« 【訂正記事】CLIE NXのCFスロット | Main | NV-U2とともに新春の地球岬を見に行こう<追記あり> »

January 07, 2008

Pen-Fを『写ルンです』として使う

Pen-Fを鞄から取出して、撮影していると言われるのが
『いいね。でもピント合せも露出も手動でしょ?それ』
と、モノとして魅力は感じるも操作難解の決めつけ発言
Img_0623

いや、手に取る前から拒否をするのは勿体無いッスよ

そんなに凝った絵作りをせず、晴れた日中外で撮るなら
ISO400、F値11、シャッター速度1/125に固定で撮影可能
後は光の加減で気になれば数値を変えればいいし、
慣れてきて表現をしたくなったら絞りを操作すればいい
Img_0624

※素人なボクの作例一部
※PEN-Fを使いこなしてらっしゃる方の人物撮影作例

フラッシュ無ければケータイのライト機能使えばいいし
室内の人物撮影だったらF値2.0,速度1/60あたりが美味
余程設定が違わない限り、現像で何とかしてくれるしね
それでもやっぱり不安なら、コンデジのISOを400にして
絞りと速度を確認し、その数値と同じく合わせればいい

ISO400のフィルムだと、ハーフサイズの粒状感をさらに
目立たせる仕上りになってしまうけど
ボクはこの荒さが、アナログレコードっぽくて好きです
別に全員がプロのような写真でなくていいと思うので
撮影、という行為自体も楽しめれば得だ、と考えてます

|

« 【訂正記事】CLIE NXのCFスロット | Main | NV-U2とともに新春の地球岬を見に行こう<追記あり> »

Comments

そうですそうです。
撮る前からあきらめちゃダメですよね。
今はフィルムの性能(?)も良くなっているので
かなりつぶしがききますよね。
多少露出オーバーやアンダーでもそれが"味"ですしね。

Posted by: hanabishi | January 07, 2008 at 12:28 AM

どーせプロ並みの腕なんて期待されてない訳ですし
それなら『撮る』事自体楽しまなきゃ損でさーね!
人物はオーバー気味の方が何か味があって好きです
ちなみにリンクした方はISO1600のナチュラを
使っておられるとか…今度試してみようっと

Posted by: 章仁 | January 07, 2008 at 01:07 AM

はじめまして。Pen-Fと聞いて反応してしまいました。
父から譲り受けたPen-Fがあります。露光計を取り付けて使っています。デザインが好きなのでずっと使うつもりです。
先日章仁さんがお使いのPowershot TX1を入手しました。腰あたりで持つ撮影スタイルが気に入りました。

Posted by: artport | January 07, 2008 at 08:50 AM

はじめまして!
『父から譲り受けた…』というくだり、いいですねえ
電池不要の機械式ゆえ、うまく使えば三代いけるかな?
僕も手入れを大事に、かつ眠らせず常用しています
これからもよろしくお願いいたします

Posted by: 章仁 | January 07, 2008 at 10:45 AM

そうっすね。
ペンF持っていますが、最近ではほとんど
使わなくなってしまいました。
もったいないですね。<σ(^^;

Posted by: ZEAK | January 07, 2008 at 12:52 PM

持っているのに使わないなんて、大変もったいない!
レンズだけでも下さい!(←違うダロ)
デジカメプリントに見慣れた目に、適度な粗さがいい感じです

Posted by: 章仁 | January 07, 2008 at 06:52 PM

I every time emailed this blog post page to all my associates, as if like to read it after that my friends will too.

Posted by: 4wd hire Australia | March 04, 2015 at 04:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/17538814

Listed below are links to weblogs that reference Pen-Fを『写ルンです』として使う:

« 【訂正記事】CLIE NXのCFスロット | Main | NV-U2とともに新春の地球岬を見に行こう<追記あり> »