« Treo680+B-portⅡの快適と苦戦 | Main | アイデア捻り出しにガチで挑む »

March 23, 2009

ビジュアル・ブックマークよ、再び

週末日曜日は丸一日休めた(但しケータイで連絡のやり取りはしたけど)ので、天気の悪さもあって、大型電器店にヨメを付きあわせました。
目的は普段使いのデジカメ購入。
Canon TX1は気に入ってるんだけど、もっと小さい筐体で気楽にパシャパシャ撮れるのが欲しいなぁ、と。

これまでで一番使い込んだデジカメがCyber-Shot U20(33mm、単焦点、手振れ補正無し、200万画素)だったもんで、そのコンセプト「ビジュアル・ブックマーク」を念頭に、今店頭に並んでいる機種を絞り込んでみると…

・RICOH GR DigitalⅡ
・SONY Cyber-Shot W270
・FUJIFILM FinePix F200EXR

という上記三機種に(自分の中では)絞られた感じがする。

GRは玄人向けの機種という印象が強かったんだけど、意外と一番お気楽なカメラなのかもしれないと感じた。
ズームは無いから歩み寄らねばならないし、被写体に近づける限界もある。
これまで手振れ補正に助けられたシーンでも、容赦なく画像に反映されてしまう。
でも、写真家じゃないボクがそんな事気にしないし、むしろズームでいちいち考える位なら備わっていない方がラクに付き合えそう。

Cyber-ShotW270は特に「デジカメとして」のカタチが好きな一品。
サイズも一番小柄だし、写りもこれまでのU20やL1を使ってきた感想ではCyber-Shotが一番クール(Canonには実直さ、Lumixには優しさが感じられる)で、これまた「デジカメ」っぽくて結構好き。
これでオレンジ色が出ていたらソッコーで落ちていたかもしれない。

F200EXRはオートモードにしておけば、何も考えずに撮れるのかな?、と思ったのと、FUJIFILMならではのフィルムモードにひかれてのコト。
親戚の赤ちゃんを、ASTIA(だったかな?)選んで何枚も(キレイに撮れてるか不安だったので)撮影したのを覚えています。

さて、ここまで絞り込まれてからが一番悩みどころですね…さらにじっくり考えてみます(次機種が発表されてしまったりして)


|

« Treo680+B-portⅡの快適と苦戦 | Main | アイデア捻り出しにガチで挑む »

Comments

GRを使っていると、その他のズーム付きカメラを使うときにもズーム機能のことを忘れて使っていることが多いです。
ただ、展示会に行くときなどは、GX100を持っていきます。どうしても撮影対象に近づけない場合があるので、ズームが必要になることがあるためです。

あと、F200EXRは、私も気になります。RICOH好きじゃなければ、CX1ではなくF200EXRを買っていたかも。

Posted by: 尚志 | March 23, 2009 at 12:37 AM

F200EXRの唯一の問題点は…モノとしての魅力が…ってトコでしょうか(^^;

Posted by: 章仁 | March 23, 2009 at 05:39 PM

モノとしての魅力となると難しいですね(^^;

そうなるとGRがいいですけど、単焦点使うにはある程度覚悟が必要ですし、GXだと大きめなので、それなりのサイズで楽に撮影できるものとなると、CX1がおすすめです。

実際手にとってじっくりさわってみると、エントリー機とは思えない質感の高さです(^^)

Posted by: 尚志 | March 23, 2009 at 11:47 PM

CX1やF200EXRは、もう『成功して当たり前』なので、むしろGRで『テキトー』を楽しむのもアリかなあ、と(^-^;
と言いつつ実はCX1は、次点候補だったりしますが
いやあ、ある意味『どれかを捨てねば』決められませんね
楽しく悩んでます

Posted by: 章仁 | March 24, 2009 at 12:24 AM

うちではFinePixF30とGX2002台ありますがF30は色合いが
くっきりハッキリするのでFUJIの発色が好きなんです
GXの方は暗いところちょっと苦手みたいなんですが(使いこなせてない)
マクロズームのボケ具合がイイ写真生み出してくれます
両者ともいいとこ取りなので実機にSDカード入れて試し撮り
させてもらって比較したらいいかもしれませんね

Posted by: さっちん | March 24, 2009 at 12:34 AM

それはもう、GRですよ♪

GRは使う人を選ぶので、誰にでも勧められる物ではないんですけど、章仁さんの感覚ならGRとの相性ばっちりだと思います。

モノとしての存在感は他のコンデジとは比較にならないくらいいいですし、CLIEのようにじっくり使い込めますよ(^^)

Posted by: 尚志 | March 24, 2009 at 01:03 AM

さっちんさん>
FUJIに期待したのはリバーサルフィルム アスティアのような『しっとり感(どこか緩みのある)』だったので、はっきりした発色だと少しイメージが違うかな…
でも、ある程度はフィルムモードで左右できると思うし、やはり店頭で確認してきます(Web上画像サンプルには理想通りの写真があるんですけどね)

尚志さん>
CLIE のように、ってのはボクにとって殺し文句ですねぇ
尚志さんみたいにはどうせ撮れないので、まさしくビジュアル・ブックマークの相棒として使いたいわけです
うむー、やっぱりさっちんさんのおっしゃる通り、店頭で撮影させてもらおうっと
毎度アドバイスありがとうございます!

Posted by: 章仁 | March 24, 2009 at 07:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/44435707

Listed below are links to weblogs that reference ビジュアル・ブックマークよ、再び:

« Treo680+B-portⅡの快適と苦戦 | Main | アイデア捻り出しにガチで挑む »