« iBOOK氏の造詣はPalmOSに及ぶらしい | Main | 1/17阪神淡路大震災から12年 »

January 16, 2007

PDAに鍛えられた?ピンチの時のBOX脳

ここ数日は商品配送に関するお客様からのクレームへの
真摯な対応を行い、身も心もスーツもボロボロの章仁です。
わはは、例年以上に素敵な2007年の幕開けだ…

さて、良く社内から問題発生の連絡がくると、
『冷たく電話を切られる』
と誤解を受けるボクですが、別に怒ってないッスよ。
所詮人間のオペレーションだもん、破綻は常に起こるさ。

では、その時ボクの脳内に何が起こっているかと言うと…
実は、その時脳内に三つのBOXが瞬時に現れています。

一つ目の箱には『事実』、二つ目の箱には『課題』、そして
最後の三つ目の箱には『手段』と書かれている箱です。

要はトラブルの一報を受けた時点で、必要なのは『事実』と
『課題』の把握と明確化であり、電話をかけた人が『手段』
を持っていなければ、自分で考えるか、相談するか、なので
事態が大きいほど、すぐに電話を切っちゃうんですよ。

※ただ、誤解させぬ様、今後切り方だけは暖かくしようかな?

こーゆ風に、事態をBOX的に把握できるようになったのは、
ZaurusなどのPDAを使い始めてからのような気がします。
もちろん、できる人は普通に最初からできるんでしょうけど…

要点を整理して記録する癖が、こーゆー思考の効率化や、
物事をシンプルに切り分ける手法の訓練になったんじゃないか
と、今もCLIE UX50に記録しながら思うんですよ。

←ブログランキングにご協力お願いします!

ちなみに昨朝は余りにも疲れたので、途中事務所を抜け出し、
森彦の二号店で朝の珈琲を20分だけですけど、味わいました。
カミさんの毎朝の朝食と、こんな少しの息抜きで、なんとか
今日も手を抜かずに、きっちり仕事の片ァつけてきますわ!

|

« iBOOK氏の造詣はPalmOSに及ぶらしい | Main | 1/17阪神淡路大震災から12年 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/13510735

Listed below are links to weblogs that reference PDAに鍛えられた?ピンチの時のBOX脳:

« iBOOK氏の造詣はPalmOSに及ぶらしい | Main | 1/17阪神淡路大震災から12年 »