« November 2010 | Main | January 2011 »

December 10, 2010

帰ってきました、CLIE NX73V

先日、PDA博物館開催に向けてお送りしていた、CLIE NX73Vが手元に帰ってきました。
●PDA博物館→http://www.office-mica.com/pda/

Img_4123

二ヶ月程離れていただけなのに、えらく久しぶりに会った様な。改めて眺めてみると、これをメインに使っていた当時の事が思い出されます。

また、CLIEとともに「PDA博物館オリジナル図録」が!データがePub形式だったので、早速iPhoneにインストール。
Img_4121

…すげぇボリュウムの情報量でした(笑)
Img_4122

最後に、このCLIE NX73V提供の際、同時に掲載頂いた私のコメントをここに載せておきます(もちろん「PDA博物館オリジナル図録」にも収録。)

営業ツールとしてクリエを購入したのが2004年の夏…あれから6年も経つんですね。クリエはその後UX50、NX80Vと使ったのですが、一番の愛機といえばこの「NX73V」でした。Palmの実用性と、SONYの遊び心が程よく融合したツール。それがコイツだったな、と今でも思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 08, 2010

iPhoneはメモ環境を自由にする(のか?)

今まで「ノートは一冊に」とか、「紙とデジタルは書き写す手間や、情報二元化による抜けが怖い」という話も聞かれた。私もシーズン途中で手帳やノート、メモ帳を乗り換えたくなっても、極力情報の分散を防ぐ為に、「ガマン」していた部分もあった。
A7F028F3-7591-4288-B8E5-690A0A4207D7

でも今なら、全ての雑多データはiPhoneのカメラを使って「気軽に」スキャンしちまって、Evernoteにキーワードとともに保存しちまえばいい。ある意味での「自由」を謳歌できる(Evernoteに縛られてはいるが(苦笑))
ただ…そう思い始めてから、メモ帳に関する物欲が止まらなくなって…正直困っている(笑)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 07, 2010

今さら聞かれる?超・整理手帳

以前から、常に持参しておいたほうが良い資料や、作業現場当日のオペレーション、そして当月&来月のGoogleカレンダーに入力したスケジュールは、プリントアウトして「超・整理手帳」に挟んで持ち運んでいるのだけど、最近になって何故かやたらと

「それ何ですか?便利そうですね!」

と、問われる機会が多い。
204B3EEC-05E8-4B9A-A848-BC1AE32017E8

いや、このブログをスタートした当時から既に「超・整理手帳」は使っていたような気がするので、聞かれるとむしろこちらが違和感あるのですけど…

実際、iPhoneでやろうと思えば、Evernoteにクリッピングした書類を呼び出せばいい、とか、最新スケジュールはiPhoneから覗けばいい、ってな話もあるけど、やっはり紙でデータを閲覧&更新できる環境に整えておくと、面倒臭がらずに対応できるからね。

故に「超・整理手帳」に挟む情報は常に最小限におさえている。IZAとなればiPhoneがあるから、とゆー位置づけだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 06, 2010

初めての週末を迎えたほぼ日手帳WEEKS

ほぼ日手帳WEEKSを試用し始めて、ちょうど一週間。先日の土日は初の週末対応となりました。その感想は…
518C7AF2-1289-43F9-8C7C-BBEAE2EE1BDB

いや、確かに結構いい塩梅です。

白い帯は汚れちゃうんですけど、ジーンズに突っ込んで歩くには丁度いい柔らかさとサイズ。机が無くても、掌をその代わりに書き付けられる横幅、土日も平日と同様の書き込みスペースがあり…、と、一言日記を書き留めるには最適でした。

ちなみにまだ、どの欄に何を書く、というのを決めずに書き込んでいます。その内自分なりのルールも固まってくるでしょう(相変わらずいい加減だわ)

| | Comments (29) | TrackBack (0)

December 03, 2010

「お風呂の神様」のしっぽを逃さぬために

昨晩も深夜に風呂。来年度展開に関する企画案が、どこかで煮詰まってくると、その解決策を風呂場でひらめく事が多いのだ。
36A064CD-41BA-4CB4-B087-FAFD36B1BEE7

ひらめく、という表現は適切ではないかも。自分の記憶にある知識パーツを「お風呂の神様(笑)」が勝手に掘り出してくれて、組み立ててくれる感じ、かな?

てコトで、今日はそれを企画書にまとめている次第です。

ここで大事なのは以下三点(な、気がする)

1、風呂場で勝手にアイデアは「産まれてはこない」という点。
これまでの経験上、当然といえば当然ですが自分の知識以上のネタは思いつけない。ゆえに仕事「だけ」にならない日常を送るのが大事。

2、風呂場で思いついたアイデアは「逃げやすい」という点。
カミさんが起きてる時は迷惑だけどそのまま書いてもらう。会話しながらだとより組みあがって有効。深夜の時は一旦あがってメモして戻る。風呂場の外にメモを置く人も多いらしいけど、私の場合は「メモるぞ!」と意気込んだ時には大抵何も思いつかないので。

3、深夜の風呂場で思いついたアイデアは朝に再検証する、という点。
思いついた瞬間は結構興奮するけど、朝見てみたり、検証すると実現できない点が見つかったりする。検証は大事。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 02, 2010

ほぼ日手帳WEEKSを三日使った感想は

今週月曜日から、併用して使い始めたほぼ日手帳WEEKS。
A407BC23-C296-48BD-A809-4056A82DEC0A

使い始めた瞬間から少しの違和感があり、まあ暫く使えば馴染んでくるかな、と思っていたけど…今のトコロ解消されない、僅かな不満。

それは『もう少し、ホントに方眼三コマ分だけでも横幅を拡げて欲しかった!』ってコト。

もちろん私の掌の大きさを基準とした思いなので、大抵のヒトには『パラパラと片手でめくれる絶妙なサイズ』なのかもしれないけど…

どーも、メモをとっていて改行が多すぎると、『紙ならでは』のメリットである、一覧性、俯瞰、とゆートコロが活かせない気がして落ち着かない。

今年はこれ、と早くから決めていた、2011年の手帳だけど、この違和感が拭えないと…雲行きが怪しくなってきました(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 01, 2010

「手帳はiPhoneに変えなさい」が届きました

アヴァンギャルドさんから、標記書籍をお送り頂きました。皆様からご連絡頂いた通り、私の取材記事も掲載されております。(ありがとうございます!)
D3641FD0-E9A6-40C4-8C44-B05CFAF5306F

しかし、残念ながら私の項におけるタイトル修正希望などは、反映されておりませんでした。
恐らく、前後の文脈から編集部の判断として、合わせてしまったモノと思われます。

「クラウドと連携して、iPhoneを手帳データのビューア化」

これが、希望した校正後のタイトルであり、私の「今の」手帳術におけるiPhoneの立ち位置です。

まぁ、書籍タイトルこそ「手帳はiPhoneに変えなさい」になってはいますけど、内容を読むとそんなに強制感は与えない文意にはなっていて、その点では安心しました。

ここで掲載に漏れた回答などは、後日こちらで掲載しようと思っております。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2010 | Main | January 2011 »