« 急ぎの連絡には事前のFAX送信 | Main | 二度と君を離さない »

January 26, 2005

あるべきトコロに無い恐怖

昨夜バックアップの大切さについて語りましたよね
ええ、実体験を踏まえて語りましたとも

今度もバックアップの大切さと、
情報分散の大切さを『実体験』を踏まえて語ります
ええ、語らせて下さい、ぜひ

写真がなんだかおわかりでしょうか?
そう、車のドアです
車のドアってどうやって開けるかご存知ですか?
そうですそうです、まずは鍵を取り出し、鍵穴に…



先生ぇ昨日まで鍵穴だったトコロが洞穴になってます
おまけに鍵開けなくてもドアが開けられます
まぁ、なんて素敵な改造なんでしょう…って



無い…無い無いっ無いっっ無いっっ!
営業鞄も商品サンプルもビジネス本も!!

営業鞄には手帳もラミーもウォーターマンも…

《2005/01/26 車上荒し被害記念日》

いや、金銭的には大した被害じゃないですよ
情報的にも、CLIEは肌身離さず持ち運んでいるので
スケジュールもやるべき事も連絡先も全てわかります

でも、精神的にはかなり凹んでます
過去二年の完熟した手帳、
先日お招きしたばかりのラミー、
使い方の落ち着いてきたシステム手帳&水男、
CLIEに書き写す前の未整理の企画案…

捺印する為に汚れた左の人差し指を眺めながら
こんなに別れが辛いなら二度と文具に恋なんてしない
と、心に誓う章仁34歳の冬の出来事でした

皆様も情報は分散するか、肌身離さずか、
とにかく常にご注意下さい
あるべきトコロに無い恐怖、次は貴方に起こるかもしれません…
0501260957.jpg

|

« 急ぎの連絡には事前のFAX送信 | Main | 二度と君を離さない »

Comments

うわぁぁ、これは悲しい事件です(>_<)
綺麗に穴があいてますね・・・・窓が割られてと言うのが多いんでしょうが
これはあれ?あれ?って思っちゃいますよね

友達も社用車ちょっとしたすきに荒らされてカバン盗られました
私も車を離れるときは後部座席下やトランクに置いたり
タオルかけたりして見えないようにしてはいます

しかしショックだ・・・・

Posted by: さっちん | January 26, 2005 at 03:18 PM

これは酷い! お察しします。
盗るほうも、少し考えてくれればいいのに。
ああ、これは大事な思い出の品なんだろうなあ…とか。
いやいや、そもそも盗ってはいけないんですけどね。

Posted by: 真花 | January 26, 2005 at 06:21 PM

か、鍵穴がすっぽりと…大口径のドリルか何かなんでしょうか。どうやってっ。
ケータイとCLIEでほぼ全て完結している身としては想像もできません…うう。後の言葉が続きません…(/_;)

Posted by: はりー | January 26, 2005 at 08:03 PM

なんと言えば良いか・・・
愛情をかけて育てた手帳や、愛用していた道具たちが、とつぜんさらわれてしまうなんて・・・考えただけでも悲しいです。
でも、もっと悲しいのは泥棒さんの心の中。他人のモノを奪い取って、一瞬の満足は得られるでしょうけれど、愛情をかけた人やモノに囲まれる幸せは、きっと得ることができないでしょう。
でも、章仁さんは、すぐに大切な人たちやモノに囲まれる生活を取り戻せると思います。元気を出してくださいね(^^)

Posted by: Shangzhi | January 26, 2005 at 09:14 PM

災難でしたね。警報装置を買わなくちゃ・・・。

Posted by: おなら出ちゃっ太 | January 27, 2005 at 03:36 PM

初めてコメントいたします。

うわぁ~災難でしたね。
私も過去にどこかへ手帳を置き忘れて失くしてかなり凹んだことがありますが、それ以上ですね。
慈しんで育てた手帳や愛して止まない筆記具・・・本当に憎むべし路上荒し!!!
凹んだ状態から立ち直るのは大変でしょうが、どうか元気を出してくださいね。

Posted by: matsujun0830 | January 28, 2005 at 10:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/2700242

Listed below are links to weblogs that reference あるべきトコロに無い恐怖:

« 急ぎの連絡には事前のFAX送信 | Main | 二度と君を離さない »