« モンブラン万年筆リペアクリニック | Main | ケースが海外旅行土産になるケータイ »

November 15, 2010

クリスマスとプレゼンのタイミングは不思議とかぶる。

街がクリスマスムードに染まる頃って、何故かプレゼン準備に明け暮れているコトが多い。
B0AF0C7C-ABF2-45EF-9C78-B4EADFA7CA93

ちなみに、この一件相反する(笑)二つのイベント…プレゼンとプレゼントの根っこは、ほとんど同じだと思う。

予算弾んで、サプライズをガーン!と贈るとゆーやり方も否定はしない。
でも、もしも親しい仲、家族、友人が相手であれば、普段の会話の中から『相手の希望』を探る努力を怠らない様に気をつけている。

子供がクリスマスプレゼントを貰って嬉しいのは、単に物欲が満たされるコトももちろんだけど、クリスマスとゆーイベントを通じて、親と『目標(欲しいプレゼント情報)をともに』し、自分の為すべきコトを追求するとともに、親がサンタとの交渉をきちんと行ってくれて、達成された時に『一緒に』喜んでくれる、喜べるからだ、と思う。

一方的に贈られたプレゼントも嬉しいだろうけど、クリスマスまで両親と『共に歩んだ』という実感があった方が、嬉しさも増すのではないだろうか。

プレゼンも一緒。

一方的に企画を考えるよりも、相手の希望を良く探り、合意点-提案企画-を決める。相手にもそれなりに動いてもらい(=根回し)、自分も動いているコトをアピール。
そして、プレゼンに喜びを『共有』する、とゆーのが一番理想的ではないだろうか。

親が勝手に「子供のために」と買ったプレゼントは、残念ながら大抵…だった記憶はない?※もちろん、そこにも『想い』はあるのだけど。

しんどいプレゼン準備も、取引先担当者へのプレゼントだと思えば、少しは楽しく…ならないですかね、はい(笑)

|

« モンブラン万年筆リペアクリニック | Main | ケースが海外旅行土産になるケータイ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28050/50034781

Listed below are links to weblogs that reference クリスマスとプレゼンのタイミングは不思議とかぶる。:

« モンブラン万年筆リペアクリニック | Main | ケースが海外旅行土産になるケータイ »