« まだまだいますね、CLIEユーザー | Main | プレゼン成否の分岐点 »

September 07, 2006

CLIEで日付跨ぎの予定入力スタイル

一昨日の日付跨ぎの話の続きです

現在の商売繁盛からの日付跨ぎ勤務状態になる以前も
宣伝部署では日付跨ぎの作業が日常茶飯事でした
例えばCF撮影だと借りるスタジオの都合上
『19:00-27:00』ってのも当たり前だったわけです

当時は時間管理対象者だったので、後から確認する為に
『19:00-23:55』で一件、『00:00-03:00』で一件、
と二つ記入していたんですが
これを後から検索すると、当然二行ヒットしてしまって
どうにも煩わしい

そこで最近は作業時間の目安になれば充分なので
『-27:00』と予定の先頭に記載して、用件を入力しています
Hrcapt20060905140754

どーしても、次の日の先頭に『00:00-』から始まる予定が
記載されてしまうのも落ち着かないし…
この記載方法の方が、その日の作業として捉えやすいですしね
まぁ、そんな記載が増えない様に帰れるのが一番ですが(汗)

←ブラグランキングは何時でもクリック歓迎

|

« まだまだいますね、CLIEユーザー | Main | プレゼン成否の分岐点 »

Comments

僕もUX50でスケジュール管理してるときには、この方法で日にちまたぎの日程を組んでましたね。
でも、僕の場合は、仕事もその自分はそこそこそういう日がありましたが、多くの場合は、プライベートの日にちまたぎでしたね。(^^ゞつまり午前様になるという奴ですね。面目ない。(^_^;)

>まぁ、そんな記載が増えない様に帰れるのが一番ですが(汗)
それはそう思いますよ。寄る年波で体力にも限界が出てきますから、十分気をつけてくださいね。

Posted by: knoboru | September 07, 2006 at 09:39 AM

knoboruさん>
呑んでの午前様までカウントすると…
入社してこの方ほとんど毎日この予定入力ですね
しかし確かに体力が落ちているのを実感します
今日こそは24:00までに作業終えるぞっ!

Posted by: 章仁 | September 07, 2006 at 07:40 PM

はじめまして、いつも参考にさせていただいています。

CLIEでの日を跨ぐ予定の入力ですが、私のTUNGSTEN|Eでは可能です。予定の時間指定でEndTimeを翌日であっても1:00など普通に入力すれば大丈夫です。画面上でも日を跨いでくれますよ。

おそらくOSのバージョン違いなどもあるのでしょうが、参考までに(^^)。

Posted by: motoaki | September 07, 2006 at 11:22 PM

はじめまして!
T|Eでは日付跨ぎ入力が可能なんですか…
ということはTreoなんかでもできるのかもしれませんね
NX73Vが壊れる前に色々検討してみようとは思うんですが…
情報ありがとうございました
今後ともよろしくお願い致します

Posted by: 章仁 | September 08, 2006 at 12:02 AM

T|E以外でも、現役の海外版Palmでは
日にち跨ぎのスケジュールが入力可能です。

フロントエンドのアプリが『Datebook』から『Calender』へ
データベースが『DatebookDB』から『CalenderDB』へ
移行されているからかもしれませんね。

Posted by: kizm | September 08, 2006 at 01:18 PM

アプリそのものが替わったって事なんすね
あれ?そーするとCLIEの予定表データって
カンタンに引き継げないのかな?

Posted by: 章仁 | September 09, 2006 at 12:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/11788813

Listed below are links to weblogs that reference CLIEで日付跨ぎの予定入力スタイル:

» [Palm] pocketbook,CLIEで日付跨ぎの予定入力スタイル [MOBILE DAILY NEWS blog版]
Palmでは対応していない日付をまたいだ予定の入力方法を紹介しています。 http://easyrider.air-nifty.com/pocketbook/2006/09/clie_a918.html [Read More]

Tracked on September 07, 2006 at 10:59 PM

« まだまだいますね、CLIEユーザー | Main | プレゼン成否の分岐点 »