« January 2006 | Main | March 2006 »

February 28, 2006

Vodafone904SH発表に思う(ガジェットデザインへの個人的要望)

本日、vodafoneからようやく904SHが発表になりましたね

17_thumb29227

●過去記事<これがV904SH…ですか?>
http://easyrider.air-nifty.com/pocketbook/2005/12/v904sh_ac03.html
●過去記事<vodafoneから新機種&新サービス発表>
http://easyrider.air-nifty.com/pocketbook/2006/01/vodafone_efe2.html

●ケータイWatch;VGA液晶搭載の「904SH」を4月下旬以降に発売
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/28007.html

詳しくは上記のサイトをご覧頂くとして、ボク的にチェックしたポイントのみご紹介

・QVGA液晶に比べ、面積にして約4倍の情報表示が可能なVGA液晶搭載
・背面にはモノクロサブディスプレイを備え、回転2軸ヒンジを搭載
・GPS機能Vodafone live! NAVIを搭載
・ナビ機能はモーションコントロールセンサーと連動して地図のヘディングアップ表示が可能
・Bluetooth機能を利用して、チャットやネットワーク対戦ゲームを楽しめる「ちかチャット」対応

と、諸々機能が先行しがちだったモーションコントロールセンサーやBluetooth、
さらにVGAならでは、を活かすサービスを搭載しての登場になりました

重さは151gと前作903SHと比べれば3gアップのみ
記事に無い部分で興味を持っているのは、PIM機能がVGAを活かす作りになっているか、
ってトコでしょうかね…デザインはシンプルで悪くはないと個人的には思います

で、実はボクはそれ程ケータイの買替えに熱心でないのは皆様ご承知の通りですが
PDA、カメラ、万年筆…等々とどこが違うのかと考えてみるに
『無意味にいじれるパーツが少ないから』かもしれないな…と、思い当たりました

以前<ンニー製品が手に馴染む>でも冗談半分書いたんですけど
CLIEのジョグや回転カメラの部分を回すのは、FZ30のズームリングを回すのに似て
『ついついいじっちゃう』という、
常日頃手放せない道具としては大事なポイントなのではないかと感じたわけです

ケータイは常に電源の入っている機械だし、あの小ささに無意味なアクション-遊びを
要求するのは酷かもしれないけど、
カミさんがヒマな時に802SEのカメラ部分をくりくりやっているのを見ると
案外この『感覚的』な部分も、道具との親密度を増すには不可欠な要因かもしれないな、
と思いましたとさ

←ブログランキングにご協力お願いします!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

CLIEでのスケジュール管理メリットを活かす

PalmOS機とLXでスケジュール管理を始めたのは、2001年
だからここ、札幌に着任してからの丸四年間の入力内容は
全て問われればすぐにCLIEで閲覧、検索できるわけだ
cliekaigi

昨日も本社の担当者と打ち合わせの際、
『どの位までに商談資料が必要?』
と問われた際に、検索機能を使って過去商談日程を調べ、

『例年はこの頃に商談を行なっているので、その頃までに』
と回答することができたし、
ある程度毎年繰り返す大きな予定は既に仮予定として登録してある
決定したらそれを正式な日時に移動して、頭につけてある『仮)』を外せばいいだけだ

仕事に関わる様々な予定をある程度予測できるというこの快適さは
自分自身がスケジュールを組み立てている、という感じがするし、

どこかで過密スケジュールになってしまうとしても
(自分で組んだスケジュールだから仕方無い)と、どこかで諦めをつけられる
PDAでスケジュール管理を行なうメリットは、過去データの蓄積ではなく
スケジュールを自分の思うようにコントロールする為のツールにできる点にある

目的とツールメリットは混同しないようにしないとね

←ブログランキングにご協力お願いします!

| | Comments (2) | TrackBack (1)

February 27, 2006

これぞ、わらしべ長者でしょうか

todokichiさんから先日のペリカン フューチャーの件
僕が我侭言ってリクエストさせて頂いた『パンネル』のパンが届きました
pannneru

※僕以上にパン好きなカミさんが狂喜乱舞の上、写メしてきた画像です

関西での勤務時代に、ほぼ毎週末バイクで買いに行ったなぁ…
ここの食パンってふっくらもちもちで、一度食べたら病みつきになる事間違い無し!
今回代金お振込みの方が楽だったのに…無理言ってスイマセンでした>Todokichiさん

←ブログランキングにご協力お願いします!

※パンネルホームページ→http://www.pannell.co.jp/tempo.htm

| | Comments (2) | TrackBack (1)

咄嗟の作業にZaurusのHDDが活きる

空港にて、取引先と数値をお互い確認すべき案件が急遽発生

Zaurusに入っていた商談記録をSDカードに落とし、
先方のmobilePC BIBLOで作成したデータと組合せ、
さらにZaurusに戻して、加工・修正
fujituu
※先方に確認してもらっている間に、ケータイカメラで撮影(ブレた…)

休日だからお互い事前に準備も何もしていない状態だったけど
Zaurusの広大な4GHDDに何の気なしに入れておいた最新情報が
ここで役に立ったのでした

気持ち良く休日仕事を終われて何より何より…Zaurus様々ですね

←ブログランキングにご協力お願いします!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 26, 2006

継続はチカラだ、財産だ

過去の仕事のご縁で、今も大変お世話になっている方から
約一年ぶりのご連絡を頂戴し、札幌グランドホテルで開催中の
脇屋友詞with鈴木裕一郎『ヌーベル・シノワの世界』
に、カミさんともども招待して頂いた
2006226_001
同じ席には、北海道のTV番組にも良くご出演なさっている、
道内有名ホテルの副料理長殿もいらっしゃったので、
美味しい食事を堪能しながら、調理時の御苦労、解説も伺えて
一粒で二度も三度も美味しく楽しめるひとときとなった

ご招待して下さった方は、メニューレシピカード『クックメール』を
28年間発行し続けている料理新聞社の社長様
※関東圏スーパー店頭で広く配布されています

28年間、毎月二回あれだけのレシピを開発し、作成し、撮影し、
営業活動、啓蒙活動を怠らないその姿勢とパワフルさには本当に頭が下がる
※実際にお会いするとついつい憎まれ口をたたいてしまうけど

睡眠、食事以外に28年間続けているモノが無い僕が、素直に
その継続の秘訣を伺うと、『そりゃぁ読者の声よ』と、単純明快な回答
でも、期待に応え続けるってそんな一口で返せる程簡単じゃないよね
僕なんてこのブログを日々継続するのにだって、無理があるというのに…
2006226_003
で、この日の感動を記憶、記録に残すべく(という言い訳の元)
本日のレシピにお二人のサインを頂戴したので、
長江健次氏に続き、ほぼ日手帳に貼り付けておこうと思います

なんか…どんどんミーハーな手帳になっていくな(汗)


| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 25, 2006

AIR MAILが続々と届いてます

親戚の一部、そして我が家にようやくイタリアからAir Mailが到着
airmail

但し大部分がまだ未着の模様
届いた人を数えてみれば、ヒルトンホテルのロビーから出した人ばかりで
ヴェローナ、トリノから出した人はどうやらまだ届いていないようだ

AIR MAILなんて出したのは実に久しぶりだけど(海外自体…ね)
簡単に出せるもんですねぇ

宛先上部に『VIA AIR MAIL』を赤字で記載
住所の株に『TOKYO , JAPAN』
後は0,8ユーロの切手を貼って投函…で良い筈なんだけどな

まぁ、気長に待ってみますか

←ブログランキングにも気長に付き合ってね

| | Comments (4) | TrackBack (0)

