« 同じ釜のメシを喰った仲、と呼べる関係 | Main | 筆記具にはこだわる性質(タチ)なもので »

July 12, 2010

フィルムを選ぶ、そんな愉しみがあった。

今の様にデジカメを数年毎に買い替える、なんて考えもしなかった頃。自分の腕を棚に上げて、フィルムを替えるコトで、写りの変化を独り愉しむ、そんな時代があった。

今や撮影は素材集めに過ぎず、後の編集で愉しむ、とゆー新しい味わい方がある。
iPhoneは、そんなアプリに溢れており、買い始めるとキリが無い。で、先日編集目的ではなく、懐かしさで導入してしまったのが『FILM LAB』。
CE682037-DA5B-4827-B1DC-1E837117ABC8

B97DE851-EBB4-423A-A87D-3CD66F20C1E8

EE809093-37B8-40D1-A285-A7B619F405C0

お世話になった、もしくは知らなかったフィルム名がフリックで次々に出てきて、その変化に『そーそー、人物にはこのフィルムって言ってたよな』とか、『海を撮りに行くのに、わざわざ買いに行ったなあ』なんて、思い出したりして。

本来の使い方ではないけど、きっと作者も愉しみながら作ったんだろーなー、と、見たコトもない作者の方と郷愁をともにしている様な感覚を勝手に抱いたのでありました。

|

« 同じ釜のメシを喰った仲、と呼べる関係 | Main | 筆記具にはこだわる性質(タチ)なもので »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/48858638

Listed below are links to weblogs that reference フィルムを選ぶ、そんな愉しみがあった。:

« 同じ釜のメシを喰った仲、と呼べる関係 | Main | 筆記具にはこだわる性質(タチ)なもので »