« PDA露出策:ドラマ中の小物たち | Main | DATA管理は『手段』 »

October 18, 2004

企画書も手帳で完結しちゃいませう

●要点を押さえた企画書を意識しましょう

本来企画書は枚数が多ければいいという物ではありません
特に重要な案件に早急に対応して欲しいと願うのでしたら
忙しい上司にすぐに目を通してもらう為に
項目立ててシンプルに自分の希望を伝えるべきです

例えばこんな項目でまとめてみてはいかがでしょう

《タイトル》
《企画実施の目的》
《企画提案の理由》
《現状説明》
《必要経費、作業タイムスケジュール》
《(上司への)裁量依頼項目》

最後の裁量依頼をスムーズに通すために考えた書式ですが
これだと自分の考えもクリアになって一挙両得ですよ
ね?PDAで充分できちゃいそうでしょ?

|

« PDA露出策:ドラマ中の小物たち | Main | DATA管理は『手段』 »

Comments

シンプルに伝えると「分からない!」と言い出す上司が多くて困ってます。
弊社仕様では、くどくしつこく同じことを何度もかつカタカナの言い回しをふりかけてカッコよく、となっております。(泣く)

Posted by: おなら出ちゃっ太 | October 18, 2004 at 03:34 PM

ああ、また面白そうな本が!

http://bt.jmam.co.jp/bizstyle/book/index.html

Posted by: おなら出ちゃっ太 | October 18, 2004 at 05:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/1709190

Listed below are links to weblogs that reference 企画書も手帳で完結しちゃいませう:

« PDA露出策:ドラマ中の小物たち | Main | DATA管理は『手段』 »