« 発想の器(うつわ)を広げる機会 | Main | PCも文具なんだと感じる瞬間 »

July 27, 2007

CLIE NX73VからNX80に乗り換えて

カタログ数値で16MBから32MBと、本体メモリに余裕が
できたので、以下のソフトを本体に移動しました

PowerRun経由でも便利なんですが、時折ソフトが消失
している事故が発生したので…(起動中にResetした際等)
お気に入りのソフトは本体に入れて、常にMS Backupが
安心だし、メモリアクセスしない分電力も抑えられる…かも?

そんなわけで、真っ先に動かしたのはGoogle Maps !
Clienx80norikae00

今まではメモリの空きを確保してから起動していたのに
これからは使いたい時にサクッと世界旅行が可能です!
※と言いながら真っ先に飛んだのは国内の首里城ですが

次いでフォントを入れ替えるべくリムフォントを移動
Clienx80norikae01

CLIEで唯一と言っていい程不満なのはフォントの細さ
山田様ご謹製コチラのソフトを導入すると、標準サイズ
以上の日本語表示だけは、見た目が随分改善されます

さらにエンタメ動画再生ソフトのTCPMP!
Clienx80norikae02

これ一本でWMA形式を除き、ほぼ全ての動画ファイルが
再生可能になり、PSPの旧い動画再生ファイルまで対応
しているので、変換すれば映画も200MB強で楽しめます

最後にブログ記事執筆用ソフトのu*blog!
Clienx80norikae03

このソフトがなければここのブログ継続も不可能でした
(あ、後でアップしようと思ってた記事の画面だった…)

NX73Vではメモステに逃がしていた為、メモ(ネタ)帳と
行き来する度にPowerRunに動いてもらったり、先日
ご紹介のDaMemoPadを使ったりして、しのいでました

80Vの新品&メモリ容量と73Vのカラー&正常なカメラを
鑑みるとホントにPDAにとってある程度迄のメモリ容量
の大きさはメリットだなぁ、と感じます
いや、ホントにいい買物&フォローサンクス!>Haladaさん

|

« 発想の器(うつわ)を広げる機会 | Main | PCも文具なんだと感じる瞬間 »

Comments

つ[久方振りに乱入m(__)m]

> さらにエンタメ動画再生ソフトのTCPMP!
つ[同居できるかどうか判らないけど"Landscape"は?]
つ[ http://www.mobile-stream.com/ ]
つ[物によっては横長の方が見やすい事もあったり…]

Posted by: 一匹の黄色い猿 | July 31, 2007 at 10:01 AM

ご無沙汰です!
ちなみにTCPMPは縦でも横でも再生可能!
だからワイド画面なNXだとその魅力を存分に発揮できます
あと横画面が欲しくなるのは表計算シーンくらいなので
安定性と秤にかけると導入には躊躇いが…(^-^;

Posted by: 章仁 | July 31, 2007 at 01:46 PM

つ[Landscapeは安定してると思う]
つ[使用環境次第なので一概には言えんが]
つ[猿はメモ帳の横拡張画面がお気に入り]

Posted by: 一匹の黄色い猿 | August 01, 2007 at 01:35 AM

うぉう!安定しているのですか!?
メモ帳よりもDTGで特に感じるんですよね…
週末確認してみます!(何故ならまた73Vに戻っているので)

Posted by: 章仁 | August 01, 2007 at 01:44 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/15819556

Listed below are links to weblogs that reference CLIE NX73VからNX80に乗り換えて:

» [Palm] pocketbook,CLIE NX73VからNX80に乗り換えて [MOBILE DAILY NEWS blog版]
PEG-NX73VからNX80Vに変更して,メモリが16MBから32MBに増えたため,本体にインストールするソフトウェアを増やしたそうです。 http://easyrider.air-nifty.com/pocketbook/2007/07/clie_nx73vnx80_76b5.html [Read More]

Tracked on July 27, 2007 at 11:47 PM

« 発想の器(うつわ)を広げる機会 | Main | PCも文具なんだと感じる瞬間 »