« 思い立ったが吉日、を可能にする柔軟なスケジュール管理 | Main | さよなら婆ちゃん »

January 06, 2010

紙の手帳はわざと汚して使い始めます

紙の手帳はわざと汚して使い始めます

PIMのほとんどをTreo680に預けている今、時系列で読み返せる事を目的として、打ち合せメモとして使っている紙の手帳は、毎年書き始める前にページを何度もバババッとめくり、こなれた辞書の様な状態(を目指して)にしてから使い始めます。

文字も敢えてキレイに書き出さずに、むしろ雑目に書き出すことで、「キレイに使う」よりも、「とにかく書き留める」という本来の目的を躊躇無く実行できるような感じがします(というか、キレイな文字は書けませぬ)。

それに、めくりまくった紙の質感って気持ちよくないですか?(あれ?オレだけ?)
年始の手帳より年末の手帳が愛おしいのは、そこに詰め込まれた情報量もあるけれど、そのやれた紙の質感ってのもあると思うんですよね。

今年も結局ほぼ日手帳は買わずに、会社支給の紙手帳をメモ帳とともにトラベラーズノートに挟んで使ってます。
海外出張も多くなってきたこの頃なので、パスポートも一緒に綴じられて便利ですわー(あ、まだ挟んでた)

|

« 思い立ったが吉日、を可能にする柔軟なスケジュール管理 | Main | さよなら婆ちゃん »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/47217817

Listed below are links to weblogs that reference 紙の手帳はわざと汚して使い始めます:

« 思い立ったが吉日、を可能にする柔軟なスケジュール管理 | Main | さよなら婆ちゃん »