« V802SHで映像/音声記録 | Main | 春は出会いと別れの季節 »

February 07, 2005

V802SHをシェアリング手帳術で使うには

ええっと802SHレビューのとりあえず最終回です

802SHの役割としては通話はもちろん、
先に述べた通り今までCLIEが担ってきた
テキストではないメモの部分、即ち録音、撮影に威力を発揮し、
さらに相手によってはその情報発信すら任せられる存在です

今までCLIEはテキストじゃない部分の記録にこそ
マルチな機能が活きてくると思っていたのですが
ケータイがここまで万能記録器になってくるとその役割も危ういですね
こう考えるとCLIEには逆に徹底的にテキストマシンに
徹底して貰った方がいいのではないかという気すらしてきます

僕はCLIEがケータイの母艦として生残れるだろうと思っていたんですが…
まぁ先般も書いた通り、ケータイを活躍できないフィールドというのも
この狭い日本には多々ありますから、
CLIEとはTPOで使い分けるというのもアリですね

また、802SHに限らず今回のvodafone 3G機は操作感がOSっぽいんですよね
Windowsのようなスタートバーから段階・手順を踏んで
いちいち作業しなければならないトコロが…

外出先ではCLIEのように、ボタンがある程度付いていてくれた方が
指一つで操作できて便利だと改めて感じます
PalmからCLIEに乗換えた時に『ゴチャゴチャボタンが付いて美しくないなぁ』
と感じた僕ですが、今やこのボタンの数々が有難くて仕方ありません
そんなわけですぐに録音、とか即撮影、なんて時には
CLIEの方が快適ですので即時性でシェアリングするという考え方もあります

いずれにせよCLIEとの共存・連携は可能ですし
また、お互いを補完しあう存在としてバッテリライフを有意義に使える事でしょう
惜しむらくはいまだにフラッシュメモリのスタンダードが確率していない為
SDの802SHとCLIEでのメモステではいちいちPCを介さなくてはいけないトコロ
もちろん、赤外線やBluetoothでもできますけどね…
という事で802SH側からシェアリング手帳術のパートナーを考えるとすれば
・QRコードを使えて(PalmならQRmail)
・ケータイには無い快適なキーボード入力が可能
・SDスロットもしくはBluetooth搭載
という感じになりますでしょうか
Zaurus SLもしくはCLIEならUX50ってトコっすね

ふぅ…以上を踏まえて73Vユーザーの私が購入するか否かですが…
いまだに検討中です
多分その前に真花さんが702NKを買い上げると思います
という事で、そのレビューを楽しみに待ってまーっす

0502032158.jpg

|

« V802SHで映像/音声記録 | Main | 春は出会いと別れの季節 »

Comments

はじめまして。802SHのレビュー読ませていただきました。なんかケータイがどんどんPDA化されているような・・そんな気がします。個人的にPDAを使ったことがないのですが、あとPDAに追いつく要素というのはハードディスクとかなのでしょうか??

Posted by: くいしんぼう同盟 | February 07, 2005 at 12:17 PM

ケータイにPDAが追いつく要素というよりは
もはやPDAはPCやケータイの不便な所を埋める存在、とか
個人で情報をちまちまとまとめるのに使う、とか
喫茶店や満員電車の中で、一人の時間を有意義に使う、などの
とってもニッチな利用シーンになっていると思うのです
まぁ、PDAってケータイとは別に一台持っていれば結構便利に使えますよ?
ケータイばっか使ってると一日バッテリが持つかどうかわかんないし
バッテリをお互い補完しあう存在としても便利ですよね

で、質問に対する直接的な回答として
ケータイがPDAを越える存在になるには、という視点で回答しますと
僕は通話部とビューワ部の分離形だと思っています
Bluetoothの普及がこれに拍車をかけてくれればいいんですけどね

Posted by: 章仁(pocketbook) | February 08, 2005 at 11:35 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/2833101

Listed below are links to weblogs that reference V802SHをシェアリング手帳術で使うには:

« V802SHで映像/音声記録 | Main | 春は出会いと別れの季節 »