« CLIEはボクと社内を繋ぐ情報の糸電話 | Main | 進捗管理はCLIEとともにシンプルに »

December 20, 2006

手放せない道具−HP200LX

つい先日もZEAKさんのこの記事を読んで、
気になってたのに…カミさんが
『あの店美味しかったよね…10年前あの神戸の…』
なんて話題を振るもんだから、

『そーだね、その店のデータはLXに入れてるよ!』

と、ミョーにハイなテンションで勢い良く立上がり、
呆気にとられるカミさんを尻目に、
いそいそと引き出しから取り出した200LXに
久しぶりに単三電池を喰わせる僕…

128MBのフラッシュメモリカードからデータを戻す
術をほとんど忘れており、復旧に少々時間が
かかったけど、懐かしい画面と久しぶりにご対面!

暫く弄んでしまいましたが、各ソフトの起動速度や
閲覧性、テキスト入力のしやすさと、
電卓にも負けないテンキーの使い心地に陶酔…

Excelのネイティブファイルが扱えて、
無線LAN設定や、赤外線通信が簡単に行えれば
まだまだ現役でいけますね
とゆーかホントにコレの純粋な後継機が未だ欲しい!

←新機種情報はココだ!

せっかくなので今回入れた単三電池が切れるまで、
もう少し再会を楽しもうと思います
なにせ、一番辛かった時を共に過ごした道具です…

|

« CLIEはボクと社内を繋ぐ情報の糸電話 | Main | 進捗管理はCLIEとともにシンプルに »

Comments

私も手放せないでいます。爆速&フロントライト&アームバンド(手首付近につけられる)仕様が1台とまったく手をつけてない取り置きが2台。周辺機器(ニュートンキーボードとか)とまとめて箱詰めされてます。乾燥剤とか入れてましたが数年は本体拝んでないので年末の掃除で出してみます。良い機会を与えていただき(?)ありがとうございました。(笑)

Posted by: oak | December 20, 2006 at 10:35 AM

oakさん>
すげぇ改造っすね(^^;
200LXのキーボード、テンキーの扱いやすさは
やはり段違いです…
なんとかアレに近いマシン、出てくれないものかな

Posted by: 章仁 | December 20, 2006 at 07:59 PM

HP200LXってZEAKさん初め、絶賛されていますよね。
私も一度触れてみたいのですが、一度も実機を見たことがありません。どこかにないものかなあ。

Posted by: dawnpurple | December 22, 2006 at 12:56 AM

もう探すのも困難かもしれませんね(^^;)
数年前までは結構オークションに出てましたけど…
ボクもそうですが、今持っている人は
手放さないでしょうしね

Posted by: 章仁 | December 22, 2006 at 08:35 AM

It's fantastic that you are getting thoughts from this paragraph as well as from our argument made at this time.

Posted by: real app nana hack | March 05, 2015 at 08:19 PM

IMod makes it so that you can practice war attacks, over and over and over again, until you get it completely correct and get an easy three star win.

Posted by: clash of clans hack online | June 08, 2015 at 02:50 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/13131128

Listed below are links to weblogs that reference 手放せない道具−HP200LX:

» 音楽フラッシュ作成は難しい? [音楽フラッシュ 音楽でフラッシュサイト]
音楽フラッシュや歌・映像・画像、アニメのフラッシュはおもしろく楽しいのですが。作る方法は?というと分かりにくいですよね、私もそうです。少し調べてみたのですが・・。 [Read More]

Tracked on December 20, 2006 at 05:35 PM

« CLIEはボクと社内を繋ぐ情報の糸電話 | Main | 進捗管理はCLIEとともにシンプルに »