« ネゴシエーターの手帳 | Main | 【報告】livedoor連載第四回 »

May 10, 2005

4月PJまとめ−⑥実行・進捗確認編

4月PJまとめ−⑥実行・進捗確認編

今回進捗把握、全員の報告管理にはZaurusのHancomSheetを用いたのは
先般エントリしました
その手法は恥ずかしい程稚拙で、いわゆるフィルタ機能の活用です
自分が部下として上司に不審を抱くのは、
以前報告済みなのにそれをすっぽり忘れてしまっている瞬間

今回のPJでは自分が責任者なのでそれだけはすまい、と誓っていました
全ての報告に対し、デイリー、時刻、増減、取引先名、コメントを一行で入力
日々の報告会では発表者をフィルタで選び、時系列で呼び出してその下に追記
報告された内容はCLIEのボイスメモで会議を録音し、深夜にテキスト化
さらに一人一人、次回指摘すべきポイントと依頼すべき項目を追記しました

最終受注日近くになってくると本当に缶詰になるほどでした
もちろん自分が一番大きな数字を持っており、
自分へのコーチングも日々の報告会で自ら皆の前で赤裸々に行いました

とび丸さん、結局このフォームそのものはあまり参考にならないと思いますが
この考え方と流れの説明でよろしいでしょうか?
もちろん3%オーバーで無事に着地した後は
一人一人にフェイス トゥ フェイスでお礼を述べました
これも部下として一番不満だった事ですので…

  

|

« ネゴシエーターの手帳 | Main | 【報告】livedoor連載第四回 »

Comments

章仁さん

まとめていただきありがとうございます。
私のブログにて、色々考えていたのは、
章仁さんの記録にひっかかってるのではなく、
章仁さんと比較して自分の方法はどうかということです。

行動を分類して、
それに対する詳細を綴っていく方法はわかりやすいと思います。
ましてや、それに対するポイントを記載することによって、
強調したいことが明確になりました。
また、まとめていく上で(もしくはまとめた後に)気づいた点もあるかと思いますので、
それらが、今後、pocketbookに反映されることを期待しています。

今回で終了ではないと思いますが、
章仁さんが想定する(綴っていく上での)分類の最終地点は、
「行動記録の保存」だと思います。

社長殿の考えは別として、
支店間で競争するのは良いとは思いますが、
次に後輩が章仁さんと同じ行動をする際に、
章仁さんは後輩に自分と同様の冒険をさせるとは思いません。
後に続く人のための遺産についても語っていただきたいと思います。

他にも言いたいことはありますが、取り急ぎ…

Posted by: とび丸 | May 10, 2005 at 10:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/4064148

Listed below are links to weblogs that reference 4月PJまとめ−⑥実行・進捗確認編:

« ネゴシエーターの手帳 | Main | 【報告】livedoor連載第四回 »