« 東芝さんも紙の手帳なのね | Main | PRESIDENT『売り続ける営業』 »

March 19, 2005

Zaurusという名への郷愁と愛着

その昔『I LOVE LX』という書籍にEASY名義で『ZaurusからLXへ』という駄文を綴った私ですが
そもそもPDA、電子手帳というものに最初に接したのはZaurus PI5000です
従ってZaurusという名前そのものに対する思い入れは強いものがあります
なんだかんだと絶滅せずにここまで生き延びて来たんですよね

国内でビジネスマン相手に黒革風のしっとりした質感を提供して
いわゆる電子手帳ブームを牽引し、
iMACブームが起こればPOPなスケルトンに生まれ変わり、
メール端末+αとしての姿を模索したり、
Palmが人気とみるや縦型ビューアスタイルにスイッチし、
そして充分にキーボード認知が広まったとみるや、
今度は縦型+キーボードで補強を行う(元々PCはいらん、がコピーでしたね)
ついにはWindowsの操作体系が消費者に浸透したという判断の元
PCライクなスタイル・OSに完全一新…と、
Zaurus開発の目線は常に模索を続けてくれているように感じます

OSを変えてここしばらくはあまり目新しい動きもありませんけど
それはやっぱり今のブームを掴みかねているのか、
それとも結局ビジネスマンが持ち運びたいものは
PCであって、そのミニ版で良いという事になってしまったのか…
いずれにせよ、今後スマートフォンの動きによっては
それも飲み込んで行くんでしょうね、Zaurusは

いわゆるMP3再生機の代名詞がiPODなら、
国内PDAの代名詞はやっぱりZaurusといえると思います
未だに役員でZaurus PIシリーズを使い続けている方もいらっしゃいますし
リーダークラスにはちらほらとE1を使っている方もいます
友人には未だにブラウザボードを使っている奴もいますし、
昔の取引先のバイヤーは相変わらずパワーザウルスユーザーだそうです

思えば私自身も95年にZaurus(PI5000)を買って、
2005年に再び(SL-C860)買っているんですから10年振りの再会なんですね
そのうち息子と親父で機種こそ違えどZaurusをお互い使っている、
なんてシーンも出てくるかも知れません
これからも時代に合ったパーソナルツールの模索と提供を期待しています

|

« 東芝さんも紙の手帳なのね | Main | PRESIDENT『売り続ける営業』 »

Comments

This has the most current information possible, but be sure to check other sources to confirm. Justin Bieber and Selena Gomez celebrate early Valentine's Day in NYC (Pictures). ) so she transitions from protective father figure to protective boyfriend.

Posted by: hotel transylvania 2 full movie | October 03, 2015 at 02:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/3352317

Listed below are links to weblogs that reference Zaurusという名への郷愁と愛着:

» [Zaurus] ザウルスに回帰 [cooldadのモバ日記]
pocketbookの章仁さんが、『Zaurusという名への郷愁と愛着』と題してザウルスについて綴っておられます。 http://easyrider.air-n... [Read More]

Tracked on March 20, 2005 at 09:09 PM

« 東芝さんも紙の手帳なのね | Main | PRESIDENT『売り続ける営業』 »