« ケータイ買い換え検討中 | Main | 今夜例の喫茶店でブツの受け渡しが… »

December 29, 2006

反面教師

先日帰社すると上司からポストイットの付いた
申請書却下の紙がぺろっと置いてあった

『支店長が○○円以上の見積で出せ、との事』

ここには『伝言』以上の意味を見いだせないので
交渉を支店長と直接行なう事にした

意志無き者、と会話する余裕は無いからね

社内だけではなく、取引先でもケースによって
誰と交渉すれば目的達成できるか、を見極めるのは
営業マンにとって大事な事

ちなみに今回、全く同じ文書を支店長に
直申請してみたところ二つ返事でOKがとれた
※それも仕組としてどうか、とは思うが…

今後の申請−承認ルートはこれで決まり、同時に、
大変恐縮だが経由ルートが省略化されてしまった

これからは自分も『存在意味』を示せるよう
今回の一件を教訓に業務にあたりたい、と思う

|

« ケータイ買い換え検討中 | Main | 今夜例の喫茶店でブツの受け渡しが… »

Comments

ヒトゴトではないエントリーでした。
組織のちょっと困った人が上司にいたりしたときに大人の対処をしつつ仕事が進むすべを研究中です。
困った人には実は他意がないだけかもしれないし、気づいてないだけかもしれないので、そういうことかと自分が気づくことにしています。

Posted by: ujip | December 30, 2006 at 07:00 AM

正直これまではこの『伝言メモ』にも堪えてきたんですけど…
年末の忙しい中、二度三度同じメモを再利用で貼られると…さすがにね


Posted by: 章仁 | December 30, 2006 at 01:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/13245245

Listed below are links to weblogs that reference 反面教師:

« ケータイ買い換え検討中 | Main | 今夜例の喫茶店でブツの受け渡しが… »