モンブラン万年筆 ジェネレーション

昨日、久しぶりにミニ檸檬の話題で白鳥さんに返信をしていると、
イエローな万年筆に急に興味が湧き、他にはどんな万年筆があるんやろ、
と深夜仕事の息抜きにサイト検索してみました…すると



へぇ~…モンブランからこんなカジュアルな万年筆が出ていたんですね
love-montblancさん、ご存知でした?
お値段は手頃、もといカジュアルな割には若干高いけど
無理すれば小遣いで買えてしまうこの設定には悩まされるなぁ…

←ブログランキングにご協力お願いします!


| | Comments (75) | TrackBack (1)

February 24, 2006

朝はなんとなくCLIEな気分…

朝一番のブログ巡回はZaurus&KWINSを使って行ない、
短い通勤電車内で一気に閲覧しているけど

会社のそばの喫茶店でこのブログ記事を書く時は
なぜかCLIE NX73Vの使いにくいキーボードを使って入力している
DSC00030

EIJ氏作のu*Blogを使って文章を綴り、アップロードもBluetoothアダプタ経由でOK
眼下を走る路面電車を眺めながら、炒れたての珈琲を啜り、
両手でCLIEを抱えてのんびり文章を考える時間は、たった30分程度だけど
すごく『自分の時間』を過ごしている感じがする

一日の始まりを会社に奪われないこの流れは大変気持ちいい
自分で時間をコントロールしている感じがするからだろう(気の持ちようだね)
多分北海道だからこそ、できる時間管理方法かもしれないけど
なるべく一日の中で『自分の時間』を実感できる場所だけは今後も確保していきたい

←ブログランキングにご協力お願いします!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 23, 2006

Todokichiさん家にペリカン到着

Todokichiさんトコに発送した万年筆Pelikan Futureが
無事お手元に届いたようです

●北海道より到着しました
http://todokichi.net/blog/2006/02/post_151.html
todokichi

早速中身も確かめて頂き、商品も無事だったようで一安心しました
それにしても以前LAMY限定色オレンジの騒動でも思いましたが
北海道って話題の品が意外と在庫豊富にあったりするんで驚きますね

がじぇいる(はてな版)のゆーまさんが狙っていると噂の
Boblbee ANIARAも年始頃だったかな…?あっさり買えてしまったし
bobaniara

今月初めに書店をうろついていたら、
まだこの雑誌が一冊あったんでついつい保護してあげてしまったり
lkapita
※欲しい方に差し上げますよ?←(追記)行き先決定しました♪

懐深い北海道だからこそ、なんでしょうか
それとも意外とアバウトな性格の道民気質から来る
需給バランスのアンマッチなんでしょうか…?

まー、最初の話に戻りますけどとにかく安心しました
ご報告エントリわざわざありがとうございます>Todokichiさん

※ボクのお願い=我侭はいつでもいいので、無理しないでくださいねー

←ブログランキングにご協力お願いします!

| | Comments (11) | TrackBack (1)

デジカメのシェアリング

今、ボクはデジカメ機能を常に三つ持ち運んでいる事になる
一つは社長賞景品として、以前に会社から頂戴したデジカメ
SONY Cyber-shot DSC-L1
お亡くなりになったU20の後継として活躍してくれている
DSC06226

最近は取材記事に添える資料写真を撮影するのにも
活躍してくれているけど、コイツの役目は主に街のスナップ撮影
300万画素に設定して気になる街の風景を撮り、
ハガキサイズに印刷して適当に知人へ出しまくっているわけだ

なお、ボクはこれまでQV10を皮切りに色々使ってきたけど
コイツは何気にモノクロ写真が一番雰囲気良く撮れると思う
DSC00011

専門用語はわからないけど、
カラーに無いモノクロ特有の寒々しい雰囲気が演出できる
だから出張等で『嗚呼、もうここには二度と来ないんだろな』なんて
おセンチな気分でその地を撮るにもピッタリだ

話変わってCLIE NX73Vに備わっているデジカメ
35万31万画素だけどビジネス用途にはこれで充分
人物メモ、店での陳列状況報告用、アイデアスナップに活用している
DSC00029

このカメラのメリットはなんと言ってもさりげなさ

本体のカラーに紛れてレンズが目立たないので、
初対面の相手を会話しながらCLIE NX73Vにメモするふりをして
えい、と撮影してしまえば、帰ってから名刺の整理もしやすいわけだ
レンズが自由に回転してくれるので、手元も不自然にならないしね

また、会社ケータイV804SHには200万画素のデジカメが備わっているけど
ボクは敢えて240*320、もしくは640*480のサイズに設定して使っている
DSC00028

ケータイカメラを用いるシーンは、雰囲気を伝える事が主目的だし
あまり大きなサイズで撮影しても、相手のケータイの機種によっては
結局この程度にリサイズされちゃう場合もあるからね

最後に普段は持ち歩かないけど、休日は必ず車に積んでいるデジカメ
Panasonic LUMIX FZ30
800万画素、15倍12倍光学手動ズーム、光学液晶ビューファインダー搭載のまさしく『カメラ』
V8020226

目的はL1と同じく絵葉書用のスナップ、人物、デザート撮影…等々
なんだけど、それ以前にカメラの機能を使って遊ぶ事自体が目的だ
スローシャッターや絞りの調整、夜の光を止めたり流したり、
時間を止めたり、連写機能で思いもよらない表情を押さえたり、と
価格こそ高額だったものの、
『カメラを通した世界の演出』に独りご満悦
これぞまさしく道具が目的になっちゃった例だけど、
手帳と違って、仕事じゃないのでこれはこれでOK

上記常用三台+趣味一台のカメラシェアリングは、
それぞれ切り取る世界、切り取る目的が異なっているから
なんら違和感無く使い分けられている

今後デジカメに望むとすれば、『フィルムカメラの粒状感・立体感』
の演出かなぁ…FZ30の画像ですら時折味気無く感じてしまうのは
レコードからCDへの変換期に感じた一抹の寂しさと同じなんだろうか

← ランキングも寂しいもんです…

| | Comments (6) | TrackBack (0)

February 22, 2006

現在のシェアリンググッズ揃い踏み

喫茶店でこれだけ広げる事は滅多にありませんけど
これらがボクの使っているシェアリング手帳術の道具です

さらにこの画像を撮影しているデジカメ=サイバーショットL1と
胸ポケットに常時忍ばせているQUO VADISが加わってほぼ全部かな
2006221_001

アイテムそれぞれ購入にあたっては熟考を踏まえて厳選したので
使い初めて後悔する事は全く無く、むしろその付き合いは深まるばかり

CLIE PEG-NX73V(前機種70V)を選択する際は
デジタル手帳のメリットを最大限活かせるように
入力方法をユーザーが直観的に選択できる機種を選択するようにしました

CLIEの中でもNX73Vはボタン一つで起動できるデジカメ、ボイスメモ、
さらにテキスト入力が可能なキーボードが備わっており、
ボクの理想に非常に近い機種で満足しています

