« CLIE UX50で行った改善のポイント | Main | 2007年も引き続きお願い致します »

December 31, 2006

枯れた環境こそがビジネス向き

はりーさんまでも今年猛威をふるった
ryo-nウィルスに感染し、Treo680に落ちる中

今更CLIE(NX73V,UX50)に固執してどーする、と
嘲笑の声すら聞こえてきそうな大晦日の今日ですが

ボクにとって使い慣れた、枯れた環境で
新しい相棒、というのは、忙しい中でも
スマートな引継ができて大変ありがたいこってす

200LXもPalmもZAURUSもある程度ソフト環境が
安定してから使い始めたのは、あくまで
PDAを趣味というより道具、として見ているから

今回のNX73VからUX50の環境コピーについても
主要なファイルをメモステでコピーするだけで、
購入当日の夜には使えるようになっていたし、
次の日には数字をサクサク打ち込める、という
メリットに喜びを見い出せていました

最新機種、機能を追っかけるだけがビジネスツール
を選択する上での正解じゃないですからね
ボクの周りでは未だにZaurus PIシリーズを使う人
もいるし、シグマリオンを使いこなしている人もいる
おなら出ちゃっ太さんだって200LXが現役ですしね

←様々な方の使いこなしはココ

むしろ自分の身の丈にあったツールが、安価に導入
できる事
を幸せに思っているところであります
年始は、これを弄ぶ姿などレポできればいーなー
と、年末も変わらずテレ東的な更新を行う章仁でした

※でも…二度見する程気になるTreo

|

« CLIE UX50で行った改善のポイント | Main | 2007年も引き続きお願い致します »

Comments

やはりツールとして使える、事が前提ですね。
そして、昨日TH55購入致しました!

ぼちぼち使い方を覚えています。
様々な便利なフリーソフトなどあるようですが、私は電子メモとスケジューラに絞っているので今のところデフォルトで満足しています。
章仁さんが仰るように道具、として考えて自分のライフスタイルに合った使い方ができればモノも大事に末永く役に立てていけるかもしれませんね。

では明日は新年ですので、良いお年を。

Posted by: waka | December 31, 2006 at 09:14 AM

ひさしぶりに、CLIE PEG-UX50をひっぱりだして火を入れてみました。
データはまったく無い状態。
デフォルトの状態で、とりあえず、今日・明日の予定を入力し、簡単なメモを追加したんですけど……やっぱり、使いやすいですねぇ~(>__<)

Posted by: 白鳥尚志 | December 31, 2006 at 10:36 AM

wakaさん>
TH55ご購入おめでとうございます!
背面ジョグが使いやすそうな、まさしく『手帳』の
一台ですよね!
ぜひまた使い心地などレポお願いします

白鳥さん>
入手して僅か数日なのに…なんでしょう?このしっくり感
片手で使うことを前提にしていないので
若干使いづらい部分もありますが、ホントに軽快ですよね(^^

Posted by: 章仁 | December 31, 2006 at 11:23 AM

私がTreoに執心したのはやはり「TreoがTreoとしていられる環境だったから」です。日本よりも安価に入手できますからね。って何台も手に入れてれば一緒ですけど(^^ゞ。でも、日本でも使い方次第では十分それに値するだけのものは引き出せる、と思っています。しかし、そうは言ってもClieのマルチぶりには遠く及ばない部分はありますし、所詮英語版ですから、皆さんにおいそれと薦められるものでもありません。
その辺りは結局個人の使い方如何、ですからね。その方が満足されているのなら、それがその人にとっての良き相棒であるわけですから。
来年も章仁さんのそんな「相棒」との付き合い方、楽しみにしています(^^)。

Posted by: ryo-n | December 31, 2006 at 01:34 PM

ryo-nさんの帰国後のTreoとの付き合い方にこそ
興味津々ですよ(^^;)
もしくは物欲汗だくだく、とも言うかも
帰国後お会いできる機会あらばたっぷり洗脳してください
来年もよろしくお願い致します

Posted by: 章仁 | December 31, 2006 at 07:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/13271135

Listed below are links to weblogs that reference 枯れた環境こそがビジネス向き:

« CLIE UX50で行った改善のポイント | Main | 2007年も引き続きお願い致します »