« PDA&ケータイ分離を望む一つの理由 | Main | butuyokuさんのお悩み解消にご協力を! »

April 24, 2006

ケータイでこんなの初めて見た

先日の金曜日、一回忌でお休みを頂戴したとは言え
仕事の電話は数件かかってきたし、
社内からも問い合わせメールが結構入った

異動してからも安心して後任に引き継いでいける
『環境作り』を目指して動いていた僕だけど
最近は少々諦めムード…

性善説-とでも言おうか、メンバーが困っていたら
助け合うのが外資ではない、サラリーマンの利点、美点
と思っていた僕だけど、

結局助けを求める人はいつまで経っても何回教えても
同じ助けを求めてくるし、それを借りとも思わないんだよね
もはや、冷たく突き放せる、役職ある方に異動してきて頂いて
仕組みを変えてもらうしかないな、と達観している

さて、そんなため息交じりのメール処理の中、
ケータイメールを操作していて、初めてこんなメッセージに出くわした
Keitaimemori

確かに長文メールではあったけど、返信できないというのには参った

どんどんケータイも『OS』の存在を感じさせるシーンが増えてきたけど
※起動時間の長さや、メディアのフォルダ管理など
ますます『使える人は使いこなせる』『そーでない人は電話だけ』という
格差を生んでいくような気がしますね…

こーゆー傾向も、ますます上記-ウチの社内のように
デジタルデバイドの溝を深めていくような気がしてなりませぬ
高機能化ももちろん歓迎しますけど、もっとUIの質も高めて欲しいなぁ

←ブログランキングにご協力お願いします!

|

« PDA&ケータイ分離を望む一つの理由 | Main | butuyokuさんのお悩み解消にご協力を! »

Comments

なんなんでしょう、そのメール。
自分も始めてみました。
自分は今までMOVAだったのが最近FOMAにしたので前に比べたらたくさん文字が送受信できるようですが(笑)
そんなに長い文章のメールはほとんど受けないし。

最近のケータイってPDFもデータも受信できるマシンがあるのですね。でも、あんなに小さい画面でPDFとかワードの文章って読めるのかな(笑)

Posted by: ZEAK | April 24, 2006 at 07:46 PM

いざ、という時の安心感はあるかもしれませんね
PDFを持ち歩けるというのは…

でもその表示を見ながら会話する、ってな用途が多分多いと思うので
結局使いやすいのかにくいのか、よくわからんですね(^^;

現状はCLIE見ながらケータイで喋る方がボクにとっては楽なので
その手法を継続してます

Posted by: 章仁 | April 24, 2006 at 09:05 PM

ケータイも、PDAがたどった恐竜化の道を
たどるんでしょうか。
ネットの世界ではAJAXなんかを使った、サービスベース
の「機能」が増えてきました。一方では、ニンテンドーDSで
走るPIMソフトが作られたり…。
どちらもOSなんてどうでもよくて、何ができるかという
視点でうごいてますよね。
ケータイやPDAは、時代に逆行してるような気がします。
OSの尻ぬぐいがとても面倒になってきましたね。
私はW-ZERO3で懲りて、現在PDA別居中です。

Posted by: takahanomori | April 24, 2006 at 11:19 PM

何故だろう、サイドバーにはあるのに
takahanomoriさんのコメントが読めません…
Zaurusのせいかもしれないので、
後でPCから閲覧しますねー

Posted by: 章仁 | April 25, 2006 at 11:17 AM

PCできちんと読めました(^^
takahanomoriさん>

使いこなせば便利、使いこなせなければ不便

というのがここでもまかり通ってしまうのが残念です
急速に付属していく機能に、UIがついていっていないこの感じは
まさにおっしゃる通り、PalmからCLIEの流れに感じた違和感と同じかもしれません

そんなに焦って進化しなくていいから、機能とUIを揃えて歩んで欲しいですね

Posted by: 章仁 | April 25, 2006 at 03:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/9632676

Listed below are links to weblogs that reference ケータイでこんなの初めて見た:

« PDA&ケータイ分離を望む一つの理由 | Main | butuyokuさんのお悩み解消にご協力を! »