« ZaurusSL-C860でプレゼン練習 | Main | 今年は節目の年−20万アクセス突破 »

September 07, 2005

データ管理に英単語、伝える言葉に漢字を使う

CLIE等でPIMデータを扱う場合、僕は英単語を使用するようにしています
情報がすっきり見える効果も狙っているんですけど、
それ以上に後から検索するときに便利なんです

会議も打ち合わせも[meeting] で検索できるし
商談も交渉も[Nego] で、情報は[Info] で検索すればいいので抜けが無くなります

反面、手紙やメール、このBlogで文章を綴る時は
極力英語を廃して、それぞれの漢字の持つ意味も考えながら書いています

先日書いた『ZaurusにミニPCを感じる刻』も
通常であれば『時』でよいのですけど、
ふと感じた瞬間、
その時に刻まれた感覚だ、という事を表現したくて『刻』をあてました

それ以外には意外と『意外』も考えながら使っています
最近は何故か届くメールや葉書にも『意外』の字が使われません
自分の意識には無かったのだけれども…という意味を込めて僕は『意外』を使っています

漢字は言外の自分の気持ちを伝えるのに良いツールですよね
これからも楽しんで使い分けていこうと思います

←ブログランキングにご協力お願いします!

|

« ZaurusSL-C860でプレゼン練習 | Main | 今年は節目の年−20万アクセス突破 »

Comments

>>極力英語を廃して、それぞれの漢字の持つ
>>意味も考えながら書いています

素晴らしい事ですっ
感激しました!


“日本語の乱れ”が叫ばれて久しく、
「言葉の本当の意味」を考える人が
すくなくなったのが、現在の日本なの
だろうと思います。
今の人たちは何でも統一・簡略化し
すぎて(まぁ学校教育そのものが
均一化政策の象徴ですからしかた
ないのですが)漢字による多彩な表現
なんて脳みその端にもない子達が
多すぎる...



文化人類学では
「高度な知性に進化した生き物ほど
言語が単純化する」といいます。
スピーディーに意思疎通する為に合理的
進化をするんでしょうね。

大阪の某・国語博士によると
「言葉は進化するものだから
“見られる”→“見れる”になっても
いいんじゃない」
ていう学説もあるんですが...

こと漢字に至ってはその文字・語が
生まれた意味までありますから
ケースバイケースで味わい深い表現
ができるはずなんです。
デリケートだけど豊かな表現ができる
わたしたちの日本語。

もっと楽しく素敵に使いたいものですね。

Posted by: 高田潜水艦 | September 07, 2005 at 09:08 AM

そんな大げさなものではないんですけれども

例に挙げた『時』と『刻』だと
前者がゆっくり流れる様を感じさせ、
後者はある、切り取った瞬間を感じさせませんか?
そんな印象で使い分けているだけにすぎません

時折『最近の歌は何を歌っているかわからん』等と
嘆く声も聞かれますけど、
歌詞カードを見ると綺麗な日本語に出会うが多いです

言葉を扱う方ほど使い分ける楽しさを知っているのかもしれませんね

Posted by: 章仁 | September 07, 2005 at 09:44 AM

本日、Zaurusでニュースを見る手法をブログに載せてみました。
参考になれば幸いです

Posted by: 栗坊 | September 07, 2005 at 09:47 AM

>>言葉を扱う方ほど使い分ける楽しさ
>>を知っているのかもしれませんね

なるほど、きっとそうなんでしょうね。
「もっと日本語を大切に」なんてどっかの先生
みたいな事は申しませんが(笑)
僭越ながら「楽しむ事」を常とするわたしは
PDAなどのデジタル物も料理もそして言葉も
(多分“人生そのものも”)「どうせなら楽し
もうょっ」っていうスタンスなので(笑)

ただ、最近の歌謡曲は
「あたしこんな言葉知ってるの」とこれ見よがし
に古語が乱用されています。
例えば...
「誘う(いざなう)」なんて口語じゃないんですょ(苦笑)
だから
「誘って~」という使い方は本来間違い。

詩なら詩歌言葉、口語なら語り口調が音楽
として完成された趣ですから、それが混在
している現代大衆音楽もちょっとアレですし、
結局“何か雰囲気で盛り込んでみた”という
きらいがどうしてもわたしはPass。
まぁ、用法が間違いでも美しい漢字言葉が
記憶として語り継がれるのは悪い事じゃな
いんですけど。


Posted by: 高田潜水艦 | September 07, 2005 at 10:36 AM

栗坊さん
情報発信ありがとうございます
週末ゆっくり拝見させて頂くとです

高田潜水艦さん
美しい漢字、言葉の継承はどんな形であれ
僕は良い事だと思っています
そこから興味をもって、綺麗な日本語の数々が広がっていけばいいですね

最近では浴衣のアレンジが若い方(こんな言い方か…)に流行っていて
40代のおば様からは眉をひそめられているのを見ましたが

これも意外とご高齢の方には好評のようです
僕らが目くじらを立てる程のことではないかもしれませんね
形はどうあれ残っていってくれていることの方が嬉しいです
余程汚さなければ、ですけど…

Posted by: 章仁 | September 07, 2005 at 11:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/5824482

Listed below are links to weblogs that reference データ管理に英単語、伝える言葉に漢字を使う:

« ZaurusSL-C860でプレゼン練習 | Main | 今年は節目の年−20万アクセス突破 »