« 散漫も一つの手段だと思います | Main | 講演にはCLIEとアナログ時計① »

November 27, 2007

iPod touchはCLIEに代われない、という再確認

それは外出先で完全に閉ざされた環境らしい、という点
反面CLIE NXを使っていて便利と感じる点が、外出先で
他との連携が非常に柔軟に対応できること、なんですよ
Img_0417

Resco Viewerで写真を、TCPMPで3gpp変換した動画を
Docment To Go!で表計算データを見ながら、見せながら
会話し、欲しいと言われれば赤外線でも、
CFカードスロット経由でも相手にその場で上げられます
Img_0419

相手がPCを持っていればメモリースティックを読込んで
データの受け渡しもできるし、上げられるという事は
即ち相手からも受け取りやすい、という事でもあります
Img_0418

リスクはあれど情報を自ら広く発信する事で、逆に情報
収集するスタイルのボクにとって、クローズされた環境の
touchは残念ながらメインPDAにできないなぁ、と思います

※あくまでボクの感想、『PDAとしては』という意だからね

|

« 散漫も一つの手段だと思います | Main | 講演にはCLIEとアナログ時計① »

Comments

Touchですが、バージョンアップしたら、
例のワザが使えなくなったという報告が
ありますね。
とゆーことで、当分はTH55で良いです。

Posted by: ZEAK | November 27, 2007 at 09:29 PM

でもバージョンアップすれば予定表入力が
可能になる…そんな迷うくらいなら
SDK公開後正式にソフトインストール可能に
なってから購入しようかな、と思っている次第です

Posted by: 章仁 | November 27, 2007 at 11:24 PM

小出しにしないで、iPhoneと同様の
機能最初から付けて出して欲しいです
ね。(笑)

Posted by: ZEAK | November 28, 2007 at 11:59 AM

差別化しときたかったんでしょうけどねえ…
ネット接続可能、なんて色気がかえってその垣根を
曖昧にしてしまったような気がします(^-^;

Posted by: 章仁 | November 28, 2007 at 12:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/17093687

Listed below are links to weblogs that reference iPod touchはCLIEに代われない、という再確認:

« 散漫も一つの手段だと思います | Main | 講演にはCLIEとアナログ時計① »