« いざ名古屋!? | Main | CLIEには無料でPC向けPIMソフトが付いてくる »

October 22, 2006

フォントでちょっと気分を変える

さっちんさんから本日(既に昨日)ご質問賜りました
CLIEのキャプチャをした際のフォントの話です

実は先日NX73Vのメモリ残量が厳しくなってたんで
利用してなかったアプリを削除、もしくは
PowerRunでメモリースティックに退避したんです

結果空き容量がネフロ未巡回の状態で4MBまで確保
できたんで、前から入れてみたかった山田達司氏作
リムフォントを導入してみたという次第です
Lymfont0

僕がCLIEに感じる数少ない不満の一つにフォントが
見た目に魅力的ではない、という点が挙げられるんですが
このPalmwareを使うと随分改善されますね

この文章も『使用前』
Lymfont1

そして『使用後』では全く別物ですよね
Lymfont2

僕はCLIEをメモ用途含めて主にテキスト作成マシン
として活用してますんで、特にフォントの美しさは
気になるところ

このソフトでフォントを入れ替えても大して
実行スピードに影響無いのも嬉しいですね
唯一の難点がメモリを最小限の組み合わせにしても
1MB近く消費してしまう点で、だからこそ
残り容量の常に厳しいNX73Vでは諦めていたんです

今回改めて30日間試用させて頂いて、
正式購入するか否か決めようと思います
それにしても随分良い意味で変わるなぁ
改めてCLIEを起動するが楽しくなってしまいそうだ

←楽しめた?

※備考
但し、登録されている漢字が少ないので注意
例えば『珈琲』も読めません
状況によって使い分ける必要はあるでしょーね


失礼しました!フォントが表示されないのはお試し版のみで
正式版では第二水準の漢字まできちんと表示されます!
Yamada氏のページにもその旨記載されていたのを見落としました

ご指摘下さったnanako0713さん、ありがとうございます!


|

« いざ名古屋!? | Main | CLIEには無料でPC向けPIMソフトが付いてくる »

Comments

おーありがとうございます!フォントが違うと見栄えが違いますね♪
早速トライしてみまっす!たのしみ~

そしていつも画面のキャプチャーされてますが何のソフトを
お使いですか?Muchyさん所では何種類かあったので

Posted by: さっちん | October 22, 2006 at 11:31 PM

おじゃまします。

『登録されている漢字が少ない』件ですが、
ひょっとして、試用版(b2.1)に入っているフォントをお使いではないでしょうか。
それですと確か第2水準の漢字が利用できない(”珈琲”などが表示されない)はずなのです。

製品版(レジスト後に入手できるもの)ですと第二水準の部分もきちんと表示されますので、私が以前PEG-UX50利用していたときにはそれほど不便な状況には遭遇しなかった記憶があります。

(すでにご存じのことでしたらごめんなさいです)

Posted by: nanako0713 | October 22, 2006 at 11:32 PM

さっちんさん>
キャプチャはHRCaptというPalmwareを利用しています
http://muchy.com/review/hrcapt.html
Daから起動できるのが便利なんですよー

nanako0713さん>
全く知りませんでした!ドキュメント良く読んでなかったせいですね
ご指摘ありがとうございます
後で本文も修正させて頂きますね

Posted by: 章仁 | October 22, 2006 at 11:39 PM

こんばんは。
ブログランキングのこの記事のタイトルを
クリックするとNot Foundになって
読むことができない、、のはなぜでしょうか。。

確かにフォントって大事ですよね。
リムフォントにしたら楽しくクリエを使えそう。。☆

Posted by: ☆なな☆*** | October 23, 2006 at 09:41 PM

う…?なんで見つからないんだろ(^^;
ちなみにこのフォント、滅茶苦茶気に入ったんで
多分レジストするつもりですー

Posted by: 章仁 | October 23, 2006 at 11:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/12371288

Listed below are links to weblogs that reference フォントでちょっと気分を変える:

« いざ名古屋!? | Main | CLIEには無料でPC向けPIMソフトが付いてくる »