこは行動チェックをしてもらっているという事で、
甘んじて忠告を受けましょうね

慣れてくればカミさんから逆に
知らない間にスケジュールを入れられているって事も多々ありますが(苦笑)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 05, 2004

システム手帳ケータイ入り…欲しい

利用シーンに合わせて選べる4種類〜ムーバの新モデル

vodafoneも
同じ日にデザインケータイを発表していますが
今回の新製品発表で言うとdocomoの方が面白いですねー
画像を見て頂ければお分かりの通り、
auっぽいやんちゃ感が全身から伝わってきます

コンセプトも
・徹底的なミニマムマシン
・音楽プレイヤーに携帯電話付き
・新鮮な素材感
とまぁ、他に選択肢の無い徹底ぶり

ここまで出してくれるのなら
・黒皮の似合う手帳に携帯電話付き
なんてマシンも出してくれれば良かったのに…
docomo.JPG

| | Comments (0) | TrackBack (0)

初心者に『覚えろ』はキツイっすよ

CLIE TJ25販売終了に思うところ

PDA StyleにてCLIE TJ25の全色販売終了が告知されました
TJ37も残り一色になっているようです
シンプルクリエによる初心者囲い込みという発想自体は
私は否定するものではありません

しかし、初心者にとってはgraffitiそのものが障害であったのではないでしょうか?
TH55がHITしたその裏で、TJ37が伸び悩んだ背景を鑑みると
どうしてもその点が気になります

購入したユーザーの出口調査結果が知りたいところですが
これまでのPDAユーザーが
「不要な機能を削ったクリエに共感を覚えて購入した」
という方が多いのではないでしょうか?
その意味で今後もワイド画面でdecuma優先に事を運んだほうが
CLIEにとってプラスに働くのではないか、と思います

初心者を狙うのであれば、敷居は低ければ低い程いいですもんね
tj25_img.JPG

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 04, 2004

バイブルサイズPDAに存在価値はないか?(T5発表をうけて)

tungsten.jpg

●PalmOne Tungsten T5の発売を開始

人気のTシリーズの後継というよりは、
PalmV-Tungsten Eの流れを汲んでいるようなデザインですね
残念ながらPalmVを超えるデザインはPalmにも生み出せないのでしょうか

軽量胸ポケットに入る端末として、Vを超えるデザインが出せないのであれば、
という視点で考えると

『ではバイブルサイズなら新しいデザインができるのでは?』

と単純に思ってしまう

紙のバイブルサイズシステム手帳からの置き換えマシンを目指し、
万年筆のようなスタイラスとコンビにして
大画面薄型で、かつ
『そのサイズならでは』のデザイン端末に存在理由はないでしょうか?

※このような提案をすると誰しもNewtonを思い浮かべてしまうと思うのですが…

デザイン論を抜きにしても、Palm等のPDAを持ちつつ
紙の手帳から離れられない理由の一つに誰もがその一覧性を挙げるのですから
それを解決しつつ、絶対的なデザイン端末を作る、
というのも一つの戦略だと思うのですが…

欲しくないですか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

どうして73Vだったのか

●CLIE NXを使うメリット

今回NX70Vが永眠した時、TH55もUX50も
はたまたOSを意識しなければZaurusという選択肢もありました
何故似たような形の73Vにしたかと言えば、
下記のようなメリットを重視したからなのです

①人物メモが撮りやすい

誤字ではないですよ
NXは自在に向きを変える事が出来るデジカメ機能を搭載しています
これが『引継ぎ』の機会が多い営業マンにとっては非常に重宝するのです
一目会ったその日から…なんて具合に
すぐに人の顔なんて覚えられるものじゃありません

名刺を交換し、一寸会話している間に
レンズをくるっと回転させて撮影し、名刺画面に貼付けておけば
しばらくそれを頼りに会いに行けばいいのです

TH55を選ばなかったのは、
一重にレンズが背面固定だったからに他なりません
誰だって初対面の人から露骨にレンズを向けられたら
いい気分ではないでしょうしね

②縦型画面はメモ向き?

商談中のメモをとるのには『なんとなく』ですが
縦型ワイド画面の方がとりやすくないですか?
紙の手帳の影響なんでしょうけど
こういった『慣れ』の部分は
否定せずに従った方が
咄嗟のメモを要する場合は大事なんです
この条件で横型ワイドなUX50は除外しました

③カラー

前回、女性の視点から見たPDAデザインの話でも触れましたけど
やはりビジネスの場ではできるだけ小道具は
目立たず、それでいて品のあるモノが望ましいと思っています
この場合、NX70Vのシルバー程度ならいいんですが
80Vだと『光りすぎ』『主張しすぎ』な感じがしました

せいぜいがゼロハリ程度のシルバーであって欲しいし、
ましてやTJのPOPなカラーは
取引先の役員の前ではさすがに使いづらいでしょうね

Zaurusは…これはあくまで感覚なんですが
値段の割には外観がチョットチープな感じがしてしまったんです
主張しすぎも考え物ですがあまりにも主張していないというか…
まぁ、この辺は単なる我侭です

PDAは紙の手帳に比べ、大変高価な買物です
購入の際は熟考を重ねる事をオススメします
買上げてから(こんな筈では!)と悔まないように…
0409221632.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 02, 2004

パンフ再び

先日PDAのパンフについて
使用例がない事を憂うコメントを記載した
では最近第三世代が好調なケータイカタログはどうだろう?
そう思って家に持ち帰ってみました

以前は一般ユーザーの使う姿を露出していたvodafoneでしたが
現在はさっぱり
逆にauの方が若干そんなページが欠片ほどですが掲載されていました
やっぱり実際に使っているシーンの方が親近感を生みますよね0409300011.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 01, 2004

営業日報は社内認識改革が必要

●営業日報は手帳の集合体

石原靖雄様
eWORKSのご紹介ありがとうございます

>ただ、この手のアプリケーションは、説明しにくいですよね
>でも使ってみると理解できる

そうなんです。
今の営業日報は『管理する為の』日報がほとんどなので
管理する側はそれ以上の進歩を望んでいないのが実際なんでしょう

>というわけで、導入時の敷居をいかに下げるかというところが
>結構大切だったりするような気がします

まずはその敷居が営業日報というものに対する
『社内認識改革』
から始めなければならない、という意味で敷居は高いですね

日報は手帳と同意義で、本来『記す人の為』にあるべきものです
手帳の集合体が日報であるとも言えるかもしれません

自らの無駄を省き、他の人が踏んだ轍を二度踏む手間を省き、
自らの経験を蓄積し、他の人の経験を拝借し、
新たな発想を産み出し、他の人の新たな挑戦を興味を持って見つめる
自分の手帳を省みて、他の人の手帳も覗ける、
それが膨大な数の手帳だからこそ、『数値化』等の指標を設ける。

このような視点に立って、日報システム導入を考えて貰わない限り、
いくらPCで入力になったとはいえ、
それまでの紙を置換えただけになってしまいます
『書くだけ』『積むだけ』『捨てるだけ』の日報に…

※『読むだけ』が抜けているのは、まぁ部下の悲哀と思って下さいな

| | Comments (6) | TrackBack (1)

« September 2004 | Main | November 2004 »