« ギガザウいよいよ販売開始 | Main | 本日の手帳整理 »

November 10, 2004

その筆記具に歴史アリ

ウチの会社の役員が使っている万年筆
Sailorの細字ペン先のもので、ここ10年は常にこれ一本
過去、モンブランもパーカーもペリカンも使ったけど
その結果、これに落ち着いたんだとか

0411041855.jpg

|

« ギガザウいよいよ販売開始 | Main | 本日の手帳整理 »

Comments

一見、セーラーのプロフィットとお見受けしました。毎日人前で使う道具として見せびらかさず、なくしても諦めることができ(10〜15千円か?)、それでいて万年筆の品格がある。そんな万年筆。実は私も1本持っているのですが、ペン先の仕様として「極細」を選択してしまい、手帳用には良いのですが折角の万年筆の濃淡の味が今ひとつでした。「細」にしておけば良かったなと思っております。

Posted by: copper brain | May 27, 2006 at 10:19 PM

日本語を書くには、やはり日本製の万年筆が一番、というのが
ご本人の持論でして、中でもパイロット万年筆を愛用されてましたね
残念ながら退職されてしまったので、もうブランドを伺う事はできないのですけど
退職祝いには、本人希望でパーカーのボールペンをお贈りしました

Posted by: 章仁 | May 29, 2006 at 10:17 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/1921892

Listed below are links to weblogs that reference その筆記具に歴史アリ:

« ギガザウいよいよ販売開始 | Main | 本日の手帳整理 »