« AmoebaE石原さんよりブツ到着 | Main | やっぱ喫茶店にはZaurusが似合うなぁ »

November 13, 2006

無意味に一線越えてみませんか

以下の記事は、僕の敬愛するロケンローラー
ミサイル・クーパー氏の文体を参考に綴られた、いわば別人格
(週末一杯のシャンパンで酔っぱらい)によるエントリです。

-------------------------------------------

未だに『ありがとう』、と御礼を言われる度に
浜村純です、と続けてしまう関西人な章仁ですが
ええ、なにか問題あります? あ、毎度。
※どローカルな話題、注意。

さて、僕の知り合いのロケンローラー
(さりげなく自慢ね)
『俺の文章は人から言わせると死ぬ程面白いらしい』
とゆー評判を真に受けて、自分で自分の文章を
客観的に読んで、俺自身も笑いたいものだ、と
願っている男がいるんだけどさぁ(東京風語尾注意)

それって、よくよく読むと大変な覚悟だよね。

だって『死ぬほど』ですよ?皆さん。
しかも笑い死には想像するだに苦しくないっすか。

僕ならせいぜい『幸せな気分で眠れる程度』
もしくは『明日学校でこのネタ披露しようっと』
くらいのほのぼのとした笑いで充分です。

そう、もしかしたら彼は僕ら凡人には気付れぬ様、
軽快な言葉の裏側に悲壮な決意を隠して
あんな事を言ったのかもしれないんですよ。

ハニー、俺は明日もしかしたら死ぬかもしれない。
この秋空に笑って死ねるなら本望さ。
君が家にやって来た時ソツ無くエロビデオの処分を
終えた俺はPCを抱えながら冷たくなってる事だろう。

※本人は気づいていないが、ハニーの前に
母親(マミーミサイル)が発見する可能性大、注意。
※現在、主流はエロビデオではなくDVD、要注意。

その死に顔は、たまたま中華店で見かけたこの
『小さな悪さをたくらむフル○ん鶴瓶人形』以上、

そして、何も考えずに新幹線のトイレを開けたら、
あれ?使用中だったのね的なタイミングでのみ
見る事ができる、落ち着き払ったオバハンの顔未満

と、思ってくれ…と

いわば彼の遺書とも言えるこのメッセージ
しかと受け止め、さくっと放り投げ、気が向いたら
取り出して、へー心底バ○だなコイツと、思ったそこの貴方。

是非彼のブログをじっくり読み通して、
その永年積重ねた無意味さに哀れみの涙を流した後、
(意味を見出そうと思わないのが読み通すコツね)
彼のメッセージを貴方の口から(とゆーかキーから)
ブログに迸らせてみませんか?

もちろん、彼へのトラックバックもお忘れなく。
要するに彼、こと匿名希望ロケンローラー
ミサイル・チューパー(仮名注意)になりきり、
彼を心おきなくあの世へ送る鎮魂歌的トラバ企画。

僕のブログでは無意味な文章を書き連ねる事は
できませんが、お読みの貴方にならきっとできる!
まぁ、そんなわけで適当によろしく。
(仕事丸投げ、鶴瓶丸出し、つるぴか丸ハゲ)

じゃ、おやすみ、エブリバディ。

※追伸1
上記は『ガキ使』観終わる頃に書かさってました。
(自己弁護、さりげなく道民訛り、双方注意)

※追伸2
無論僕は、ミサイル・チュートリアル氏(仮名)の
ブログをこよなく愛す者であり、
決して彼の不本意な死を願う者ではありません。

←ちなみに僕は死にません。

末筆ながら、多分見逃してくれるだろう、という
甘い推測の上、勝手に主役に引き立ててしまった
ミサイル・クーパー氏に謝罪と御礼申し上げます。

●かにクラブの「かにブログ」
http://kanicrab.way-nifty.com/kanicrab/

|

« AmoebaE石原さんよりブツ到着 | Main | やっぱ喫茶店にはZaurusが似合うなぁ »

Comments

トラックバックありがとうごさいます。
にせミサイル記事ありがとうごさいます。ミサイルというか酔っぱらいというか(笑)

僕は色んな人の本音というか「ぶっちゃけどうなのよ?」って思いを読んでみたいし、僕も出来るだけ本音を書きたいんですよね。別に僕の文体じゃなくても、いいんだけど(笑)

Posted by: ミサイル | November 15, 2006 at 11:19 AM

寛容なミサイルさん、こんばんは
(と書くとなかなか怒れないかな?、と)

ぶっちゃけ本音ですか…今、これだけ普及してしまったネットではかえって難しいかもしれませんね

論じたい話題は多々あれど、かつてのような『会話』
のレベルは望むべくも無く、
『炎上』なんてキャッチコピーのもと、
実生活まで危害を食らう可能性がありますから…

今はからっと外っつらだけ語るのが流行のようで
ボクもあまり突っ込んだ意見はネットに書けずにいます

そーゆー意味でまだまだ文章が未熟なボクとしては
ミサイルさんのようにすぱっと『馬鹿を切る』なんて
見ると尊敬のマナザシ、なのであります

Posted by: 章仁 | November 15, 2006 at 08:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/12664815

Listed below are links to weblogs that reference 無意味に一線越えてみませんか:

« AmoebaE石原さんよりブツ到着 | Main | やっぱ喫茶店にはZaurusが似合うなぁ »