« あなたはどんな本にしますか? | Main | モモちゃんの死に想う »

November 20, 2004

万年筆に促されて僕は綴る

万年筆の持つ魅力とは恐ろしい

書く、というこれまでのどこか
『抑える力』を要していた感覚から
今まさに解き放たれたようだ

インクを紙に滑らせる、塗り付ける、走らせる
…うまいことその表現ができないのだが

想い、思考の速度に文字が完全に追いつき、
あまつさえ追い越してしまい、
早く早くと主人に促してくる

以前は全ての文章をPDAやPCで下書きをしていたが
最近はそのほとんどが万年筆による筆記だ
このblogですらそう

ネタが尽きたと思っても、
一つのキーワードを紙に書き付けてしまえば
万年筆がそれを文章に綴らせてしまうのだ
作家が万年筆を使う理由、よーくわかりました

parker.JPG

|

« あなたはどんな本にしますか? | Main | モモちゃんの死に想う »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/2013143

Listed below are links to weblogs that reference 万年筆に促されて僕は綴る:

« あなたはどんな本にしますか? | Main | モモちゃんの死に想う »