« PDAを酷使するきっかけになった一台 | Main | FZ30のEVFスタイルがボクにはハマる »

March 04, 2006

極私的デジカメ変遷とその思ひ出など

デビューと同時に、絶対ビジネスに便利だと飛びついて買ったQV-10
自分撮りの楽しさ、失敗したら消しちゃえばいい気楽さで
何枚撮影したかもわからなくなる程だった。

丁度結婚式の一年前に購入したので、カミさんがドレスの試着をする度に
それで撮影して後から画像確認をしたり、
帰宅してからもPCの画面上でサムネイル表示して、どれがいいか話し合った
思えば、『デジカメらしい』使い方をしていたなぁ…

外部メディアには対応していなかったけど、
昨日話に出てきた200LXとケーブル経由で接続できるのも魅力だった
こんな小さなLXが母艦になる!、というだけでも楽しかったなぁ、あの頃は

そんな思い出のデジカメなのに、会社の先輩に『一寸貸して』と
言われて渡したのが運の尽き
月日は流れ、『貸したまま』会社も辞めました…ひどい人だった

次に買ったのは三菱のDJ1000
これも200LXが母艦になる、という点だけで購入した機種だけど
液晶のついていない分、電池の持ちが良くて、スリムサイズだったので
結構仕事に使っていた

同時期に、販売コンクールで入賞した景品で富士通のClip-Itを使っていたけど
両機種とも、あまりにも手振れが多く、商品の判別もつかない程だったので
画像の出来上がりをその場で確認できる機種への買い替えを検討

そんなタイミングで、僕にはセンセーショナルな登場だったのが
シャープから登場のMpeg-4カメラだった
mpeg4

回転式のレンズで自分撮りも簡単だし、色も素直な印象のできあがり
それより何より、なんといっても動画が気楽に撮影できるのがいい
カミさんと旅した沖縄-石垣島ではコイツが大活躍で、
これを機に初めてホームページ製作なるものにも初挑戦したものだ

●石垣島旅行記<はっきり言って見づらいので注意!>
http://homepage1.nifty.com/Easy/ISHIGAKI.HTM

なお、この機種から僕の手帳術にも動画記録や音声録音という概念が
導入される事にもなり、そういう様々な意味で
明日記事に書くであろう(笑)今の愛機FZ30並に記憶に残る一台になった

単三電池四本で駆動する為、当時はLXとともにカバンには常に
六本の予備電池を入れて歩いてました
だから単三電池の安価販売は僕にとって貴重なセールでしたよ

その後はこのページでもご報告の通りサイバーショット(U20、L1)になり、
100万画素オーバーになって、ビジネスではますます重宝するようになった
DSC06226

だけど、それでも旅の記録にはフィルムカメラを手放せなかった
信頼感とか、モノとしての魅力、フィルム写真ならではの仕上がりに
こだわりがどう、とかではなく、何かが違うと引っ掛かっていたんだけど
昨秋FZ30を購入して、自分の中の違和感がわかった気がする

そんなわけで、明日に続く(笑)→

← ブログランキングにご協力よろしく!

|

« PDAを酷使するきっかけになった一台 | Main | FZ30のEVFスタイルがボクにはハマる »

Comments

私の始めてのデジタルカメラは、QV-11でした。

レンズが、くるっと自分の方を向くあのスタイル楽しかったです。
集合写真を撮るときなんか、タイマーがピコピコ光っている間も、皆、自分が写っているのが見えるものだから、フレームに上手く入るようにポーズつけてました(^^)

最近は、ああいうおもちゃの様に使えるデジタルカメラが出ていないような気がします。

楽しいデジタルカメラでした♪

Posted by: 白鳥尚志 | March 04, 2006 at 06:52 PM

私は恥ずかしながらこの間の旅行に持って行ったFZ1を買うまでは、祖父に誕生日に買ってもらった普通の一眼レフを10年以上も使っていました。

でも、コンパクトのデジカメは小さくて持ち運びがしやすいのは分かっているけれども、カメラを構えた時の重量感や、ファインダーを覗き込む行為が好きなので、嵩張って重くて持ち運びに不便なのは分かっているけれども、どうしても一眼レフばっかり使ってしまいます。
(いちお、コンパクトのデジカメも持ってるんですよ(笑)。)

Posted by: うさぴょん!。 | March 05, 2006 at 12:09 AM

白鳥さん>
確かに『デジカメならでは』という機種は少ないかもしれませんね
でもサイバーショットT9等のカードデジカメなんかは
やっぱりフィルムに無い遊び心を感じるので、結構好きです

うさぴょん!。さん>
明日書こうと思っていた事をコメントで書かれてしまった(笑)
いいですね、そういう『思い出がらみの一品』の話って大好きです
僕の夢は子供に自分の愛用道具を引き継ぐ事だなー
万年筆、一眼レフカメラ、腕時計
そーゆー物を選ぶ時は、ついついそういう事を考えながら選んでしまいます

Posted by: 章仁 | March 05, 2006 at 01:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/8920034

Listed below are links to weblogs that reference 極私的デジカメ変遷とその思ひ出など:

« PDAを酷使するきっかけになった一台 | Main | FZ30のEVFスタイルがボクにはハマる »