一方紙の手帳は感情記録も主な役割の一つなので、
気持ち良く使える事も購入の大きな判断基準になっています

ほぼ日手帳は一日1ページというスペースと持ち運びやすい絶妙なサイズ、
書き込みやすい方眼用紙、万年筆との相性の良さで
思ったことをつらつらと綴るには最適な手帳だと思います

また、時折思わず丸印で囲んでしまう程素敵な一言に出会えるのも
この手帳の楽しみの一つ
最近では2/18のページ下の言葉を思わず赤ペンでぐりっとチェックしました

こんな素敵な道具達を仕事に使えるんだから、
楽しんで使わなきゃ損、だし
道具の性能を引き出して己のメリットに変えたいものですね
個々の目的に適した道具を上手に使って、仕事を進めて
区切りがついたら感謝と共に手入れを行い、
上手に付き合いを深めていきませうね

← ブログランキングにもお付き合いを

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 21, 2006

Todokichiさんとの約束を果たす

先日ここで公開連絡を行なったTodokichiさんの万年筆購入依頼案件、
無事に本日公約を果たしました

http://easyrider.air-nifty.com/pocketbook/2006/02/todokichi_0b68.html
todokichi

札幌大通りの文具有名店CENTRALにて、ご依頼のカラーを購入
郵便局のエクスパックを使って、配送手配完了!

すぐに帰ればいいものを、
やはり文具店に行くとなかなかすぐには帰れないものですね
あれやこれやと目が泳いでしまいました

で…Todokichiさんには
実は料金を振り込んでもらうよりも面倒な依頼をしてしまいました
ご住所を見たらついつい懐かしくなっちゃって…楽しみ楽しみ♪

←ブログランキングにご協力お願いします!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

取材、講演・プレゼン準備、原稿一本

商談も来期を見据えてバタバタしてきたこの折、
標記の通り、この週末~週初めにかけて作業がすし詰めで
CLIEに予定を書き出すと、月~金まで8:00-25:00のぎっちり状態

こなれた作業で軽減できたとしても
全体で一時間詰められるかどうかでしょうな…

でも、こんな時でもきっちり休憩時間と昼食時間は
予定として書き出してあります
30代も半ばを過ぎると体力の衰えを感じますし、
無理して倒れて、台無しになっちゃうと本末転倒ですからね

また、『じゃぁ、そんなブログ書いてないでさっさと働けよ』と
おっしゃる貴方の気持ちもわかりますけど、一日の始まりが
仕事からじゃなくて、趣味から始まるのって気分がいいものですよ

本来の営業活動だけを行なっていたら、
決してこなかったであろう取材依頼も原稿執筆も、
このブログから派生したもので、忙しいけど有意義で楽しいものです
pea

ほぼ日手帳にグリーンのポストイットが増えるように
一日の作業配分を上手に行ない、
CLIEや、紙の手帳のメリットを活かしつつ、
シェアリング手帳術でなんとかこの繁忙期(一年中?)を乗り切って参ります

←ブログランキングにご協力お願いします!

| | Comments (2) | TrackBack (1)

February 20, 2006

職人が反応したイタリア写真は?

土曜日、久しぶりに美容院へ行き、
馴染みの店長とイタリアでの土産話で盛り上がる
彼曰く、旧い歴史を持つイタリアには、
デザインの基本が街のあちこちに溢れているんだそうだ

色彩も形もシンプルで無駄が無いのに、そこに遊び心まで持たせる余裕
そこにとてつもなく魅かれてしまうらしい
今回街のあちこちでシャッターを押したのは自分の為もあるけど
この店長に依頼された、という理由もあるのだ

そんな彼が強く反応したのがこの写真
2006215_002

デザイン云々ではなく、自分の大切な靴を預けたユーザーと
補修を任された職人との信頼関係が強く感じられるそうだ

道具を提供する側の職人の姿勢にも感銘を受けるけど
道具を道具として使い込み、傷や汚れこそ厭わないまでも
大切に、直してでも使い込もうとするユーザーの姿勢は
ボクらにも訴えるものがあるよね?

今愛用しているCLIE NX73V等のマイツールとも
このブーツのような信頼関係をゆっくり築いていきたいと改めて感じた

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 19, 2006

祝!がじぇいる70万ヒット…だけど

ボクが毎日欠かさず巡回を行っているブログの一つ、
がじぇいるが70万ヒットを達成しました
おめでとーございます
gajeiru

今回は公言せずに、密かにキリ番を狙っていたのですが
少々寝坊したら既に突破しちゃってました…残念

残念なのはもう一つ

最近の更新状況を見て、薄々気づいてはいたのですが
今後はポッドキャストに注力したいとの事で、テキストベースでの更新が
滞りがちになる旨が記載されておりました

常に何事も全力投球なゆーまさんらしく、きっちりしているなぁ、と
感心してしまったんですけど、ボクがブログを読むのって
商談の待ち時間や昼飯を注文して、来るまでの間などの隙間時間なので
テキストベースの方が好都合だったんですよね…

個人的には上記理由により残念ではありますが、
ゆーまさんの100%全力投球がポッドキャストで見られる(聞ける)という事で
そちらを楽しみにしませうね

それでは、butuyokumaniaさん、恒例お祝いバナーを一つよろしく!(丸投げかいっ)

← ボクはまだまだテキスト更新です…


| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 18, 2006

喫茶店でのんびり原稿書いてます

結局帰りの飛行機内では、原稿も書かずにほぼ爆睡だったので
他メーカーさんでの営業講習準備など全くできませんでした
そんなわけで、ただ今喫茶店『レ・リシェス』にて
大好きなケーキを頬張りながら、原稿を書いています

2006218_001

まずは講演のポイントをほぼ日手帳に書き留め、
Zaurusのメモ帳で一気にテキスト入力
時間をカウントしながら読み返して、文章量の調整をはかる

言いたい事がポイントとして最後にきちんと伝わるか、
35の若輩者が年齢の高い層に対して失礼の無い文章か、
講演先のメーカーさんの商品が間違い無いか、
そして要所要所できちんと笑いがとれているか、
をチェックして、後はきちんと頭にたたき込むだけ

本番は臨機応変対応していかなきゃなんないだろうけど
こんだけ準備しておけばなんくるないさ(沖縄弁ね)
聞いてくれる営業マンの方々が、何かを掴んでくれればいいなぁ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 17, 2006

Todokichiさんへの公開質問

油屋精進サンから帰国早々にメールが届いた

ぶしつけなお願いで恐縮ですが、そちらでしか買えない万年筆をご購入の上、
知人に送付して頂けないでしょうか?

