« D-Faxサービスは休日にこそ重宝する | Main | 手放せない道具−HP200LX »

December 19, 2006

CLIEはボクと社内を繋ぐ情報の糸電話

確かに最近記事内容がCLIEやTreoに偏りがちでは
あったんですが、そんな事情を反映してか、
昨日以下内容のご指摘を頂戴してしまいました

正確な転載ならば、とメール了承頂戴しましたので
全文掲載とともにボクの考えを記載します

いつも拝見しており、仕事に対する意欲と創意工夫
を怠らない姿勢に感服しております。
ただ、どうしても最近の章仁さんを拝見するに
ご自身の提唱されている道具である筈のクリエを
結局玩具として使っているようにしか見えません。
実はmixiでカンブリア宮殿での野口氏の話を
引き合いに出された時も思ったのですが、
結局PDAはマニアにしか使えない高級なオモチャだ
という指摘は私は的を得ているように思います。
紙の手帳で完結できる情報管理を何故わざわざPDA
に転記する事がシェアリング手帳術なのでしょう?
ただでさえお忙しいとおっしゃっているので、
これこそ効率化すべき作業ではないでしょうか?
2chでも時々話題にのぼっておりますが
せっかくいい事を時折書いていても、PDAを玩具
として扱ってる様子が、滑稽に見えてしまいます。
ただ私としては姿勢や考え方を見習うべきところが
あり、これからも時々チェックさせて頂きます。
長文大変失礼しました。

まずは、CLIEをはじめとするPDAにボクが玩具要素
を求めていないか?と問われれば、答えはYESです

使っていて楽しい、しかもそれが効率化に役立って
くれるのですから、子供心に憧れを抱いた
スパイ道具に思わず重ね合わせてしまうような
ワクワク感を未だに胸ポケから取り出す際感じます

ただ、会社に属する営業マンであるボクの場合
決して、紙からPDAの転記は無駄ではありません
無駄とは思っていないし、必要と考えています
むしろPDAへの転記こそ効率的なんです

何故なら以前から書いておりますが、ボクの志向は
社内の情報共有化を促進し、無駄を省き、新しい
アイデアを促進できる土壌作り、にあるからです

情報を共有化するには、紙の手帳のままでは行えず
いずれ、テキストデータもしくは表計算ファイルに
変換する作業が必要になりますよね?

その作業をPCの前に座って行う事の方が、ボクに
とっては非効率に思えるわけです

商談が終わって営業車に戻り、ほぼ日を開けて
その場でCLIEに入力してしまえば、そこから
メールを利用して、すぐに受給調整もできるし、
全社日報システムにCOPY&PASTEが可能
だから、こまめな入力も厭わず行えている次第です

もちろん自分自身にとっても転記は有用、必須で
紙の手帳にとって苦手な過去検索をキーワードで
拾ってきてくれますので重宝しております
即ちCLIEは、自分自身の情報と社内共有情報の
更新を効率化させる便利な隙間ツール
という訳です

上記がボクの考え方、スタンスですので、宣ければ
今後もコチラpocketbookに遊びにきて下さいませ
この度は貴重なご意見ありがとうございました

←ブログ執筆時間も無駄ではないッス

年末になると、業務こそホントに忙しくなるけど
手帳談義がいつもより活発になるんで、楽しいね

|

« D-Faxサービスは休日にこそ重宝する | Main | 手放せない道具−HP200LX »

Comments

ご無沙汰しております。

たしかにPDAは高価なおもちゃかもしれませんね。でも、僕は仕事にも使えるおもちゃだと思っています。

紙の手帳は予定をたてるだけ(これ思い込み?)。
PDAは予定表になり、電話になり、ワード・エクセルを編集することもでき、ゲームなどおもちゃにもなます。すきま時間もいろいろできる点で僕はPDAが好きです。

重要なのは、「紙でなければならない」・「PDAでなければならない」という風に思うのではなく、自分に合うものを選ぶことだと思います。

僕は今、PDAだけで運用するように工夫をしております。

僕は手帳をよく忘れたりなくしたりするからです。また、紙とデータを両方使っていたこともありましたが、章仁さんのようにまめに紙と電子データをリンクすることができなかったのでブッキングを起こすこともありました。

