« 貫禄のついてきたCLIE NX80V | Main | ブログネタを切らせない(?)コツ »

December 20, 2007

無ければ作る、は『やる気』が原動力

いや、先日来30超えた後輩社員から色々な質問を受けて
タイトルのように感じた次第です
彼の口癖は『ネット探しても無い』、『付属品が無い』

後者は現場=お店で廃棄されている段ボールにカッター
で少々工作すれば解決するのに、それを思いもせず
さらにお店から『こんなPOPあれば』販促してやる、と
好条件を出されるも『ウチにありません』と交渉を切る
Img_0550

前者は午前中半日使って何をやってるのかと思いきや、
フィルムのデザインを探していたとか…(何に使う?)
こんなのパワポ使って、図形使えば簡単にできるっしょ
Pop
※Vaio使って10分でできたぞ、このレベルなら…

消費者データが無いから、と提案を逃げようとする彼に
一日店頭出口調査すればいいだろ?、と無理矢理連出し
提案を象徴するイメージが転がってないとグチる彼に、
CLIE NXでさらっとPixMaker使ってイラストを描き…
Img_0551

半年過ぎても、まだ『自分で作る楽しみ』を感じ、実践
できない彼に足りないのは…『やる気』なんだろうなぁ
と、夜のすすきのへ急ぐ背中を見てため息ついてます
Img_0632
※ツルツルの路面なのでお気をつけて~

ご指導ありがとうございます、とかお時間とらせたのに
先に帰ってスミマセン、など基本の挨拶まで教えねば
ならんのかなぁ…(得意先では挨拶できてるのかな?)
将来の為にこんな悩みも箇条書きで書留めるボクでした

|

« 貫禄のついてきたCLIE NX80V | Main | ブログネタを切らせない(?)コツ »

Comments

つ["彼"はマニュアル世代?]
つ[風呂敷マントや枝チャンバラが出来ないw]
つ[もしくは想像力スイッチオフ?]
_
っ[猿的には「金を掛ければ猿でも出来る」w]
っ[よそから素材を持ってくるのも金が掛かる]
っ[いかに創意工夫するかが人の頭の使い所]
_
っ[故人曰く「頭は帽子の題ではない」]

Posted by: 一匹の黄色い猿 | December 20, 2007 at 02:10 AM

どこにでもいるんですね、こういう人は。私の周囲だけではないことを知ってちょっと安心しました。でも半年どころか、何年たってもこの人は変わらないのではないですかね。

Posted by: とくお | December 20, 2007 at 10:09 AM

師走でバタバタお疲れ様です。
他業種ながら頷きながら読んでしまいました。私にも30歳の部下がおりますが、似たような感じです。
「失敗したくないので仕事の攻略本はないですか?」みたいなニュアンスの質問をしてくるのですが、あれば私が欲しいくらいです。

Posted by: 香味焙煎 | December 20, 2007 at 10:18 AM

いくつになっても『学ぶ』に遅すぎる事は無いんですが
問題は『自分が』学ぼう、とする姿勢ですよね…
彼の発言を聞いていると、周りが彼の為に『すべて』
ぬかりなく準備してあげるのが当然、というのが多いので

Posted by: 章仁 | December 20, 2007 at 12:13 PM

いやいやいやはや、
回りがお膳立てしてくれないと何もできないんでしょうか?
お膳立てしてもらっても感謝のカケラもなく、それが当然だという感覚カナ?

「坂の上の雲」を読むと主人公の一人の父親が、息子を世間に送り出すにあたって、
「世間には珍物がいるが、笑って飲み下すよりない」と助言を与えてました。

章仁さんの場合、
すでに喉につまる、か
もうお腹一杯、かですね。(^^;

Posted by: おなら出ちゃっ太 | December 20, 2007 at 03:59 PM

先ほど書いたようにこんな人はどこにでもいるもんですよ。その人を変えることが出来ないなら、自分を変えてみたらいかがでしょう。「この人はお膳立てがなければ何も出来ないが、まあ、それでもいないよりましか。もっとうまくこいつを利用する方法を考えてみよう。」ってな感じで。

Posted by: とくお | December 20, 2007 at 04:46 PM

おなら出ちゃっ太さん>
それでも結構人間ウォッチングは楽しめてます
こーしてネタにもなるしね

とくおさん>
せっかく知り合った縁なので、彼にも仕事を
楽しんでもらえるように誘導できないかな、と
そんなアプローチで色々考えてます
自分ひとりで楽しむよりチームで楽しめれば
もっと楽しいですからねー

Posted by: 章仁 | December 20, 2007 at 06:14 PM

やる気って、どこから沸いてくるんでしょうね?
最近、まわりの人が元気になる種を植え付ける方法はないかと考え中。

Posted by: 白鳥尚志 | December 20, 2007 at 08:37 PM

やる気って、もちろん人から押し付けでは
生まれてこず、達成感や自己満足の経験からしか
種をまけないものだと思います
だから今は、彼の小さな一つの成功を大げさに
喜んであげることくらいしか思いつかず…(^^;

Posted by: 章仁 | December 20, 2007 at 08:53 PM

章仁さん>>

> 彼の小さな一つの成功を大げさに
> 喜んであげる

なんだか幼児向けのしつけの本からの一節のようですね。(^^;
まあ、相手が子供だと思えば腹も立ちませんが。いや、立つか。

とくお さん>>

> その人を変えることが出来ないなら、
> 自分を変えてみたら

それも一種の「なければないなりに工夫する」みたいなものですね。

Posted by: おなら出ちゃっ太 | December 21, 2007 at 06:36 PM

時々何故オレがここまで?と思う瞬間も
頭をよぎるけど、やっぱり支店というチーム全員で
笑えればそれが一番楽しいですもんね

Posted by: 章仁 | December 21, 2007 at 08:40 PM

つ[上げ膳据え膳しすぎても問題は残る]
つ[転勤後の評判は支店ごとガタ落ちの危険性]
つ[「彼らは育成が出来てない」との批判]
つ[「よく使えてたな」という逆転もありw]
_
っ[優しく教える良い先生]
っ[厳しく躾ける良い先生]
っ[どちらも十年後にありがたみが判る]
っ[章仁氏は前者を目指す?]

Posted by: 一匹の黄色い猿 | December 22, 2007 at 04:00 AM

厳しく指導もできますが…自分自身どっちが
自分の中に『残る』か、と考えたら
ほめて伸ばしてあげたほうがいいのかな?、と
意外と熟考した挙句の教育方針です(笑)

Posted by: 章仁 | December 22, 2007 at 01:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/17339626

Listed below are links to weblogs that reference 無ければ作る、は『やる気』が原動力:

« 貫禄のついてきたCLIE NX80V | Main | ブログネタを切らせない(?)コツ »