最初この文を読んだ時、『そちら』という言葉がミラノを指しているのかと思い、
近頃書籍で話題のドルチェ・ヴィータでも買って来いという話かと思いきや
油屋精進サンがほぼ日手帳でご愛用のペリカン万年筆フューチャーの事だった

なんでもTodokichiさんがこれを買おうを関西を探したが見つからず
東京にも見当たらなくなってしまった為、北海道在住の僕に白羽の矢が立ったらしい
嗚呼なんだかLAMYオレンジの話を彷彿とさせますなぁ…

で、昼飯の時間を利用して早速店頭チェックしてみたところ無事ありますね
perikan

ただし、赤だけが欠品しているようです
青、緑、黄色が1575円、シルバーカラーのみ2100円の模様
さてさて、どの色を購入してお送りしましょうか?>Todokichiさん

※詳しくはメールにてやり取りしませう

←ブログランキングにご協力お願いします!

| | Comments (4) | TrackBack (1)

日常が戻ってきましたよ

アイデア、交渉力ともに貧困な僕が曲がりなりにも
営業マンを続けていられるのは、
多分にこの適応能力の高さが貢献してるんじゃなかろうか

イタリアの水にもあっと言う間に馴染めたし、
自分がどこにいるのか、どこへ向かっているのかもバッチリ
三日目の夜には既にお気に入りのBARを確保していて、
夜はそこで、このブログの文章を入力したりしてました

日本に戻って早二日
既に時差ボケも解消され、トークも普段通りに八割復旧

生活リズムも取り戻し、プリンスホテルを見上げながら出社して
べしゃべしゃの道路に気をつけながらも、
北海道の青空が奇麗だなぁ、とこの地の良い所に目をやってます

もちろん手帳ライフもあっと言う間に戻ってます

これまで楽しい記録ばかり書き綴ってきたほぼ日手帳には
商談記録が多く書き込まれる事になり、
Zaurusに保存されていたアドレス帳は全部削除して、
CLIE NX73Vに手帳機能を完全に移管
※個人情報保護法のリスク軽減の為ね

でも、僕の手帳は一週間前とは変わっています

長江健次氏のサインはもちろん、
深夜に独りドキドキしながら乗車した地下鉄乗車券や
お気に入りのワンショットが貼り付けられたほぼ日手帳は
もう絶対無くしたくない大事なpocketbook

また、Zaurus&CLIE NX73Vにもお気に入りの画像を壁紙にして、
気分転換に、時々変えては楽しんでいます
今回のツアーで知り合った方々の名刺はもちろん早速登録して、
休憩時間にミラノの写真を眺めながらお礼状を書きました

こーして、愛用の手帳は自分自身の経験や思いとともに、
どんどん読み返して楽しいpocketbookになっていくんですよね

←さぁ、そろそろブログランキングもよろしくね!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 16, 2006

旅で使った道具たち

今回荷物を極力減らすべく、下記アイテムに絞り込んで持参したわけだが
想像以上に使い勝手の良いシェアリングだった
V8020225

ほぼ日手帳は読み物としても、当然手帳としても大活躍だったし、
前述の通りサイン帳としても役立ってくれた
http://easyrider.air-nifty.com/pocketbook/2006/02/road_to_milano__ef2e.html

また、Zaurusは挨拶を考える際のテキスト下書き用として、
大事なお客様を撮影したSDカードのデータバックアップ用として、
さらに、テキストファイル入力→赤外線通信にて、V804SHへの転送に役立った

V804SHは、今回vodafoneのグローバル戦略の恩恵を初めて実感できた
なんら問題なく、取引先から連絡が入ってくるし(午前四時に…)
なんら問題なく、クリアな通話ができてしまうし(午前二時に…)
なんら問題なく、メール送受信ができてしまう(午前三時に…)

また、V802SHではZaurusから赤外線通信でテキストファイルを飛ばしても
文字化けしてしまって、日本語テキストが読み込めなかったのだが、
804SHでは問題無く読み込める
これを知ってからRQRではなく、この手法でテキストファイルを転送した

最後に今回のツアーで大活躍したのはデジカメのLumix FZ30
昨年購入したものだけど、今回のようなツアーでこそコイツの実力は発揮されるのだ、
と思い知った
V8020226

同行社員のカメラで収められなかった上村愛子の笑顔も産毛がわかる程
はっきり撮れたし(掲載しないけど)、ツアー客全員の集合写真も思いのまま
料理写真もバスから流れる車窓を撮るのも、咄嗟に構えてすぐに撮る事ができる

ズームが手動で行なえる事がここまでのメリットだとは思わなかったし、
ワイド画面の選択や色合いの設定、絞りやシャッタースピードの操作も心地よい
また、ミラノの街には『描きたい』と思わせるシーンが少なくないのだが、
僕が絵筆で描く代わりにこのレンズが構図を自由に選ばせてくれるのだ

だから駅で見かけた老夫婦の周りだけ時間を止めてみたり
朝もや感を強調したくて、露出や絞りの調整をしてみたり
asamoya
というような試みをやってみたくなるわけだ

500万画素(MAX800万だけど)でガンガン撮影して、
Zaurusにバックアップをとり、SDカードの掃除をして次の日に臨む、
という流れは非常に快適で、夜は自分の『作品』をトイレでZaurusを使って閲覧していた

Zaurusのフォトストレージは秀逸なソフトで
『メールに添付』というメニューを選ぶと、自動的に640*480にリサイズしてくれるのも
手軽に会社に報告メールを作成するのに使い勝手が良かった事の一つだ

いつも気楽に持ち運ぶ、というわけにはいかないが
ファインダーのついたこのハイスペックデジカメは重量を我慢しても
持ってきた甲斐があったなぁ、と今も写真を見ながらそう思う

←ブログランキングにご協力お願いします!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

ちゃお!じゃぽねーぜ

という事で、イタリアから12時間かけて無事帰国致しました。
本日だけはのんびりしようと思っていたのですが、
そうもいかず、時差ぼけの残る頭で四苦八苦しながら作業しています。

イタリアで得た価値観は今後にも大きな糧となるもので、
例えば向こうでの『グラッツェ(おおきに)』『プレーゴ(ええがな)』のやり取りは
特にいいな、と感じましたね

日本だとどうしてもとっさに『すみません』とか『どうも』で済ませてしまう事が
多いと思うんですけど、やっぱり感謝の言葉は『ありがとう』ですよね
これまでもなるべく意識して使ってきた『ありがとう』ですけど、
今後もきちんと使っていこうと改めて思いました。

また、考え方でプラスになったのは『まぁ、ここはイタリアだから』と割り切るコツ。

例えば今朝、満員の地下鉄に乗車しても、『まぁ、ここは日本だから』と穏やかになれ、
車に雪の溶けた泥をかけられても『まぁ、ここは札幌だから』と許せる気分です。
既にイラッとさせられるシーンの多かった今日の業務ですけど、
これもまた『まぁ、いつもの事だから』とイタリアで見上げた青空を思い出しながら
粛々と作業を進めています。
2006215_023

で、とりあえず今回の出張篇は『チャオ!ミラノ・トリノ』カテゴリーにまとめていきます。
写真も増やしていきますので、たまぁにチェックしてみてくださいね
http://easyrider.air-nifty.com/pocketbook/cat5462393/index.html

では、明日以降もしばらくはイタリアモードでお送りする事になると思いますが
ぼちぼち本筋に戻って参りますんで、よろしくお願いしますね!それではチャオ!

