« CLIEとZaurusはピンでもコンビでも | Main | 手帳術からPDAを語って欲しい »

March 28, 2005

お取り寄せ手帖

昨日さっぽろ大丸にて『京都物産展』がやっていたんで
チョット奮発して『いづう』で鯖鮨を購入
値段もチョットお高いですけど、驚くべきはその肉厚
今までの鯖鮨の概念を根底から覆すものでした

で、二人でそれを食し合ってお茶を飲んでいると
カミさんがおもむろにノリとハサミとその包み紙
さらに見慣れないスケッチブックのようなノートを持って来ました

それはなんぞ?と問うたところ
『おいしかった店の包み紙貼って、味のメモを書いてるの』
へ…へぇ〜いわゆる『お取り寄せ手帖』でやんすね?
全然そんな手帳術が我が家にあったことに気づかなかった私でした
既に結構貼付けてありました

なんでわざわざ包み紙を貼ってるの?と問うと
『すぐに味と中身、雰囲気も一致するし、電話番号も書き写さなくていいじゃん』
な…なるほどぉ〜
ボクらがわざわざ書き写さずにデジカメでメモするようなもんですね
やっぱり奥様の手帳術ってのも侮れません050326toriyose.jpg

|

« CLIEとZaurusはピンでもコンビでも | Main | 手帳術からPDAを語って欲しい »

Comments

章仁さん、こんにちは。
私もこのような切り貼りメモは以前行っていたのですが、ノリを塗るのが面倒になりまして(メモがベタベタになるので)辞めてしまいました。貼り付けるときの道具も一工夫したほうが良かったかもしれませんが。
一時期「スクラップブック」が流行ったのですが、それと同様なツールがPDAで実現できると嬉しいと思いつつ、完全にそこまで問題なく快適な操作で利用できるツールもなく、なかなか難しいと思う次第であります。
CLIE TH55が出たときには「これは!」と思ったのですが、あれでは動作が重すぎました。
デジタルスクラップブック、欲しいツールの一つであります。

Posted by: ibukuro | March 29, 2005 at 02:11 PM

なんかあの糊のごわごわ感も手作りの味があって
なかなかいいですよね

また、CLIE PEG-TH55の見せてくれた『夢』=クリオガは
何度かここでも賞賛しているのですが
実用的なスピードさえ伴えば、PDAでのPIMとはかくありき、という
一石を確実に投じられるソフトだったと思います
だからこそ進化を止めてしまうのが残念で残念で…

Posted by: 章仁 | March 30, 2005 at 01:36 PM

Generally, the new entrants to this trade work on part time basis in the evening and on weekends. One of the worst things that can ever happen to an individual happens when they lock their keys inside of their car. Locksmiths may have once done one thing only, but today they can work in many different fields.

Posted by: Slotenmaker amsterdam | September 30, 2015 at 09:09 PM

The pungent aroma and earthy, filth-like taste of Pu Erh tea is a result of its distinctive production course of.

Posted by: pu erh tea benefits weight loss | October 05, 2015 at 03:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/3472086

Listed below are links to weblogs that reference お取り寄せ手帖:

« CLIEとZaurusはピンでもコンビでも | Main | 手帳術からPDAを語って欲しい »