紙だけで十分という人がPDAを買う必要はなく、電子データだけで十分という人は紙を買う必要はないと思います。

Posted by: 豚R | December 19, 2006 at 10:10 AM

自分で気持ちよく仕事できる環境構築できればいいんすよね
それが紙媒体でも電子でも、その人が良ければいいと思うし

なので全く他の手法を否定しないし
今後も流用できる手段はどんどん真似していこうと思っております

Posted by: 章仁 | December 19, 2006 at 12:47 PM

紙に書くことも大事ですけども情報を保存するのにPCに入れて
更に持ち歩いたりしたいデータはPDAに移して閲覧しています。

私は接客の仕事もやっているのですが、先輩から「○○さんに
会ったのはいつでどんな話をしましたか?」と聞かれて手帳を
みれば会った日までは追えますけど具体的な会話の内容は手帳
には書いてありません。これはPCで処理していますのでPCが
手元にあれば答えられますが出先で打ち合わせしたときには
答えようがありませんでした。
今はPDAに上記のメモを流し込んでいるので何月何日に
会ったと言うのが即答出来るようになったので助かって
ます。先輩は手帳やノートで管理できる人なので荷物は
多いですがホントこれは人それぞれだな~と思っていますヨ^^

Posted by: さっちん | December 19, 2006 at 01:52 PM

面白いメールですね(^^)
こういう強い意志を持った意見、とても素敵です。

私もPDAを使う側なんですけど、どうして使うのかというと……私はPDAでは満足できません。スマートフォンが必要です。

いつかmixiの記事で書いたと思うんですけど、手帳やPDAという限られた情報領域から、スマートフォンを使って、ネットに広がる膨大な情報にアクセスできることが必要です。

今日も、会社で……「冷蔵庫にトマトが余ってるなぁ~どうやって食べようかなぁ~そうだ。W-ZERO3[es]を使って、Googleで検索しよう。」という具合に、トマトの料理レシピを検索しました。

そんなわけで、情報量を表すと、大雑把に、以下のようなことが言えると思うんです。

・手帳の情報量=紙の量
・PDAの情報量=メモリの量
・スマートフォンの情報量=無限大

だから、Treoが始めて登場したときには、それはもう大騒ぎでした(笑)

Posted by: 白鳥尚志 | December 19, 2006 at 11:45 PM

ボクの使い方は営業職のせいか、白鳥さんの使い方より
さっちんさんの例に近いっすね

ちなみにネットの膨大な情報を逐次検索できる環境は
最近SOFTBANK携帯のお陰でそんなに困らなくなっちゃいました(^^;

しかもBluetooth経由でCLIEからアクセスする事で
いわゆる『自分の情報』として変化させ、保存、検索も
可能な状態になるわけです

ネットに転がっている情報はいつでも拾えるので
その時自分がその情報をなぜ拾ったのか、とか
その情報を使って何をしたいのか、を記録する方が
重要だと今、個人的には思ってます

だからこそ…ネットに繋がるTREOが欲しい(結局そこか)

Posted by: 章仁 | December 20, 2006 at 12:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/13118531

Listed below are links to weblogs that reference CLIEはボクと社内を繋ぐ情報の糸電話:

» ほぼ日手帳って赤い手帳のこと? [ほぼ日手帳ってどんな手帳]
ほぼ日記手帳の活用についてのサイトです。 少しでもお役に立てればいいなと思います。 [Read More]

Tracked on December 20, 2006 at 01:08 AM

» [自分用メモ]PDA=玩具? [REの日記(仮)]
pocketbook: CLIEはボクと社内を繋ぐ情報の糸電話 http://easyrider.air-nifty.com/pocketbook/2006/12/clie_148b.html 章仁さんの所の昨日の記事。他人の視点という意味でも個人的にちょっと面白く感じたので自分用にメモ。この件に関し色々意見を書こうかと思ったけど、無... [Read More]

Tracked on December 20, 2006 at 07:09 PM

» 紙の手帳とPDAは、どちらが良いのか? [手帳と文房具のレビューサイト]
■紙の手帳とPDAは、どちらが良いのか? こういう話題。 ときどき、目にしませんか? 先日、pocketbookの [Read More]

Tracked on December 20, 2006 at 09:31 PM

» PDAとの付き合い方 [PEG-UX50で作るblog]
何時もお世話になっているpocketbookの章仁さんの昨日のエントリーに、氏の提唱するシェアリング手帳術に対してコメントを頂いたそうです。そのコメントへの章仁さんのお答えが、掲載されています。 コメント全文を掲載していますので、詳しくは、そちらをご覧頂くとし....... [Read More]

Tracked on December 20, 2006 at 11:43 PM

« D-Faxサービスは休日にこそ重宝する | Main | 手放せない道具−HP200LX »