« Zaurusという名への郷愁と愛着 | Main | 繋ぐ、と繋がってる、は大違い »

March 19, 2005

PRESIDENT『売り続ける営業』

営業マンって他の部門より露骨に『成績』がわかってしまうし
相手は取引先と言いながらやはり人間関係で成否が左右されることもある
それだけに成長への悩みや、何が正解かがわからない不安も多い筈
僕は入社してすぐ営業所に配属になり、
社内セールスが所長と二人しかいなかった時が一番辛かった
一人でやっていると自分を測る客観的な物差が欲しくなるものだから

しかし数年後には社内にそれを求めるのではなく、
お互い同じ取引先をもつ同業者や、
会社は違えど同じ職種の友人と『会話』する機会を多くもつようになって
その不安はだいぶ取り除かれた

ビジネス雑誌の何がよいかというとこの『話を聞く』事の
疑似体験をさせてくれる事だと思う
生憎僕の周りには外車を売りまくっているセールスはいないし
保険会社に勤める友人から話を聞く機会も無い
でも雑誌でそんな人達ならではの苦労話や
成功のきっかけを掴んだエピソードを聞くことができる
もちろん多少美化された話だろうけど

前置きが随分長くなりましたけど、この雑誌で紹介されているのは
手帳の写真程度で、手帳術に関わる話は少ないです
もっと前提の『考え方』や『取り組み方』が語られています
営業マンなら一つか二つのヒントをもらう事ができるかもしれません

手帳こそ個々の営業マンのスタイルを最もよく象徴するアイテムだといえるのではないか

と、道具としての手帳を語るこの文章を引用してご紹介を締めます

|

« Zaurusという名への郷愁と愛着 | Main | 繋ぐ、と繋がってる、は大違い »

Comments

今晩は。
偶然ですね。一昨日私もこの雑誌を買いました。
感想としてはモバイル営業マン的には「イマイチ」でした。
それぞれの営業マンの使用グッズの写真には興味を惹かれましたが、それ以外にはなんだか・・・

それよりもグッズの使用法とかを知りたかったです。

Posted by: モバイル営業マン | March 19, 2005 at 09:22 PM

具体的な術ではなく考え方のお話でしたからね
こーゆー話って、喫茶店で横に座った営業マンの会話をつまみ聞いているようで
僕は決して嫌いじゃないんです
どうやって前向きに取り組むか、
それが既に確立されているだろうモバイル営業マンさんにはつまんないかもしれないっすね
僕は今、朝一でお守りにキスして胸ポケットにいれる事で気持ちをリセットしてます
モバイル営業マンさんは自分にかける呪いみたいなのってあります?

Posted by: 章仁 | March 20, 2005 at 12:15 AM

おはようございます。モバイル営業マンです。
今回PRESIDENTを購入した理由は言うまでもなく日々のモチベーションアップのためでした。

しかしなんだが全体的に総論過ぎて、またその総論も教科書通りの総論で自分を奮い立たせるものはなかったのです。

例えばGMOの熊谷さんとか和田裕美さんが書くようなものを期待してたのですが、、、

まあそれは期待しすぎですよね。

私の仕事はフルコミッションの保険業なので仕事柄というかこの業界では成功者の話は散々聞かされますのである程度同じような話が多くなってくるんですね。
超スーパー営業マンの話はまた居次元の話だったりしますけど。

自分にかける呪いですか、、、
私は特にないです。
ただオフィスでなるたけ自分より数字をあげている営業マンと会話をし、「今月いくらまで出来る?」とか「今年度の累計実績はいくら?」とか話をし自分を奮い立たせています。

ながながとコメント欄に失礼しました。


Posted by: モバイル営業マン | March 20, 2005 at 08:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/3356884

Listed below are links to weblogs that reference PRESIDENT『売り続ける営業』:

« Zaurusという名への郷愁と愛着 | Main | 繋ぐ、と繋がってる、は大違い »