←ブログランキングにご協力お願いします!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 15, 2006

ミラノ最後の夜は静かに更けて

さて…いよいよイタリアともしばしのお別れ

昨夜は路面一つにも思いをこめながら、歴史あるイタリアの街を目に焼き付けた
道一つとってみても、歴史上の人物が歩いた、触れたと同じ道と聞くと
全く感覚が変わってくるものだよね
2006210_006  2006214_002

ツアー招待客様方も最後の一日を充分堪能したようだ
イタリアの食文化についても、比較的日本人の舌に合うという事と
メニューの広さを改めて再認識したとの事

最後に社長賞男の我侭として、ミラノで半日自由時間を貰った

ドゥオモの内部で蝋燭を購入、家族、知人全ての安らぎを祈り、
屋上でマリア像に再訪を願う
2006214_004  2006215_008

mixiで得たPizzaの有名店『スポンティーニ』は月曜定休と知っていたけど
取りあえず場所だけでも知っておきたくて訪ねてみた
2006214_006

看板を撮影した後、街を歩く若者がPizzaをテイクアウトで歩きながら
食べていたのが美味しそうだったんで、
思わず『どこで買ったの?』と話し掛けると
わざわざ店の場所まで連れていってくれて、『これがうまい』と勧めてくれた
2006214_007  2006215_005

これまでツアーで食べてきたパリパリピッツァではなく、
もっちりとした食感で、コーラに良く合う美味しさだった
若者カップルもしっかり横に座ったんで、同じ物を一緒に喰おうと提案
さらに喫茶店-BARで筆談も交えて会話した

次はもっとのんびり、こんな時間を多くとりたいなぁ、と思う

なお、今回のイタリア関連の記事は帰国後にもっと整理しますので
多少お見苦しい構成だったかもしれませんがご容赦下さい
時差ボケの残るであろう明日はお休みにして、
あさってから平常で書ければ…いいなぁ…と思っています

それでは、チャオ!

←ブログランキングにご協力お願いします!

| | Comments (6) | TrackBack (1)

February 13, 2006

Torino - スポーツに筋書きは無い

エキシビジョンでも一番元気で弾けていたのは上村選手
こーやって身体全体で出場できる喜びを表現するのは
外国人選手の方が上手いと思っていたけど、
そんなアピールのひたむきさに心から
拍手と笛を鳴らして声援を贈った
exbijon

寒さ、というより空気の冷たさで体調を崩す方も出てくる中で

決勝開始

30名から勝ち上がった20名、どの選手も大技連発
それでもスピードこそあれ、技は似たり寄ったりの物が多く、
上村選手の3D(ですよね?)が決まれば、
優勝も間違いないんじゃないか、
という気持ちが応援団に芽生え始めていた

里谷選手が心持ち不十分燃焼を感じさせつつ、
伊藤選手がここまで来た喜びを表現しつつ終えた後、

上村選手の出番

上記二選手の時もそうだったけど、決勝ではカメラを構える事すら
もったいない気がして、ひたすら両の眼で動きを追っていたけど

本当に時がゆっくりになったかのような複雑な動きの回転で
見事に着地も決め、
勝利を確信して拳とストックを何度も突き上げる上村選手
応援席の僕らも金色のメダルを確信した瞬間だった

…しかし、この時点で二位
三位までの入賞者はゴールそばの席に順番に座るのだけど
上村選手の二位がコールされた時点で三位の選手が席を立つ
この写真はその瞬間のものだ
2006212_002

さらに後半、皆様もご存じの通り二位から三位へ、
三位から四位へ、四位から五位となり、女子モーグル決勝は終わった

納得いかない思いは否定できないけど、
腹立たしさやがっかり感は観客席に不思議と漂わなかった
それはきっと上村選手の演技に、誰もが息を飲み、
彼女自身が『あれで負けたんなら仕方が無い』と、
納得していると思ったから…

帰り道はイタリアらしく、アバウトな誘導も無い状態で
大混雑になっていたけど、興奮感がまだ残っている僕にとっては
なんでもない出来事に過ぎなかった
むしろ祭りの熱気をいまだ引きずる余韻のようにすら感じた
人間は人間の熱いエネルギーにこそ魂を揺さぶられる
その事を再び実感した今回のオリンピックだった

←ブログランキングにご協力お願いします!

| | Comments (1) | TrackBack (1)

Torino - 選手の、観客の休息

予選、決勝は二時間の休憩を挟んで行われる
冷えきった身体を暖めるべく、レストハウスには長蛇の列
諦めて外の売店でホットカプチーノを両手で抱えて啜った
torino

こーいったイベント時の飲料料金は、やはりどこも同じで
ミラノ市内で1ユーロのドリンクが1.5ユーロだった
これだけ寒い場所での開催だったら、カップヌードル販売さえ
行えれば飛ぶように売れて行くんじゃないかなぁ、と
商人の発想がチラリ

予選を勝ち進んだ上原選手がゲート越しに
お母さんとにこやかに会話している姿がちらりと見えて得した気分
また、破れてしまった畑中選手が応援団とともに
爽やかに笑って写真を撮られている姿が気持ち良かった
自分はやり切った、と信じられる者だけができる笑顔…
2006212_006

澄みやかに晴れ渡った空にとばりがさし、
丁度競技場の上に綺麗な月がかかった頃、カウントダウンが終わった
いよいよ決勝大会の開始だ

←ブログランキングにご協力お願いします!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Torino - それは突然始まった

特にけたたましいファンファーレも呼びかけも無く、
大会予選は最初の選手が自然に呼び出され、
静かに戦いの幕が開かれた

応援席は国別になっているようで、
著名な芸能人、スポーツ解説者も多く見かけられたが
今日は応援に集中しなきゃ、という気持ちは同じのようで
どのお客さんもあまり、近寄ったりサインを求めたり、
という行為を行っていない事が少々嬉しかったりもする
(浜ちゃん来てたからダウンタウンDXに投稿しようかな)

日本期待の上村愛子選手の順番は思いの外早く、
安定した滑りと技で、他選手を圧倒していた感じがした
2006212_001

18歳、伊藤選手の動きは出場選手中もっとも軽やかで
フィギュアの浅田真央選手を彷彿させる

残念だったのは、里谷選手と予選落ちしてしまった畑中選手
里谷選手は最後まで身体が重そうな動きだったし、
畑中選手は素人目には上位との差が全くわからなかった程
satoya

しかし、生のスポーツ観戦って本当に楽しいし、
自分が出場するわけじゃないのに、ドキドキする
3時から始まった予選が終わった時には
思わずふぅ〜っとため息が出た程だった

←ブログランキングにご協力お願いします!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Torino - オリンピックに触れる

ミラノから高速で二時間弱、朝市などで活気付く街中を抜け、
2006212_003

さらにシャトルバスで山の上まで上がる
空港並の厳重な警戒ゲートを抜け、チケットを見せて入場し、
綺麗な氷の粒感がある舞台を眺めながらオリンピック会場を歩く

イタリアは今日も青空の広がる気持ちのいい晴天
それもこれも、この大会に挑む選手たちの日頃の努力のお陰だろう
2006212_005

あちこちでメディア取材があり、様々な言葉が飛び交っている
地元イタリアのお客さんも多いようで、子供連れで楽しんでるようだ

ボクはもっと大きな規模を想像していたので、グッズショップや
トイレ、飲食コーナーの小ささ、狭さに逆にビックリ!
どこも長蛇の列だけど、日本のドームコンサート程
びっしり並んでいる、といった感じはしない

割りとのんびり、オリンピック会場にいる、
という事を皆楽しんでいるように感じられた
で、ボクも心地よくその雰囲気に自然に飲まれてみた

←ブログランキングにご協力お願いします!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 12, 2006

