« プレゼン成否の分岐点 | Main | そうだ奥尻島に行こう<3>島内ドライブ~帰宅の途 »

September 09, 2006

そうだ奥尻島に行こう<2>島への道程~宿の夕飯

奥尻に向かうフェリーに乗るべく、寿都経由瀬棚へ向かう
遠くに共和町、積丹を望む岬、弁慶岬を通り過ぎ、
Suttu

島牧の賀老食堂にて昼食…Shinさんには申し訳ないけど
ここでまたウニ&イクラ丼を注文
Setana
2000円もしない値段でこのボリュウムは嬉しい限り
ちなみにカミさんの発注した定食の煮ホッケも旨かった

瀬棚では、村上牧場にてアイスクリームを購入
Setana2

ここの飼い犬もまた…知らない人にお腹見せちゃダメ!(笑)
Setana3

瀬棚からフェリーに乗り込み約1時間半、ようやく到着
既に夕方になっていたので、海岸線のドライブを軽く楽しんで
すぐに今夜の宿『御宿きくち』に向かう
Okusiriyuukei

清潔感たっぷりの館内と愛想たっぷりの女将さんに安心
そして出てきた夕飯に…仰天!
Yuuhan

この宿泊料でこの夕飯?ウニ、アワビ、赤魚、カニ…
採算とれてんスか?こんな状態で?ってな感じでしたよ
昨日の宿評価に沿って記載すれば
料理◎、接客◎、清潔感◎ですよ、ココ

下も向けない程腹いっぱいになってから、
町で祭りをやってるってんで、夜のお散歩
こーゆー時に呑めない身の幸いを感じる(運転できるもん)

祭りは僕が小学校の頃まではどこの町でもやっていたような
カラオケ、飲食、ヨーヨー釣り、馬鹿騒ぎ…
Maturi

全員が勝手に歌を大音量で歌い、ブルーシートの上で大人が
呑めや歌えや騒げやをやっている横で、
中学生頃の男女が手をこっそりつないで立っている、ってな図
ミョーに懐かしくて嬉しくて、何故か泣きそうになりました

大音量のカラオケを背中に聴きつつ、車を走らせ
昼間に通り過ぎた鍋釣岩を見ると綺麗にライトアップ
Nabeturiiwa

もう一つライトアップされていた町のシンボル『うにまる』を
眺めつつ、夜空一杯の星をしばらくぼーっと夫婦で眺めて
Unimaru

宿に戻り、祭りのせいで思い出した子供の頃の出来事を語りつつ
(先日の『小学校の宿題』話の記事はこの時語ったのでした)
今日も幸せな眠りにつくのでした

←今日も明日もブログランキング

|

« プレゼン成否の分岐点 | Main | そうだ奥尻島に行こう<3>島内ドライブ~帰宅の途 »

Comments

それ巡回だー、っと勇んできてみたら、うに、いくら。。。ゴク
またまたやられてしまいました~(@_@)

Posted by: ryo-n | September 09, 2006 at 03:07 PM

いやぁ、自分自身でも北海道から異動した後で
この記事読んだらすっげぇ羨ましいと思うんじゃないかしら(^^;
ホントに美味しかったっすよ

Posted by: 章仁 | September 09, 2006 at 04:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/11736960

Listed below are links to weblogs that reference そうだ奥尻島に行こう<2>島への道程~宿の夕飯:

« プレゼン成否の分岐点 | Main | そうだ奥尻島に行こう<3>島内ドライブ~帰宅の途 »