« ミスド手帳、とりあえず | Main | 久々にCLIE関連書籍 »

November 09, 2004

00年2月のシェアリング手帳術

続けて昔の@nifty発言を転載
前回から丁度一年後の発言です

●紙、LX、Palmの連携による営業活動 >>>>>>>>>>>

ぼくは割とぶっつけ本番に弱いタイプなんで(^^;
商談の前にこちらからの提案をLXを使って整理するようにしてます。
過去の商談の流れ、CM情報、今回の提案ポイント、採算の問題、先方の売上&利益
...
それらをDatabaseやfit、123などを使ってIPに段落を作って整理しときます。
この作業はLXなら得意先に向う電車の中でできてしまいますね。
で、整理した内容は要点だけ手帳に書き写しておきます。
これで、自分の頭にも整理されて要点がインプットされます。

商談中は会社支給の手帳を見ながら、LXは机の上に置いておきます。
咄嗟のメモはやはり手書きに限りますし、
やはりLXなどのツールに拒否反応を示す方もいらっしゃるので。(^^;
ということでいざ商談の場では、ほとんどLXは見ません。

先方に正確な数字を聞かれた時は、いよいよLX内蔵の123の出番です。
売上&利益の計算を素早く提出できます。
あとはこちらの見積に対する信頼性も高まりますね。
うちの商品は相場により上下する性質があるので
常に123に入力してあります。
あまり具体的にこれを提示するのもアレなんで(^^;
大抵はグラフで見せるようにしてます。

で、「こいつを後でお見積書として提出して」
なんて言われた場面でもLXは大活躍です。
その場で123を使って、見積内容を作成。
と、同時にExkeyと組合わせたマクロで、宛先を自動で貼付けたFAX文書を作成。
123から、123CLIPを使ってCSV形式にし、さらにCSV2KEIを使って
表としての体裁を整えたら、先ほどのFAX文書へ貼付けすれば準備は万端。
FAXLを起動し、その場でFAXしちまえばいいんです。(^-^)
#書くとややこしいですけど、実際の作業は簡単です。

商談後はその結果をDatabaseで「ビジネス日記」につけてます。
これはNoteTakerでとってもいいかもしれません。
ご自分が後で検索しやすい環境にしておくのがベストです。
あんまり記入しても、動作が重くなるだけですから要点のみ書くようにしてます。
あ、ついでに交通費も123で整理してます。

あとは最近、Palmも組合わせてます。
キーマンって手っ取り早く覚えなくちゃなんないのに
ぼくってば、人の顔を覚えるのが苦手で...(^^;

デジカメで相手を撮影してLXのPhonebookにiPEXを使って貼付ける、
という手もありますが、ぼくは似顔絵を描いたほうが覚えられるんです。
でもLXでは手書メモをとれませんよね?
そこで、PalmのJotMailという手書メモ送信メールを使って
似顔絵を描き、自分宛にメール送信し、LXで受取り&貼付けしてます。(^^;

それとPalmを使うメリットとして、Pilowebが挙げられます。
これは登録しておいたWEBを自動巡回し、Palmで読めるよう変換してくれる優れ物で
す。
ぼくはこれで朝一番で日経のページを巡回して、会社につくまでに読んでます。

要はLXこれ一台に集約するのではなく、周りのものも使い分けるのが
楽だと気付いた次第です。
最近ではRuputerとLXの直接連携も可能になったようです。
大石さんの商談状況に最適な商談スタイルが早く見つかればいいですね。(^-^)

#長文、失礼しました。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

LXをminiPCとして、アイデアテイカーとして
議事録・商談記録マシンとして多様に活用していますね
結局似たような事をPalm−CLIEでやってる現状を考えると
この4年間、成長したようなしてないような…

|

« ミスド手帳、とりあえず | Main | 久々にCLIE関連書籍 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/1907163

Listed below are links to weblogs that reference 00年2月のシェアリング手帳術:

« ミスド手帳、とりあえず | Main | 久々にCLIE関連書籍 »