Road to Torino まずは一言

日本ではどう報道されているかわからないけど
生で女子モーグル競技を観ていた限りでは、
上村愛子サンの技術と美しさが際だっていたと感じました

予選落ちした畑中選手もバックヤードで
『あたしゃ審判に嫌われてんのさ』
ガハハと笑い飛ばしてましたけど、観ている方があまり納得できなかったな…

でもホントに現場に来て楽しかったです!>オリンピック
写真付きレポはまた後でね

章仁@トリノから高速でミラノに帰っている途中

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Road To Milano 10 パルマにて

まるで北海道富良野・美瑛の様な風景が広がるパルマにて
パルミジャーノチーズ、パルマハム工場の見学を実施
2006215_025


日本の食品工場だったら、絶対ありえないけど
アバウトな鷹揚さで入室もOKだし、試食は全てワイン付き
2006215_024

塩漬けにされた豚太ももが18ヶ月をかけてようやく
パルマハムとして売りに出されるのだが、
そのあまりに吊るされている様を見ると豚太ももとは思えない
なんかイカのするめがぶら下がっているような感覚だ

ここへ来て参加者もようやく積極的にイタリア語で
話しかけようとしている
ブォーノ(うまいがな、これ)、グラッツェ(おおきに)、
プレーグォ(ええがな)、と何故か関西弁で通訳したくなる程
イタリア人の紳士は大抵明るい
※(女性は好意的な人とそうでない人に別れる感じがする)

そんな参加者のくだけた雰囲気を見て、
今回最後の夜の『さよならパーティー』企画が
まだ未定だったんだけど、ようやく一寸した事を思いついた
忘れない内に早速ほぼ日手帳に記入
何か粗が無いかどうか、早々に確認していかないといけないね

で、ここまで書いたところでバスが完全に停車

5km先で起こったトラック二台の事故の大渋滞に巻き込まれてしまった
前にも後ろにも、ぴたりとも動かない長蛇の列…

しばらくはあちこちの運転手が席から出て来て、
お互い何事かと話し合っていたようだったけど
全く動かないとわかると席を倒して眠り込む人や、
PCを後部座席から取り出してキーボードを叩き始める人…

これもまぁ、滅多にできない経験だったけどね
約1h後、徐々に動き出したけどひどいノロノロ運転
結局17時到着予定だったミラノまで戻って来たのは20:30だった

←ブログランキングにご協力お願いします!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 11, 2006

Road To Milano 9 PECKのある通り

旧くからある食料品店『PECK(ペック)』を訪れる
今では高島屋などにも入っているらしいけど
やはり本店の雰囲気はいいでさーね
2006210_002

店内撮影禁止の為、雰囲気を伝えづらいのですが
お総菜コーナーも充実してるし(単位がkg当たりなんですが)
野菜は磨き上げたのか、と思うほどテカテカしてるし
100万円のワイン詰め合わせなど、突拍子の無い物まであって
なかなか楽しめました

でも一番残念だったのは、美味しそうなハムが持ち帰れない事
うまそーなんだ、これが…

←ブログランキングにご協力お願いします!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Road To Milano 8 深夜のお散歩

21時頃解散してからはさすがにボクも自由時間
がっつり食った分を、部屋に戻ってがっつり出してから
地下鉄に独り乗車して、昼間に行ったドゥオモを訪ねる
2006210_005

中には入れないけど、月に照らされた建物は本当に綺麗で
真の姿はこちらなんじゃないかと思うほど
これまたぼーっといつまでも眺めていたい気持ちだった
2006210_004

ギャレリアは若者カップル同士が手をつないで歩く姿が多く、
床レリーフの牡牛の股間を踵で踏んでくりんと回っては
ケラケラ笑っていましたよ
2006215_031
※願いが叶う、というジンクスがあるんですよね?

部屋に戻るともう深夜0時を回っていました
時間を忘れるくらい夜も絵になる街ですね、ミラノは

←ブログランキングにご協力お願いします!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 10, 2006

Road To Milano 7 土産に軽く悩む

30分程の空き時間を利用して、カミさんや婆ちゃん、
餞別を下さった方々のお土産を軽くチェック
もちろんモンブランショップにも立ち寄りましたが
お目当ての『グレタ・ガルボコレクション』が残念ながら
ありませんでした…大体5000円安いみたいでしたね

で、ミラノ中央駅構内のショップで、
ロディアのように『ビッ』と切って外せるメモ帳を発見
1ユーロ=150円程度なので、充分値段に見合ってると判断
この無意味なデザインもまたイタリアっぽくないっすか?
2006210_008

ついでに書店に入るとこんな可愛いクリップ発見
思わず小銭集めて買っちゃいました
これで社内へのお礼はいいかなー?
2006213_001

なお、お土産グッズで良く見かけたのは『ルパン三世』
そして『ポケモン』だったりします(汗)
夜中に外出して、現地の新聞を買い求めた時も
そこにも銭形のとっつあん、次元、ルパンのバッチがあったので

店員に『ルパン The III♪』と指さしながら
オープニングを軽く歌うと、急に目を輝かせて
『イエス、ルルルルルッパーン(舌巻過ぎだって)』とのたまい、

さらにボクがジャポネーゼと確認するや
『ポケモン』『キャプテン????(翼、かなぁ)』
『マッズィーンガー(マジンガーZ?)』
『ドゥラララッゴーンバゥールルル(ドラゴンボール)』
とひたすらマンガのタイトルを連呼

最後に似てないルパンの似顔絵と、自信作のドラえもんを
ほぼ日に挟み込んでいたポストイットに描いて渡すと
『グラッツィエ(あんがと)』と投げキスを頂戴して別れたのでした

…おれ、この国でも暮らしていけるかも(な、わけはない

←ブログランキングにご協力お願いします!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Road To Milano 6 ドゥオモ

今回は業務半ばなので仕方ないんだけど、
全ての観光地を五分程度でサクサク周ってしまう為、
(もっとゆっくり観たいな)
と思っても容赦なく、軍隊は先に進んでしまう

特にドゥオモは中で丸一日過ごしてもいいと思うほど
僕にとっては居心地のいい場所なだけに
ほぼスルーなのが残念で仕方がない
まぁ、カミさんと一緒にまた来ればいいよね?
2006210_001

※今回は『世界遺産』風にワイド画面で撮影してみました

←ブログランキングにご協力お願いします!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Road To Milano 5 ミラノ中央駅

ミラノで写真を撮るとなると、ドゥオモかここか、という程印象の強いミラノ中央駅
旅立ちを待つ、乗客で混みあっています
200629_004

こーゆートコに来るとやっぱりセピアモードで撮影したくなりますねー
人々がせわしく動くその中で、老夫婦がじっと掲示板を見上げている姿が印象的で
ついついスローシャッターにして、二人の周りだけ時を止めてみました
2006215_020

中央駅周辺をその後ぷらぷらしていたんですけど
東京の八重洲中央口付近にそっくりですねぇ
スーツのプライス統一ショップや本屋、100円ショップのノリの店、マクドもあり、
ホントに雰囲気が似ているなぁ、という感じでした
2006215_036

早速その中の一軒で絵葉書を購入
婆ちゃんに向けてAIR Mailを書き、ホテルで投函しました…

←ブログランキングにご協力お願いします!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 09, 2006

Road To Milano 4 Hilton

ご報告忘れておりましたが、無線LAN設備は簡単に使えます
無線LANカードを差し込み、接続を選び、Netfrontを立ち上げる
たったこれだけの手続きで、クレジットカード決済の
申し込み画面までいきましたよ〜
200629_003

なお、こちらの説明書には全て『PC/PDA』と記載されており、
日本国内と違って『PDA』という単語に
ビジネスツールにおける市民権が得られているように感じました
ちと羨ましい…

←ブログランキングにご協力お願いします!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Road To Milano 3 Hilton Milanより

ただ今ミラノの現地時間は2/8 22:32
日本ではそろそろ起きている方が多い中
僕は深夜のミラノの徘徊をいい加減やめて、
そろそろベッドに潜り込もうとしています
時差ボケでなかなか寝付けないかもしれないな…
200629_002

一日目のミラノの夜の印象は
オレンジ色の街灯から連想される、札幌の夜に似た寂しさと暖かさ
神戸の街に似た、古さをそのまま活かした建物と新しさとの融合、
東京都心部オフィス街のような、空虚なほどの人気の無さ
といった感じです…伝わるかな?

