« Zaurusを通してCLIE NX73Vを見る | Main | シングルに春を感じさせられる »

March 05, 2005

周りを自分に合わせる−という事

極力得意先に自分のケータイに連絡してもらうようにはしていても
やっぱりオフィスの方に連絡が入ってしまう場合ってありますよね

ところがこの伝言メモってとってもくせ者で、
人によっては相手の苛立ちを考えずに
文面化するだけに終わらせている人がいたりして、
何の先入観も持たずに連絡してみると烈火のごとくご立腹だった…
なんて経験ありません?

そこで自分の欲しい伝言情報は予め共有フォーマットとしておく事を
オススメします
ちなみに僕の欲しい伝言情報は
・いつ
・どこの誰から
・何の用件で
・折り返し電話の要・不要
・声から推し量る相手の喜怒哀楽
・誰が電話を受けたのか
ですので、こんなフォーマットを作りました
自分でもわかりやすいし、皆にも共通フォーマットで喜ばれるし
裏紙も有効活用できるし、手間さえ厭わなければWIn-WIn-Winですよね

|

« Zaurusを通してCLIE NX73Vを見る | Main | シングルに春を感じさせられる »

Comments

章仁殿

>・声から推し量る相手の喜怒哀楽
電話の取次ぎを受ける側として、この項目以外はフォーマット化していますが、喜怒哀楽は盲点でした。
喜怒哀楽に併せて取次ぎ側に要求するアクションの選択肢を乗せておくと良いと思います。
・怒…大至急電話を要する
・喜…さほど急いではいない
営業同士の優先順位についてはよくわかりませんが、事務の人にはもっと要求しても良いと思いますよ。

Posted by: とび丸(調査系) | March 05, 2005 at 12:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/3177806

Listed below are links to weblogs that reference 周りを自分に合わせる−という事:

« Zaurusを通してCLIE NX73Vを見る | Main | シングルに春を感じさせられる »