« 今こそ飛び出せZaurusケータイ! | Main | Willcom D4 の提案する"シーン別スタイル" »

April 14, 2008

プレゼン能力はどこでも大事

札幌支店での営業時代、特に鍛錬してきたプレゼン能力ですが、今は社内向けにそのチカラを転用できています。

1,提案、要求ポイントを明確に
2,要求とリンクして語れる、相手の課題(要改善点)確認
3,プレゼンの場を決定の場にすべく、根回し実施
4,当日のシーンをイメージして適切な資料(基調、枚数)
5,敢えて穴を作って質問を誘い、会話させる仕掛け作り

上記ポイントの整理手法、自分なりの技術と当日の『度胸』は、何度も場数を踏んだからこそ得た財産です。
また、このようにブログに記事を書いていると、自分でもポイントを再度確認できますし、ご指摘も頂けるので一石二鳥ですね。

なお、4は手書きでスケッチした方が楽なのでほぼ日手帳の余白を使ってひたすら書き込みます。
※書き込んでいるページはポストイットを栞代わりに貼ってます
Img_0875

1,2,5の用件はやっぱり思いついたときにその内容を記載する必要がありますし、入力スピードも早いのでTreoを重宝して使っています。
こんな小さなキーボードなのに、慣れると30分程度の台本でもこれ一台で簡単に綴れる事に驚いています。
むしろ指の疲れは会社で使っているデスクトップPCのキーボードより少ないかも…

|

« 今こそ飛び出せZaurusケータイ! | Main | Willcom D4 の提案する"シーン別スタイル" »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/40874090

Listed below are links to weblogs that reference プレゼン能力はどこでも大事:

« 今こそ飛び出せZaurusケータイ! | Main | Willcom D4 の提案する"シーン別スタイル" »