« 食品営業マンのとある一日⑦ | Main | 周りを自分に合わせる−という事 »

March 04, 2005

Zaurusを通してCLIE NX73Vを見る

どこかでも書いた気がするけどCLIEの魅力は片手操作が可能な点にあると思う
もちろん僕の手が大きいという事もあるけど、
片手で起動できるアプリケーション、ボイスメモ、デジタルカメラ、
さらにユーティリティソフトを導入すれば、殆どの操作が親指だけで可能になる

PDAを使うシーンは外出先が大きいと思うけど、当然外出する際は荷物があるもの
片手で荷物を持ちつつ片手で操作できるCLIEの設計は非常に的を得ているよね
Zaurusのキーボードは両手打ちで快適なんだけど座って使う時しか活きてこない
だったら多少打ちづらくても片手でできるCLIEの方が『現場メモ』には向いている

また、Zaurusには携帯のスィーベルスタイルのように
反転して畳める機能があるけど、
これはあくまで閲覧に使うと便利という位置付けで、
僕にとってはあまり魅力的に感じなかった
もちろん文庫を読む際は楽かもしれませんね

逆に商談中、喫茶店での文章入力なんかには圧倒的にZaurusでしょう
さらにZaurusを触って一番魅力に感じたのは数字キーボードが独立している事
外出先でメモする内容には数字が多く含まれますからね…

比べる事自体がナンセンスだと思うので、どっちが良いとは言いませんし
どちらも持ち運んでも大した重量にはなりません
インテリシンクでデータも共有できるそうですから
どちらも気になるあなた!同棲生活始めて見ませんか?
人柱報告をお待ちしております(←をい)

※週末もう一度中古屋巡りしてきます。もし出会えたら…

|

« 食品営業マンのとある一日⑦ | Main | 周りを自分に合わせる−という事 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/3168169

Listed below are links to weblogs that reference Zaurusを通してCLIE NX73Vを見る:

« 食品営業マンのとある一日⑦ | Main | 周りを自分に合わせる−という事 »