« 結局UX50を連れていきますた | Main | 見てくれてる人はいるんだね »

February 13, 2007

プレゼンの台本を考える

パワーポイントの資料そのものは、もちろんPCで作るんですが
その下書き=ページネイションや、当日のセリフ=コメントは
最近CLIE UX50で、時間の隙間に書き上げてしまう事が多いです。
P1020560

UX50の魅力である、キーボードの打ちやすさとPCをそのまま
縮小したような画面サイズのお陰で、当日のプレゼンを
イメージしやすく、セリフを活き活きと綴っていく事が可能です。
HP200LX並に早い入力ができるんで、リズム感もバッチリ。

Hotsyncで、PCとリンクできるので加筆・修正も便利ですね。
複数のプレゼンを抱えている故、細切れ処理を行なうのに
ホントに重宝しております>Slideshow To Go & CLIE UX50

←まだまだ残ってる、ランキング

ちなみに昨日のペナルティ休日出勤時の吹雪はホントに凄くて…
Fubukip1020556

この中でエプロン姿で汗かきながら荷物を担いで走り回った影響で
喫茶店でプレゼン資料のセリフを書いている間も震えが止まらず、
先ほど風呂に入ってようやく身体の芯が温まった気がしております。
いや、ホントに文字通りの『罰ゲーム』でしたね…(←懲りてないな)

|

« 結局UX50を連れていきますた | Main | 見てくれてる人はいるんだね »

Comments

HP200LXなみのタイプ速度ですかっ!
どんな感じで入力してるんだろう?
章仁さんが入力している動画を見てみたい♪

Posted by: 白鳥尚志 | February 13, 2007 at 01:10 PM

えーっと、思考を妨げない程度の速度ですよ(^^;
NX73VよりもZaurusよりも高速入力できております
動画はまたいずれ…(ホントに?)

Posted by: 章仁 | February 13, 2007 at 08:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/13887533

Listed below are links to weblogs that reference プレゼンの台本を考える:

« 結局UX50を連れていきますた | Main | 見てくれてる人はいるんだね »