« Road to Torino まずは一言 | Main | Torino - それは突然始まった »

February 13, 2006

Torino - オリンピックに触れる

ミラノから高速で二時間弱、朝市などで活気付く街中を抜け、
2006212_003

さらにシャトルバスで山の上まで上がる
空港並の厳重な警戒ゲートを抜け、チケットを見せて入場し、
綺麗な氷の粒感がある舞台を眺めながらオリンピック会場を歩く

イタリアは今日も青空の広がる気持ちのいい晴天
それもこれも、この大会に挑む選手たちの日頃の努力のお陰だろう
2006212_005

あちこちでメディア取材があり、様々な言葉が飛び交っている
地元イタリアのお客さんも多いようで、子供連れで楽しんでるようだ

ボクはもっと大きな規模を想像していたので、グッズショップや
トイレ、飲食コーナーの小ささ、狭さに逆にビックリ!
どこも長蛇の列だけど、日本のドームコンサート程
びっしり並んでいる、といった感じはしない

割りとのんびり、オリンピック会場にいる、
という事を皆楽しんでいるように感じられた
で、ボクも心地よくその雰囲気に自然に飲まれてみた

←ブログランキングにご協力お願いします!

|

« Road to Torino まずは一言 | Main | Torino - それは突然始まった »

Comments

しっかしテレビと違って迫力ありますね!
こんなに傾斜が凄いのですね、、、

Posted by: モバイル営業マン | February 13, 2006 at 11:37 AM

ホントに、誰がこんな急斜面での競技を考えたんですかね(^^;
登れないっすよ、絶対

Posted by: 章仁 | February 16, 2006 at 07:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/8636830

Listed below are links to weblogs that reference Torino - オリンピックに触れる:

« Road to Torino まずは一言 | Main | Torino - それは突然始まった »