なお、こちらの車では必ずと言っていいほど
運転席でケータイを見ながらハンドル操作を片手でしているようです
荒っぽい運転で、散歩中何度もブレーキ音がしましたが
事故には至ってないんですかねぇ

さて…そんなわけで取り留めもなく、皆様おやすみなさい

←ブログランキングにご協力お願いします!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Road To Milano 2 機中12時間の旅

機内は一つの席の空きも無い状態で寝るに寝られず
ホントに疲れましたが、無事現地時間の17時半頃着陸

映画鑑賞が趣味のボクですが
男たちの大和、僕の彼女を紹介します、…と
四、五本観るとさすがにお腹一杯ですねい

ビックリしたのはオリンピック代表選手団も
同じくエコノミーでの移動なんですね!
これじゃ試合前にバテちゃいそうだと心配になりました

なお、ボクの隣には今オリンピック選手団コーチとして
ご参加の長江健次さんが座ってらっしゃいました
nagae

『芸能人がコーチになるっちゅう事で少しでも注目されればええな思て』

非常に礼儀正しく、何かにつけてお礼を言ってました
思わずほぼ日手帳にサイン書いて頂いちゃいました
なんかこれでまたほぼ日手帳への愛着が増した気がします

←ブログランキングにご協力お願いします!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

February 08, 2006

Road To Milano 1 ホテル日航成田

久しぶりにケータイからのモブログ投稿テストです
画像は640*480サイズで添付してみました
jalnarita

なお、このホテルはホントにワールドワイドな宿泊客で
朝食を食べながらCLIE NX70Vを片手で使っている
アメリカ人…かな?、を見かけました
日本人がやるのと違って、何故にこうも様になるんだろ

※末筆ながらこの文章はRQR on Zaurusで作成しました

←ブログランキングにご協力お願いします!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 06, 2006

イタリア往復の飛行機内でやりたい事

仕事で行く、と思うと気が滅入っちゃうし
せっかく割り切ってこのツアーを楽しむ、と決めたんだから
機中もそれなりに充実した時間を過ごしたいものです

取りあえず、今考えているのは…
1.とにかく寝る(機中はさすがにケータイOFFだもんね、へへん♪)
2.白夜行を一気読み!(あーゆー分厚い本をひたすら読めるなんて…)
3.手帳の整理(Zaurusの予定表++に転記して、後でCLIE NX73Vに流し込む)
4.帰国後のプレゼン、講演の骨子を考える(これは…帰りにしよう)

そりゃそーと、喫茶店も無い12時間なんて、
ここ数年間で初めてじゃないだろーか
カミさんの飯を食わない一週間ってのも結婚してから初めてかもしれない
戻って来たら、どれもが有り難いモノだと再確認しそうだなぁ

じゃ、明日からちょっくら行って来ます!

← ボクの不在中もクリックよろしくね!

| | Comments (15) | TrackBack (0)

February 05, 2006

旅の間の通信道具

チョットした仕事のメールは全てRQR on ZaurusにてQRコードを作成し、
Vodafone804SHから発信しようと思っています
ホテルに無線LANが備わっていればいいけど、そうそう甘くは無いと思うので…
rqr

※氏家先生、素晴らしいソフトを本当にありがとうございます

クリエも持参すればBluetoothアダプタ経由で通信できるのはわかっているんですけど
あまり手荷物を増やしたくないので、一応オールマイティーにこなせるZaurus一台にしようかと
ちゃんとスケジュールもアドレスもメモもPC経由でミラーリングしましたしね

まぁ、どーしても取引先に送信しなきゃいけないファイルが出てきたら
会社にメールして代理に発信してもらえばいいし
これが一応チーム形式で仕事を行なうサラリーマンの便利なトコロです

ところで、QRコードの認識なんですけど、
802SHに比べて804SHは随分高速化された気がするんですけどどーなんでしょ
rqr2

以前は結構ピシッとはまらないと認識してくれなかったのに
随分甘い角度で捕捉しても、充分認識してくれます
802SHの数少ない不満の一つだっただけに、この進化も嬉しい限りですね

…と、いう事で仕事で行く旅の為あまり通信はできないかもしれませんがご容赦を!

←ブログランキングにご協力お願いします!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 04, 2006

Zaurusで手紙の下書き中

旅発つ前に、と婆ちゃんに向けて手紙の文章を考えています

丁度、雪まつり準備真っ盛りの写真を撮ったので
これをハガキサイズで現像しておきました
060203syame2

いつもの鳩居堂の葉書よりも書ける文字数が少ない分、
写メール感覚で気軽にメッセージを伝えられるのが
写真ハガキのいいところですね

060203syame

下書きにはZaurusのMemoでフォントを24Dotに調整、
10行程度の文章で丁度最下段まで来る文章量でしたよ
これなら、スラスラと言葉が綴れますよね

すぐに伝えたい風景ではないのなら、
たまにはケータイで撮影した画像に手書きのメッセージで
誰か、にゆっくり手紙で送ってみませんか?
地方切手も様々あるので、それを選ぶ楽しみもありますよー

←留守中もブログランキングにご協力お願いしますネ!

※追伸
旅の間、更新は行なわないつもりです(写メ程度を予定)
また、コメントやトラックバックにも反応できませんが、ご了承下さいませ <(__)>
2/16よりイタリア語にて平常営業の予定でございます(うっそーん)

| | Comments (8) | TrackBack (1)

February 03, 2006

BLUETOOTHで繋ぐ見えない線

以前、赤外線アダプタをケータイに付けて、
クリエの赤外線ポートと向かい合わせたり、ケーブル経由で行なっていた
ケータイ&PDAの通信ですけど、今やこんなにフリーなんですよね…
bluetooth2

もちろん、自分のケータイ802SHでできていた事が
804SHで出来ないわけはありませんでした
すぐに相手を見つけて、周辺機器として認識してくれましたよ
bluetooth3

早速仕事の報告メールをクリエ&BLUETOOTHアダプタ経由で送信
接続も切断もクリエから行なえて、まるで自身に通信機能が備わったかのようです
UX50ならアダプタ不要でできちゃいますね

この非常に便利なBluetooth通信、
ZaurusならCFカード経由でできるらしいんですが…
残念ながら旅行前にそこまで調べる余裕がありませんでした
いずれゆっくり挑戦したいと思います

さてさて…会社に戻って旅立つ前の残務処理をこなしますかね
マイmixiの皆さん、ボクの深夜まで至る愚痴につきあってくださいねー(書く間も無いか…)

←ブログランキングにご協力お願いします!

