« Memoタイトルも書き方一つ | Main | 広告媒体として、独立した存在のiPhone »

November 04, 2009

ほら、手帳術って結局仕事術の一つに過ぎないからさ

ほら、手帳術って結局仕事術の一つに過ぎないからさ

僕は『手帳術』と銘打った雑誌の特集や書籍よりも、こーゆー特集の組み方に魅力を感じる。
例えば、今号のBRUTUSみたいな、ね。
仕事術を特集している割には、意外と隙間とゆーか、行間が、とゆーか、珈琲とともにゆったり読めて、当然メモもゆったりとれて…
何が?とゆー具体的なオススメ記事は無いんですけど、全体的に『いい感じ』でした。

|

« Memoタイトルも書き方一つ | Main | 広告媒体として、独立した存在のiPhone »

Comments

技術書を読む機会が多いのですが、簡潔に書かれたものと、文学的に書かれた物があります。
私は、文学的に書かれた物が好きです。

BRUTUSも、文学的に書かれたものだったので、とても読みやすくて面白かったです。

Posted by: 尚志 | November 04, 2009 at 09:50 PM

全体的にどこか、良質な長尺CMを見せられている感じがして、好感がもてました。

Posted by: 章仁 | November 04, 2009 at 10:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/46674091

Listed below are links to weblogs that reference ほら、手帳術って結局仕事術の一つに過ぎないからさ:

« Memoタイトルも書き方一つ | Main | 広告媒体として、独立した存在のiPhone »