« この10年でWindowsのUIは進化したのか | Main | 道具に、人に感謝する »

September 09, 2005

今回のプレゼン資料イメージ(雰囲気ね)

鎖棘さん(すごい名前ッスね)はじめまして

> 実はこれから僕もプレゼンしなくちゃいけないんですけど
> 資料のイメージが全くわかないんですよ
> なんかひたすら文章打ってしまって、これじゃ章仁さんの言う
> 台本みたいになっちゃって
> 良ければどんな資料を作ったのか雰囲気だけでも教えて下さい

メール文章途中省略しましたけど、取りあえずリクエスト通り雰囲気をば

prezen

<資料作成時の注意>

プレゼン資料にセリフは極力入れずに『だから何?』という部分は
なるべく言葉で説明するようにします
そうじゃないと当日資料を読むだけになっちゃいますもんね

むしろ相手にメモを書き込ませる位の不親切さでいいと思います
イメージを見ていただければお分かりの通り、殆どグラフとイラストで
文章オンリーのシートはありません

色は単純にしておかないと、自分でも咄嗟にルールが思い出せなくなるので
赤、青、黄を多用した方が便利だと感じます

<当日の注意>

PCでプレゼンする場合は、スライドの順番に説明していけばいいのですが
資料をプリントアウトして先方に配る場合は、
ページをあちこちめくらせるように誘導した方が相手に退屈させずに済みます

僕のように台本を事前に作っていると、当日紙に目線が行きがちですけど
なるべく相手の表情を見ながら進行するようにしないと
『空気』が読めずに空回りしてしまうかもしれません

時にはセリフや進行ぶっ飛んでもいいので、相手と会話を試みましょう!

資料も大事だけど結局は『いかに説得するか』なので、プレゼンはあくまでも手段
プレゼン資料を見せる事が目的ではない事を意識していれば大丈夫っすよ

最初のプレゼンって緊張すると思いますけど、色々な人に相談してみてくださいね

←ブログランキングにご協力お願いします!

|

« この10年でWindowsのUIは進化したのか | Main | 道具に、人に感謝する »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/5860428

Listed below are links to weblogs that reference 今回のプレゼン資料イメージ(雰囲気ね):

« この10年でWindowsのUIは進化したのか | Main | 道具に、人に感謝する »