« 年賀状は終わりましたか? | Main | 20,000HITありがとうございます »

December 21, 2004

PDAコンソーシアム休刊

井上真花さんのサイトでこのNewsを知りました

詳細はPDAコンソーシアムにて

ユーザーとメーカーの掛け橋を目指したのに
メーカーからのレスポンスが感じられず、
ユーザーの使用例フィードバックデータの集積場になってしまった感があります
僕としてはそれでも使用例やコラムが集積されている事には
それだけでも意味があると思うのですが
上記のような設立目的からすると、既に夢は破れたと結論してもよいでしょう

PDAというカテゴリの商品が今後どうなっていくかといえば
やはり大勢の見方通り、ケータイになっていくんだと思われます
個人の生活を記録するPDAとしての役割は
そのほとんどがケータイで代替できますから
映像も音声も画像も、
そして今は弱いけどテキスト入力環境も
いずれ強化されていくでしょう
情報の蓄積については、これだけでも十分といえます

PDAの担ってきた役割の中で、
記録面は上記のように大丈夫となれば
後は情報の加工、発信、閲覧、検索だけですが
発信については、逆にケータイに一日の長があるほどですし
他の機能強化も時間の問題でしょう
そりゃぁ、PDAがどんどん肩身の狭い思いをしてくるはずですよね

でもね…別に僕がシェアリング手帳術を提唱しているから
こんな事を言うわけではないんですけど、
なんでもかんでもケータイ『だけ』にしなくていいんじゃないかなぁ
デジカメも一時の勢いが無くなったとはいえやはり必要とされているようだし
着うたフルの影響で音楽プレイヤーを持ち運ばない人は増えるかもしれないけどやは
りiPodやMDウォークマンなんかも存在できると思うし

と、考えていくとケータイでスケジュール管理やメモ帳のDB化ができたとしても
別にPDAがあってもいいんじゃないか、と思うわけです

ただね、ケータイの身軽さは僕も素晴らしいと思ってます
だから、ケータイとの連携をもっと強化した方がいいと思うんです

ケータイ+PDAのメリットを訴えれば、メーカーとしてもプラスオンだし
ユーザーにとってもケータイだけで無理しなくて済むわけですし
具体的な姿はなーーーーんも考えていませんが、
今後の『あり方』を考えると、やはりケータイを主人公に考えた方がいいと思うんです

手帳術にこだわる僕としては、個人的に欲しいメリットがあります
メモステやSDカードがこれだけ広まったわけですから
PIM情報等の受け渡しは、全てこれの抜き差しだけで
更新できる環境が欲しいんです

CLIEで使っているメモステをケータイに刺せば、
自動的にケータイのスケジュール帳やメモ帳に反映され
逆にケータイからCLIEに再びメモステを差し込めば、
ケータイで送受信したメールもCLIEから発信した内容に追加更新される

普段はPDAとケータイだけど、手ぶらで出かけたい時はケータイに
メディアカードを差し込むだけで
全てのPIM情報が手軽に更新できるというお手軽さ

当然CLIE等、PDA同士の情報更新もカードを抜き差しするだけでOK
今日は出張するので長時間バッテリの持つUX50を持っていき、
明日は立食パーティーなので薄型のTJ37を胸ポケットに
次の日は飛行機で出張だけど、
機中で資料を加工したいのでZaurusにPIMも移したい

なんて感じで
着替え感覚で気楽にPDAをひっつかんで外出できる気楽さがほしいんです
PDAって独自OSの囲い込みのせいで、乗り換えづらくなってしまった分
競争力が低下しちゃったんじゃないかなぁ、とも思えますしね

PDAの存在は、今後ケータイが
『単体でできること』の限界をみた時、
その大いなる補佐役になってくれるのではないかな、といまだに思っています
今回の道交法改正によるBluetooth技術の広まりも
ケータイを『通信ヘッドホン+PDA』の形に
押し進めてくれるのではないかと期待しています
いつも言われる言葉だけど『PDAには可能性がある』と僕はまだ思っているわけです

その意味で井上真花さんが終了ではなく、
休刊にしてくれた事はすごく共感できます
なんにせよ、一年間のご活動お疲れさまでした
ライブドアでの新展開期待しております

|

« 年賀状は終わりましたか? | Main | 20,000HITありがとうございます »

Comments

携帯とPDAもどちらがどうのという理論展開が、よく行われますよね。僕は、個人的には、携帯とPDAは、別にあってもいいと思っています。例えば、電話をかけていてアドレス見たり、予定表見たりってことは良くありますよね。そういうときに携帯とPDAがくっ付いているとややこしいことになりそうです。
それと、携帯がPDAを駆逐するとかいうこともよく取りざたされているんですが、駆逐した携帯の形態は、PDAだったりするんじゃないでしょうかね。
まぁ、この辺は、日本でも例えば、TREOのような、所謂スマートフォンが発売されると、ニーズがある程度見えてくるかもしれませんけどね。
因みに、TREO650のインプレッションは、TungstenC CLUBさん(http://tungsten.cc/)を参考にしてみてください。TungstenC CLUBのhanaさんの、辛口の批評は、実に的を得ているし、小気味のいいものです。
大切なことは、個人個人でいろいろな使い方ができる世界が望ましいのであって、これしかないという押し付けの世界は、どんな場合でも不幸なことです。
それにしても、PDA業界、頑張って欲しいですね。特に、Palmデバイス、頑張って欲しいです。最近は、PocketPCに席巻されていますよね。エールを送りたいです。

Posted by: knoboru | December 22, 2004 at 09:00 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/2333825

Listed below are links to weblogs that reference PDAコンソーシアム休刊:

« 年賀状は終わりましたか? | Main | 20,000HITありがとうございます »