追伸
一応赤外線ポート経由で通信できないかどうかチョット試したのは内緒です(玉砕)


| | Comments (3) | TrackBack (0)

Zaurus SL-C3100のいいトコ Part2

まず嬉しかったのはNetfrontのVersionの上がったせいか、
それとも広大な記憶容量のお陰か
オートクルーズの巡回が非常に安定しているコト
調子に乗って、860の巡回先より大幅に増やしてしまいました

SDカードスロットが前面になったのも実はメリットかも
860を通勤電車で閲覧していて、何かの拍子に半分SDが飛び出してた事が
あったので、すぐに確認できる位置にある、というのは嬉しいです

また、860を机で使用している時、ある程度の角度まで蓋を開けてしまうと
自動的にパカンッと180度開いてしまう事が多かったんですが
3100では比較的それが穏やかなのも良いですね

逆に今少々気になるのは、キーボード部の縁取りが高すぎて、
何となくお椀に指を突っ込んで打っているような感覚になるトコロ
まぁ、きっとこれも慣れてくれば気にならなくなるんでしょうけど

今は音楽からムービーから仕事のファイルから
残り容量を全く気にせずガンガンコピーして持ち歩いています
ちなみに以前、

●貴方の外出先に4Gは必要ですか?、と書いた僕ですが
http://easyrider.air-nifty.com/pocketbook/2005/03/zaurus_slc1000.html

普段はズボラだけど仕事の上では心配性、な僕にはピッタリですね
作成したお見積や提出書類、プレゼン資料等々…全部最新ファイルを
SDカード経由でCOPYして使っています

なお、以前会社の先輩が3100を欲しがっていたので
ポータブルHDDとしての使いやすさをメールしたところ、相当羨ましがってました
相変わらずデジカメ一眼レフにはまっているようで…
当分新型も出ないかもしれないし、買っちゃえ!と背中を押しておく(笑)

●ギガザウの使い方色々
http://easyrider.air-nifty.com/pocketbook/2005/03/post_4.html

←ブログランキングにご協力お願いします!

追伸
とはいえ、もうすぐ新入社員向け商品が色々発表になる時期ですよね…
新型Zaurusは予定に入っているのかな?

| | Comments (3) | TrackBack (1)

February 02, 2006

V804SH、我が手に来たる

海外出張の関係で、機種変更を社内申請していたのですが
無事認可されて、本日おニューのvodafone 3Gケータイが到着しました

さすがに機種指定はできなかったので、
kikuさんオススメの903T入手は残念ながらできませんでしたけど
http://easyrider.air-nifty.com/pocketbook/2006/01/vodafone3g_dce1.html#comments

なんと最新機種のコイツ-V804SHがやってきましたよッ!>はりーさん
0131v804sh

ボクの持っているV802SHと比べると、厚みも表面積も随分軽くなりましたね
0131v804sh4

デザイン的には無骨なV802SHの方が実は好みだったりしますし
マルチボタンが小さくなってしまって操作しづらいし、
これまでのSDカードではなく、mini SDになってしまった事が
残念だったりもするんですけど…
0131v804sh2

ディスプレイよりも底部が広いので持ちやすいし、開けやすい
操作に対する反応速度が速い気もするし
小さいけれども付いているサブディスプレイもあると便利

何よりサンクスに行っておサイフケータイの便利さをチョットだけ味わってみたい
(しゃりーん♪、って一度だけやってみたかった)
0131v804sh3

仕事で貸与されているだけですけど、
なんか今回の社長賞で実はこれが一番嬉しい副賞だったかもー(をい)

で、早速vodafone804SHの情報を探るべく、mixiのvodafoneコミュニティに加入

●vodafoneユーザー集まれ♪
http://mixi.jp/view_community.pl?id=701

そこで、機種情報以外にも『jigブラウザがvodafone3Gにも対応』という記事を発見
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=4303127&comm_id=701

さらに読み進めるとフルブラウザを利用しなくても、
たまに閲覧する程度ならぐるっぽ、という便利なサービスがある事を知りました
●ぐるっぽ - 無料で使える携帯便利機能 - 【Lupo.jp】
http://lupo.jp/

昨日はショップで電話番号を移してきただけなので、
これらのサービスも含め、使い込んでみて新しい発見があったら、改めてレポートしますね

←ブログランキングにご協力お願いします!

| | Comments (7) | TrackBack (0)

February 01, 2006

おなら出ちゃっ太さんからのプレゼント

イタリア トリノ・ミラノへの旅が決まった時、以前からお世話になっている
Mr.手帳魔、Mr.自己管理求道者、とも言うべき先輩
おなら出ちゃっ太さん(お名前がオチになっている…)より
換算電卓の提供のお話を頂戴しました

おなら出ちゃっ太さんからは以前、
スタイラス&ボールペンの複合筆記具も頂戴しており、
http://easyrider.air-nifty.com/pocketbook/2005/01/post_23.html
ホントに小樽方面に足を向けて寝られません(-o-)zzzZZZ(←お約束)

封筒を開けると、丁寧に書かれた手紙とともにLEXONのマークが入った箱が…
060201LEXON

開封してみると、出てきたのはLEXON LC34Eという『商品』でした
※無償配布品じゃないじゃないですかー
フランスの香り漂う、決して派手ではないしっとりしたイエローカラーです
060201lexon

ちなみに、(この蓋どーやって開けるんだろう?)と思わず壊しかけたのは内緒です
So505iのリボルバースタイルのように回転式に開けるんですね
060201lexon

なんか…バイヤーに差し上げるのが勿体無くなってしまう程
お洒落な道具、文房具でした
おなら出ちゃっ太さん、ここでも改めて御礼申し上げます

←ブログランキングにご協力お願いします!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Zaurus SL-C3100の良いトコ

ボクにとって、860と比べてスッゲー嬉しい機能進化が一つありました
それはメールの添付ファイル選択時のこの画面にあります

060131scrn003
860ではこの(↑)様に、SDだろうが本体内ファイルだろうが
場所を構わず、添付できるファイルを一気に一覧化されてしまい、
ファイル別にできるとはいえ、目的のファイルを探すのが非常に面倒だったのですが…

060131scrn002
3100ではこの(↑)様に、ファイルの場所を探す事ができるんです
ファイルをフォルダ別で管理しているボクにとっては、これが非常にありがたい!
また、860では添付ファイルがアプリで扱えるデータに限られていたんですけど
3100のメーラーでは筆まめのデータまで添付、送信できちゃいました…便利だ

恐らくHDDを搭載した影響もあって、ユーザーが保有するファイル数も多くなるだろう、
という使用シーン想定からこの様な仕様変更になったのだと思うのですが、
こんなトコからもユーザー目線を感じられますよね
シャープ、Zaurus開発陣に改めて好感を持ってしまいました

追伸
3000のメーラーでは同様の事が出来ないのだ、とekageさんから伺いました
ポンちゃんさんも購入検討の折にはご参考にして下さいませ

←ブログランキングにご協力お願いします!

| | Comments (4) | TrackBack (1)

« January 2006 | Main | March 2006 »